スキンケア

日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ
30の対策

  • しみは、
    年を取れば勝手にできるものではない。
日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ30の対策

もくじ

しみは、年を取れば勝手にできるものではない。

しみは、年を取れば勝手にできるものではない。

年を取れば、しみは勝手にできるわけではありません。
たしかに年齢とも関係する点もありますが、わずかな影響です。
実は、しみの原因のほとんどは、紫外線です。

肌に問題がないなら、今こそ対策を始める、ベストタイミング。

肌に問題がないなら、今こそ対策を始める、ベストタイミング。

仕事で差が出るのは、トラブル発生時ではありません。
普段の業務中です。
何も問題のない仕事中、問題が起こらないように先のことを予想し、先手で動けるかどうかです。

なぜ、日に当たり続けると、肌は黒くなるのか。

なぜ、日に当たり続けると、肌は黒くなるのか。

日に当たれば、肌が黒く変色します。
このことを私たちは「肌が焼ける」と表現します。
「焼ける」という表現のためでしょうか。

紫外線「UV-A」「UV-B」「UV-C」のそれぞれの特徴と違い。

紫外線「UV-A」「UV-B」「UV-C」のそれぞれの特徴と違い。

紫外線には大きく分けて、3種類あります。
「UV-A」「UV-B」「UV-C」です。
このうち、UV-Cについては、地球のオゾン層が吸収するため、地表には届きません。

UV-AとUV-B。
肌に、より悪い影響を及ぼすのはどちら?

UV-AとUV-B。肌に、より悪い影響を及ぼすのはどちら?

地表に届く紫外線は、2種類あります。
「UV-A」と「UV-B」です。
日焼け止めでも、この2種類の紫外線を、厳密に分けて販売されています。

日焼けには2種類ある。
「サンタン」と「サンバーン」の違いとは。

日焼けには2種類ある。「サンタン」と「サンバーン」の違いとは。

日焼けは、どれも同じというわけではありません。
日焼けには、2種類あります。
「サンタン」と「サンバーン」です。

日焼け止めは、SPFが20もあれば、十分に効果があると考えていい。

日焼け止めは、SPFが20もあれば、十分に効果があると考えていい。

SPFは、UV-Bを防ぐ力を表した数字です。
しみやそばかすを防ぐために、SPFの数字を目安にして選んでいることでしょう。
数字が高くなればなるほど、効果が高くなるのは間違いありません。

日焼け止めで見かける、SPFの数字の意味とは。

日焼け止めで見かける、SPFの数字の意味とは。

日焼け止めの商品に必ずあるのが「SPF」という表記です。
UV-Bを防ぐ効果を意味する数字です。
SPFは、別名「日焼け防止指数」といわれます。

高いSPFの日焼け止めを塗っていても、塗り直しは必要。

高いSPFの日焼け止めを塗っていても、塗り直しは必要。

「ああ。日焼け止めの塗り直しが面倒だ」
そういう人があることを思いつきます。
「朝に、強い日焼け止めを塗っておけば、1日中持つのではないか」

日焼け止めを重ね塗りすれば、SPFの効果は足し算で計算できるの?

日焼け止めを重ね塗りすれば、SPFの効果は足し算で計算できるの?

化粧品には、日焼け防止効果が備わったものが数多くあります。
日焼け防止効果のある、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーなどです。
日焼け防止効果のあるメイクを重ねていくうちに、ふと、素朴な疑問が浮かびます。

どうしても塗る手間を減らしたければ、耐水性の日焼け止めを選ぶ。

どうしても塗る手間を減らしたければ、耐水性の日焼け止めを選ぶ。

SPFの数字は、日焼けをし始めるまでの時間を表した数字です。
SPF1は、日焼けを始めるまでおよそ20分という意味があります。
しかし、時間を表している数字にもかかわらず、あまりあてにはなりません。

状況に応じて使い分けたい、日焼け止めのSPFとPAの目安。

状況に応じて使い分けたい、日焼け止めのSPFとPAの目安。

日焼け止めは、強いものほど、つけ心地の悪さが目立ちます。
紫外線を防ぐ成分がたくさん含まれているため、ねっとりしますし、独特の白さが目立ちやすくなるのです。
これが苦手だという人は、私だけではないはずです。

SPFの数字は細かく表示されているのに、PAはなぜ3段階しか表示がないの?

SPFの数字は細かく表示されているのに、PAはなぜ3段階しか表示がないの?

UV-Bを防ぐ意味である、SPF(sun protection factor)。
SPFは、数字でかなり細かく表されています。
「SPF10」「SPF30」「SPF50」などです。

塗っているのが日焼け止めだけでも、クレンジングは必要。

塗っているのが日焼け止めだけでも、クレンジングは必要。

クレンジングとは、メイクを落とす洗顔のことです。
メイクを落とすときには、洗顔料をいきなり使うのではなく、クレンジング料を使ってメイクを落とすのが一般的です。
メイクをしているなら、まずクレンジングからですね。

日差しが入るなら、部屋の中でも日焼け止めが必要。

日差しが入るなら、部屋の中でも日焼け止めが必要。

道路の電柱や壁などには、カラフルなポスターを見かけることがあります。
張られた直後はカラフルですが、しばらく経つと、次第に色あせていきます。
なぜ、色あせるのでしょうか。

