スキンケア

きれいな肌になる
30の方法

  • 美しい肌を作るのは、
    美しい花を育てるのと同じこと。
きれいな肌になる30の方法

もくじ
  1. 美しい肌を作るのは、美しい花を育てるのと同じこと。

    美肌を作るのは、花を育てることと同じです。
    もちろん見た目は違いますが、成長過程や心がけが同じなのです。
    花を育てるために、まずタネを植えます。

  2. 話題性のあるスキンケアに、夢中になりすぎない。

    世の中には、話題性のスキンケア方法が登場することがあります。
    「キュウリを使ったパックで生まれ変わる!」
    「蜂蜜を使った化粧品が熱い!」

  3. 洗顔料で顔を洗った後、顔が「きゅっきゅっ」とし始める本当の正体とは。

    きゅっ、きゅっ、きゅっ。
    洗顔料で顔を洗った後、独特の肌触りになります。
    食器を洗い終わった後のきれいな食器のように、きゅっきゅっとなるのです。

  4. 道具を使った洗顔は、原則、不要。

    洗顔をする際、道具を使えば、きれいに角質が落とせることをうたう商品があります。
    「洗顔用ブラシ」や「洗顔用スポンジ」などです。
    もちろん顔に当てるものですから、綿のように大変柔らかくできているのが特徴です。

  5. 洗顔をしながら顔のマッサージは、肌を傷める原因になる。

    洗顔の途中、ふと、気づくことがあります。
    洗顔の手の動きは、顔のマッサージの動きと、似ています。
    「洗顔のついでに、顔のマッサージもすればいいのではないか」

  6. 粒が入った洗顔料は、原則、控える。

    さまざまある洗顔料の中でも、少し変わった洗顔料があります。
    「小さな粒の入った洗顔料」です。
    粒が肌との摩擦を高め、古い角質を効率よく落とすという洗顔料です。

  7. 半身浴の待ち時間に美容パックをすると、効果が半減する。

    美容に関心のある女性の中には、美容パックをしている人も多いことでしょう。
    美容パックを使えば、毛穴の汚れを取ったり、血行をよくしたり、肌を引き締めたりなどの効果があります。
     

  8. 「肌が怠ける」という言葉に振り回されない。

    化粧品に関する記事では「化粧品を使い続けると肌が怠ける」というフレーズをよく見かけます。
    この情報については、一度整理してみましょう。
    そもそも、肌が怠けると言うのはどういうでしょうか。

  9. 忙しい朝くらいは、化粧水を省いても大丈夫?

    「朝は忙しくて時間がない」
    朝は忙しいという理由で、化粧水をつけない人がいます。
    化粧水をつけると、乾くまで少し待つ時間も必要です。

  10. 下手なマッサージをするくらいなら、しないほうがいいの?

    マッサージと一言で言っても、下手な人と上手な人には、技術にかなり差があります。
    「マッサージ師」という仕事があるほど、専門的になると本格的です。
    マッサージは下手にやると、肌に何らかの悪い影響を与えるのではないかと思います。

  11. きれいに汚れを落とすとはいえ、2回連続で洗顔はしない。

    きれいに洗顔することを、徹底的に皮脂を取ることだと考える人がいます。
    特に、にきびがひどい人は、徹底的に皮脂は取り除いたほうがよいだろうと考えがちです。
    にきびの原因であるアクネ菌は、皮脂を餌にして繁殖します。

  12. 肌に悩みがある人が陥りやすい「念入り」という悪循環。

    肌に悩みがある人は「念入りにしすぎる傾向」があります。
    クレンジングは、時間をかけて念入りにすれば、メイクがきれいに落ちるだろうと思う。
    洗顔に時間をかけてしっかりすれば、汚れはよく落ちるだろうと思う。

  13. 乾燥肌は、敏感肌にもなりやすい。

    敏感肌と乾燥肌。
    定義の上では、別々の肌の状態です。
     

  14. 脂性肌の人は、一度、脂性乾燥肌ではないかと疑ったほうがいい。

    脂性肌だからとはいえ、乾燥しないとは限りません。
    皮脂には、刺激から守るバリアー機能のほか、水分の蒸発を防ぐ役目もあります。
    皮脂の分泌量が多ければ、水分の蒸発がしにくいため、乾燥を防ぐ力が強くなります。

  15. 脂性乾燥肌の見分け方。

    脂性乾燥肌は、単なる脂性肌と間違われやすい傾向があります。
    ぱっと見た目だけで判断するのは、なかなか難しい。
    最も正確な確認方法は、やはり化粧品売り場の専門器具を使うのが一番です。

