スキンケア

美肌になれる
30のスキンケア方法

  • もったいない気持ちを捨てるのが、
    美肌の差をつける第一歩。
美肌になれる30のスキンケア方法

もくじ
  1. もったいない気持ちを捨てるのが、美肌の差をつける第一歩。

    化粧水の規定量は、化粧品によって異なります。
    説明書に書いてある規定量を守ることで、化粧水がうたう効果を発揮できます。
    化粧水を使うとき、手を使っても、コットンを使ってもかまいません。

  2. 薄い膜を1つずつ重ねるように、丁寧に塗る。

    スキンケアのプロと言えば、手際のよい動きを連想します。
    お風呂上がりにすぐ化粧品をつけ、すぐ美容液を塗ったかと思えば、さらに乳液を重ねる。
    1分1秒を大切にして、無駄な動きがない。

  3. 両親の顔を思い出すと、美容で心がけるべき点が見えてくる。

    侮れないのが、遺伝的側面です。
    あなたが存在しているのは、両親がいるからです。
    両親からの遺伝子を、あなたは受け継いでいるということです。

  4. 薄化粧の場合、クレンジングが不要になる。

    基本的に、クレンジングは必要です。
    メイクは洗顔料では落ちにくいため、洗顔前にクレンジングでメイクを落としてから顔を洗います。
    基本的なスキンケアですね。

  5. 洗顔料で大きな泡を作りやすくする、洗顔前の一工夫。

    洗顔料で顔を洗う前には、洗顔料で大きな泡を作ることが大切です。
    たくさん泡を作るほど、泡の小さな粒が肌の毛穴に入り、きれいに汚れを落としやすくなります。
    泡ですから肌に負担をかけることなく、きれいに顔を洗うことができるのです。

  6. 落ちにくいメイクでは、別々のクレンジング料を使うのが正解。

    メイクでは「落ちにくいメイク」と「落ちやすいメイク」を同時にする場合があります。
     
    たとえば、アイメイクは落ちにくいメイクの代表です。

  7. 高機能な化粧品を使って、肌が怠けることはない。

    「肌が怠けないように、高機能の化粧品を使うべきでない」
    世間でそうした声を耳にすることがあります。
    高機能な化粧品ばかりを使っていると、肌が怠けてしまい、本来の機能が失われるという主張です。

  8. 洗顔の後、肌が湿っていても、化粧水は必要。

    洗顔の後、化粧水で保湿をして、乳液でカバー。
    これを毎日続けていると、ときおり面倒で、何とか効率よくできないかと思います。
    ふと、思います。

  9. お風呂上がりは、すぐ化粧水をつけない。

    洗顔直後、化粧水はできるだけ早くつけることが大切です。
    洗顔直後は顔に油分がないため、あっという間に乾燥してしまうからです。
    肌は乾燥すると、角質が硬くなるため、化粧水のなじみが悪くなります。

  10. 手作り化粧品に挑戦するなら、デメリットもきちんと把握しておくこと。

    本屋に行くと「手作り化粧品」というタイトルの本を見かけることがあります。
    そうです、化粧品を自分で作るということです。
    簡易的な化粧水なら、家庭で作れます。

  11. ナノテクノロジーによって、これまでの化粧品の常識が変わった。

    一昔前まで、皮膚の専門医たちの多くは「塗りものによる効果は乏しい」という主張でした。
    理由は、成分が深くまで浸透しないからです。
    化粧水をつけても、角質層のバリアーによって、奥に浸透しづらい状態でした。

  12. 低分子の化粧品は、むらができないように注意すること。

    技術が進歩して、ナノテクノロジーを活用した低分子の化粧品があります。
    よく見かけるのは、低分子のコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどを使った化粧品です。
    分子の大きさを小さくすることで、肌の奥まで浸透させることができるようになる効果があります。

  13. 乳液や美容液の浸透力を上げる2つの工夫。

    化粧品そのものの効果を上げるのは、品質だけとは限りません。
    使い方を少し工夫するだけで、乳液の浸透力を高める方法があります。
    それは、乳液を使うときです。

  14. 化粧水や乳液のパッティングは、今すぐやめる。

    ぱん、ぱん、ぱん。
    女性の中には、化粧水や乳液を顔につけるとき、肌を軽く叩きながらなじませている人がいます。
    いわゆる、パッティングです。

  15. 毛穴が目立ちやすいのは、どういう肌質?