日焼け止めに、時期が早すぎることはない。

日焼け止めに、時期が早すぎることはない。

メイクに興味を持ち始めるのは、10代中盤から後半あたりでしょう。
思春期になると、異性の目も気になり始め、メイクに興味が出る年ごろです。
メイクに適齢期はありませんが、あまり早すぎるのはおすすめしません。

うっかり日焼けをしてしまいやすい5つのパターン。

うっかり日焼けをしてしまいやすい5つのパターン。

本来、人間の肌は、紫外線を浴びることがなければ、しみはできません。
「いつの間にか日焼けしてしまった」
そんな人には、どこかに油断があります。

日焼け防止をするなら、色に注意する。
白い服より黒い服のほうが、紫外線を防ぎやすい。

日焼け防止をするなら、色に注意する。白い服より黒い服のほうが、紫外線を防ぎやすい。

「今日は気温が上がりそうだ。こんな日には、爽やかで明るい色の服を着ていこう」
そう思って、パステルカラーなどの明るい色の洋服を選びます。
暑い季節ほど、黒い色は暑苦しいので避けたくなり、涼しげな明るい色のシャツを着たくなります。

日焼け止めを使っているほとんどの人が、実は塗り足りない状態である。

日焼け止めを使っているほとんどの人が、実は塗り足りない状態である。

日焼け止めは、発売前、実際に人体を使って効果を測定しています。
特にUV-Bを防ぐSPFは、日焼けを始めるまでの時間であるため、かなり正確な数値を確かめることが可能です。
この際、面白い裏話を耳にしました。

なぜ、日焼け止めには「チタン」や「亜鉛」という金属が含まれているのか。

なぜ、日焼け止めには「チタン」や「亜鉛」という金属が含まれているのか。

日焼け止めには、金属が使われていることがあります。
一番よく見かけるのは「チタン」や「亜鉛」という金属です。
なぜ、金属が入っているのでしょうか。

「ノンケミカル」の日焼け止めは、普通の日焼け止めとどう違うの?

「ノンケミカル」の日焼け止めは、普通の日焼け止めとどう違うの?

日焼け止めの中には「紫外線吸収剤」が使われているものがあります。
紫外線を吸収して、熱エネルギーに変える成分です。
さらっとして使い心地がよく、紫外線をしっかり吸収するのが特徴です。

日焼け止めを塗るのは面倒。
こんなとき、しておけばいい対策は?

日焼け止めを塗るのは面倒。こんなとき、しておけばいい対策は?

日焼け止めは、塗るのに時間もかかりますし、手も汚れます。
塗ったら塗ったで、独特のべたつきもあり、気が進まない人も多いことでしょう。
「日焼け止めをするのが面倒くさい!」

日焼け止めは、年中、必要。

日焼け止めは、年中、必要。

「夏場だけ、日焼け止めを塗っている」
「夏だけは、紫外線防止効果のある化粧品を使っている」
「化粧品は、夏用と冬用で分けている」

朝や夕方にも紫外線対策が必要である、本当の理由。

朝や夕方にも紫外線対策が必要である、本当の理由。

強く照りつける日差しの強い昼間。
言うまでもなく、紫外線対策が必要です。
日焼け止めを塗って、日傘や帽子をかぶります。

赤ちゃんにも、日焼け止めは必要。

赤ちゃんにも、日焼け止めは必要。

日焼けの対策は、早いほうが賢明です。
紫外線の影響は肌の奥に蓄積されるため、早い段階での対策が大切です。
若いうちは新陳代謝が活発で、しみやしわの影響は少ないのですが、大人になってから出てきます。

体の部分に応じた、上手な日焼け止めの落とし方。

体の部分に応じた、上手な日焼け止めの落とし方。

日焼け止めは、SPFは数字の高さにかかわらず、定期的な塗り直しが必要です。
理論的には、SPFが高いほど日焼け止めの効果も長く続くはずですが、汗や皮脂の影響でむらができやすくなります。
さらに空気中のちりやほこりの影響で酸化が進み、防御力も低下します。

生理中や妊娠中は、しみができやすい。

生理中や妊娠中は、しみができやすい。

しみができやすくなる時期があるのをご存知ですか。
生理中と妊娠中です。
女性ホルモンの1つである「プロゲステロン」が関係しています。

雨の日の傘は、黒を選べ!

雨の日の傘は、黒を選べ!

雨の日は、分厚い雲があるせいで、少し薄暗い天気です。
太陽が分厚い雲にしっかり隠れていますから、紫外線もほぼカットされているものだろうと思いますが、そうではありません。
実は雨の日ですら、紫外線は降り注いでいます。

男が日焼け止めをしても、まったく変ではない。

男が日焼け止めをしても、まったく変ではない。

男の人の中には「男のくせに日焼け止めをするのはかっこ悪いのではないか」と感じる人がいます。
色黒のほうが、シャープで、力強い印象があります。
男性が熱心に日焼け止めを塗っていると、色白になり、弱々しいイメージがあります。

日焼け止めのコストパフォーマンスの悪さに悩んだときの工夫。

日焼け止めのコストパフォーマンスの悪さに悩んだときの工夫。

毎日、日焼け止めを使っていると、使い切るペースが速くなります。
日焼け止め1本の量にもよりますが、2週間に1本、あるいは1週間に1本くらいになります。
本来、消費ペースが速いのは、広範囲にしっかり塗ることができている証拠です。

同じカテゴリーの作品