人生の教科書



読み上げ動画・音声
スキンケア
乳液の後に、化粧水をつけてもいいの?
スキンケア
洗顔の後、肌が湿っていても、化粧水は必要。
スキンケア
化粧水と乳液。
お金をかけるならどちら?
スキンケア
化粧水も乳液も、手で押さえるようになじませるのが一番。
スキンケア
忙しい朝くらいは、化粧水を省いても大丈夫?
スキンケア
乾燥が進みやすい部分は、化粧水と乳液を重点的につける。

スキンケア必要
30美容知識

お気に入り11 読んだ
3

化粧水をつけて、
すぐ乳液らない

粧水は、お風呂上がりや洗顔直後に使うのがポイントです。

お風呂上がりや洗顔直後は、顔に油分がないため、あっという間に乾燥してしまいます。

時間の勝負です。

できるだけ早く化粧水をつけて、顔が乾く前に保湿をすることが大切です。

化粧水は、すぐつけていいのです。

気をつけたいのは、乳液です。

乳液も、化粧水をつけた後、できるだけ早くつけたほうがいいのではないかと考えます。

化粧水がまだびしょびしょで湿っている状態で、乳液をつけようとします。

これはよくありません。

乳液の役目は、肌の角質の水分が逃げないように保護することです。

蓋のような役目があります。

化粧水をつけた直後は、化粧水が肌にまだ浸透していないので、乳液をつけるには早すぎます。

化粧水がびしょびしょの状態で乳液をつけると、乳液の濃度も低くなります。

その結果、塗り方にむらができたり、乳液の保湿機能そのものが低下したりするのです。

化粧水をつければ、しばらく待ちましょう。

化粧水が肌に浸透していく、大事な待ち時間です。

もちろん待つとはいえ、肌が乾燥するまで待つのではなく、なじむまでです。

肌になじんできた段階で乳液をつけることで、乳液の膜ができ、水分の蒸発を防ぐことができるようになります。

化粧水と乳液のポテンシャルを、最大限に引き出すことができるのです。

スキンケアに必要な美容知識 その3

  • 化粧水になじんでから、
    乳液をつける

同じカテゴリーの作品