  16. 美肌を作るのに大切なのは、野菜より肉。

    美肌によい食事と言えば、真っ先に思い浮かぶのは「野菜」ではないでしょうか。
    「野菜をしっかり取れば、美肌もダイエットも実現できる」
     

  17. 生理中に無理をすると、肌はもっと荒れる。

    生理で体調が悪くなると、肌の調子も悪くなります。
    生理がくるのは、仕方ありません。
    女性の体に備わった、生命を営むために必要な生理現象です。

  18. 肌はわがままに育てたほうが、生き生き育つ。

    洗顔の後、肌の調子をよくするために、何も塗らないのはよくありません。
    洗顔直後は皮脂がないため、あっという間に乾燥して、しわの原因になります。
    乾燥した固くなった角質では皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、にきびの原因にもなります。

  19. バブルバスから吹き出る泡を、マッサージとして使わない。

    私は普段から、頻繁に銭湯に行っています。
    銭湯は、バブルバスが基本です。
    泡があると、豊かな気分になれますし、気持ちいいですよね。

  20. 肌荒れの原因は、きれいに洗えるはずのシャワーが原因かもしれない。

    手軽にさっと洗えるシャワー。
    時間がない忙しい人は、シャワーで済ませることもあるでしょう。
    しかもシャワーの適度な水圧は、妙に気持ちよくて、マッサージのように癒されるかのようです。

  21. 大豆を使った食事には、美肌効果がある。

    生理が終わってからの10日間、肌の調子がよくなった経験はありませんか。
    にきびが減り、肌がみずみずしくなったり、つるつるしたりなど、肌が絶好調になる不思議な経験です。
    気のせいかと思いますが、気のせいではありません。

  22. 痩せすぎていても太りすぎても、女性ホルモンに差し支える。

    女性ホルモンの1つエストロゲンが分泌されると、肌の調子がよくなります。
    生理が終わって10日間ほど、肌の調子がよくなるはずです。
    エストロゲンは、生理が終わってから1週間、普段より何倍も多く分泌されるため、肌の調子がよくなるのです。

  23. どんなに化粧品の品質がよくても、使い方が悪ければ、意味がない。

    「品質のよい化粧品さえあれば、美肌になれる」
    品質の化粧品には、浸透力や保湿力があったり、美白やアンチエイジングに効く高機能な成分が含まれていたりすることでしょう。
     

  24. 体の洗い方や洗う時間を、一定にしない。

    体を洗うとき、心がけていることはありますか。
    同じ量のボディーソープで、同じような強さで、体全身に同じ具合で洗うのはよくありません。
    単に体中ごしごし洗うのでは、体の一部の肌を傷めてしまうこともあります。

  25. 眠れないとき「寝よう」と思うだけでは、根本的解決にはならない。

    眠れないとき「寝よう、寝よう」と思うばかりでは、なかなか解決しません。
    思うだけで解決するなら、苦労はしません。
    人間は、寝ないと死にます。

  26. 美肌のために野菜を食べるなら、できるだけ生のままが一番。

    美肌になくてはならないのは、野菜です。
    野菜なくして、美肌は語れません。
    野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、毎日食べることが大切です。

  27. 食器洗いによる手荒れには、ハンドクリームよりゴム手袋。

    食器洗いやトイレ掃除など、水仕事をしていると、手が荒れてくることがあります。
    食器洗い用洗剤は油を落とす力が強いため、たびたび手に触れていると、手の保湿成分まで落としてしまいます。
    次第に手からみずみずしさが失われ、かさついてくるのです。

  28. 無駄毛の処理で毛を抜く方法は、肌を傷める原因になる。

    「おや。毛穴が汚れている。きれいに体を洗おう」
    そう思って体を洗っても、まったく落ちない。
    そうした洗っても落ちない毛穴の黒ずみを経験したことはありませんか。

  29. 黒ずんだ毛穴に美白用化粧品は、ほとんど意味がない。

    抜く方法で無駄毛の処理をしていると、肌の毛穴が目立ってくることがあります。
    汚れではありません。
    抜く行為によるダメージによって、毛穴の奥で炎症や出血をしています。

  30. 限られた時間。
    バスタイムを取るか、睡眠時間を取るか。
    それが問題だ。

    仕事の残業で帰宅が遅くなったとき、次の行動に迷うことがあります。
    バスタイムも睡眠時間も、どちらも美肌にとって欠かせないポイントです。
    「ゆっくり湯船に浸かって疲れも取りたいな。でもたっぷり睡眠もとって疲れも取りたいな」

同じカテゴリーの作品