スキンケア

きれいな肌になる
30の方法

読んだ お気に入り1
23

どんなに化粧品の品質がよくても、
使い方が悪ければ、
意味がない。

どんなに化粧品の品質がよくても、使い方が悪ければ、意味がない。 | きれいな肌になる30の方法

「品質のよい化粧品さえあれば、美肌になれる」

品質の化粧品には、浸透力や保湿力があったり、美白やアンチエイジングに効く高機能な成分が含まれていたりすることでしょう。

 

しかし、化粧品の品質こそすべてと思っているなら、要注意です。

どんなに化粧品の品質がよくても、使い方が悪ければ、意味がありません。

 

たとえば、化粧水をつけるとき、肌を叩く付け方です。

肌を刺激してしまい、赤ら顔やしみの原因になります。

叩いた刺激によって毛穴が閉じるため、化粧水の浸透も妨げるのです。

誤った使い方によって、化粧品の品質を台無しにしてしまうことがあります。

どんなに化粧品の品質がよくても、使い方が悪ければ、無駄です。

 

一方、使い方さえよければ、並の品質の化粧品でも、ポテンシャルをいっそう引き出すことが可能です。

 

たとえば、化粧水をつけるときは、両手で顔を包み込むように優しく押さえるのが正解です。

密着することで美容パックのように浸透しますし、肌のぬくもりによって浸透力が上がるのです。

もちろん化粧品の品質も大切です。

それ以上に大切なのは、使い方です。

使い方さえよければ、並の品質をさらに高めることが可能です。

いま一度、化粧品に付属している説明書をきちんと読みましょう。

読まずに捨てている場合が多いのですが、読む価値のあるものです。

まとめ

きれいな肌になる方法 その23
  • 化粧品の品質以上に、使い方を重視する。
体の洗い方や洗う時間を、一定にしない。

もくじ
きれいな肌になる30の方法
どんなに化粧品の品質がよくても、使い方が悪ければ、意味がない。 | きれいな肌になる30の方法

  1. 美しい肌を作るのは、美しい花を育てるのと同じこと。
  2. 話題性のあるスキンケアに、夢中になりすぎない。
  3. 洗顔料で顔を洗った後、顔が「きゅっきゅっ」とし始める本当の正体とは。
  4. 道具を使った洗顔は、原則、不要。
  5. 洗顔をしながら顔のマッサージは、肌を傷める原因になる。
  6. 粒が入った洗顔料は、原則、控える。
  7. 半身浴の待ち時間に美容パックをすると、効果が半減する。
  8. 「肌が怠ける」という言葉に振り回されない。
  9. 忙しい朝くらいは、化粧水を省いても大丈夫?
  10. 下手なマッサージをするくらいなら、しないほうがいいの?
  11. きれいに汚れを落とすとはいえ、2回連続で洗顔はしない。
  12. 肌に悩みがある人が陥りやすい「念入り」という悪循環。
  13. 乾燥肌は、敏感肌にもなりやすい。
  14. 脂性肌の人は、一度、脂性乾燥肌ではないかと疑ったほうがいい。
  15. 脂性乾燥肌の見分け方。
  16. 美肌を作るのに大切なのは、野菜より肉。
  17. 生理中に無理をすると、肌はもっと荒れる。
  18. 肌はわがままに育てたほうが、生き生き育つ。
  19. バブルバスから吹き出る泡を、マッサージとして使わない。
  20. 肌荒れの原因は、きれいに洗えるはずのシャワーが原因かもしれない。
  21. 大豆を使った食事には、美肌効果がある。
  22. 痩せすぎていても太りすぎても、女性ホルモンに差し支える。
  23. どんなに化粧品の品質がよくても、使い方が悪ければ、意味がない。
  24. 体の洗い方や洗う時間を、一定にしない。
  25. 眠れないとき「寝よう」と思うだけでは、根本的解決にはならない。
  26. 美肌のために野菜を食べるなら、できるだけ生のままが一番。
  27. 食器洗いによる手荒れには、ハンドクリームよりゴム手袋。
  28. 無駄毛の処理で毛を抜く方法は、肌を傷める原因になる。
  29. 黒ずんだ毛穴に美白用化粧品は、ほとんど意味がない。
  30. 限られた時間。
    バスタイムを取るか、睡眠時間を取るか。
    それが問題だ。

同じカテゴリーの作品