    問題です。
    肌質には、大きく分けて4種類あります。
    ・水分量と皮脂の量が良好である「普通肌」

  16. 毛穴は、数ではなく、大きさの問題。

    毛穴の目立ち方は、個人差があります。
    毛穴の穴まで見えるほど目立つ人もいれば、毛穴がまったく目立たない人もいます。
    毛穴の数が違うかのようですね。

  17. 毛穴は、手入れしだいで、小さくできる。

    暑い季節になると、いつもより毛穴が目立ちやすいと感じたことはありませんか。
    その感覚、気のせいではありません。
    暑い季節は、寒い季節に比べて、20パーセントほど毛穴が広がります。

  18. 冷水による毛穴の引き締め効果は、せいぜい30分ほど。

    洗顔の終わりに、冷たい水で毛穴をきゅっと引き締める美容法があります。
    冷水で洗顔する、もしくは、ぬるま湯で洗顔した後、冷水で締めくくる方法です。
    効果があるのは、事実です。

  19. 毛穴の汚れを指で取り出す方法には、要注意。

    毛穴の詰まりは、皮脂と古い角質が結びつき、あぶらとり紙だけでは取り除きにくい。
    あぶらとり紙は、皮脂の除去には有効ですが、古い角質の除去までは十分な効果がありません。
    さらにほこりや化粧品と混ざれば、余計に黒ずんで見えます。

  20. あぶらとり紙で、皮脂は完全に取り除かない。

    「皮脂をきれいに取り除く」
    そんな言葉に、要注意です。
    「顔のべたつき」と聞くと、悪い印象があります。

  21. 毛穴の奥の頑固な汚れを、簡単に落とす方法。

    洗顔で皮脂はきれいに落ちても、なかなかきれいに落ちてくれない汚れがあります。
    毛穴の奥の汚れです。
    特に皮脂が多い人に起こりやすい悩みです。

  22. 一番失敗が少ないのは、やはり白い固形石鹸。

    洗顔料には、いろいろなタイプが存在します。
    クリームタイプの洗顔料、泡のタイプの洗顔料、パウダータイプの洗顔料などです。
    それぞれに特徴があるので、選ぶのに迷いますね。

  23. 塗るタイプの美容パックは、塗る順番が大切。

    美容パックとはいえ、シートタイプのほか、塗るタイプのものがあります。
    クレイパックが代表的です。
    シートタイプの美容パックとは違い、塗るタイプは、時間がかかります。

  24. 美容パックの時間が長すぎると、効果はむしろ、半減する。

    美容パックには、待ち時間があります。
    物にもよりますが、数分から数十分ほど待たなければならないものもあります。
    美容パックに含まれる成分が肌に浸透するための大切な時間です。

  25. デート前の美容パックは、前日では早すぎる。

    美容パックの特徴は、速攻性です。
    バカンスで紫外線を浴びすぎてしまった肌の回復を助けてくれる力があります。
     

  26. 自宅でできる簡単パックの方法。

    わざわざパックを買わなくても、自宅で手軽にパックを作る方法があります。
    必要な物は「化粧水」と「5枚のコットン」だけです。
    (ステップ1)コットンに化粧水をつける

  27. 乾燥するからとはいえ、安易に保湿スプレーを吹きかけるのは要注意。

    「乾燥対策には保湿スプレー」
    乾燥した肌には、水分を与えることが大切です。
    そんなとき目に付くのが、保湿スプレー。

  28. 乾燥した肌に水分を補う上手な方法。

    乾燥した肌に、保湿スプレーを吹きかけるのは注意しましょう。
    たくさん吹きかければ、単純に保湿されるわけではありません。
    吹きかけた水分が蒸発するときに、肌にもともとある水分まで奪い取ってしまい、肌の乾燥を余計に悪化させてしまうからです。

  29. 乾燥が進みやすい部分は、化粧水と乳液を重点的につける。

    基本的に、化粧水も乳液も、満面に塗ることが大切です。
    塗っていない部分があると乾燥が進み、肌トラブルの原因になります。
     

  30. スキンケアをひととおり終えた後、時間に余裕があるなら、蒸しタオルを顔に乗せる。

    ほかの人と美に差をつけるには、みんなと同じことをしているだけでは、差がつきません。
    どこかで、ほかの人より、一手間かけることが必要です。
    その一手間があります。

同じカテゴリーの作品