スキンケア

透明感のある美白美人になる
30の方法

  • 「焼けた肌は健康的」という思い込みから、
    改める。
透明感のある美白美人になる30の方法

もくじ
  1. 「焼けた肌は健康的」という思い込みから、改める。

    一昔前は「焼けた肌は健康的」というイメージがありました。
    黒く焼けた肌は、丈夫で力強い様子がうかがえます。
    日光を浴びると、骨を強くするビタミンDの生成にもつながるため、積極的に浴びるべきだという風潮がありました。

  2. 美肌の3大要素は「スキンケア」「食事」「睡眠」。

    きれいな肌を作るといえば、スキンケアを浮かべる人が多いでしょう。
     
    しかし、美肌のためには、スキンケアさえよければいいわけではありません。

  3. 骨を強くするために浴びる日光の量は、実は少なくていい。

    ビタミンDは、骨を強くするために必要なビタミンです。
    カルシウムが骨の材料だとすれば、ビタミンDは接着剤のような役割です。
    カルシウムとビタミンDの両方があって、骨は強くなります。

  4. 日焼けは、紫外線に当たり始めて5秒後に起こり始める。

    肌が黒くなるのは、メラノサイトという細胞が、黒いメラニン色素の放出によるものです。
    紫外線からの悪影響を防ぐためにある、体の自然現象です。
     

  5. 試供品を塗った直後に確認できるのは「つけ心地」と「保湿」の2つだけ。

    化粧品売り場では、無料で化粧品を使わせてもらえることがあります。
    試供品です。
    購入前、肌に実際つけてみて、雰囲気を確かめることができます。

  6. 日傘をしても、紫外線を完全に防げるわけではない。

    傘と日傘は、見た目がそっくりです。
    外見が似ているためか、雨の日に使う傘と同じ感覚で考えている人も多いのではないでしょうか。
    傘を使えば雨を防げるように、日傘を使えば紫外線も防げるだろうと考えてしまうのです。

  7. 室内にも、紫外線は、降り注いでいる。

    油断しやすいのは、室内です。
    天井があって、直射日光を浴びることがないので、ついUVケアがおろそかになります。
    室内にいるときも、微弱ながら、紫外線が降り注いでいます。

  8. 肌の新陳代謝は、28日周期とは限らない。

    新陳代謝とは、細胞の活動によって、新しい皮膚が古い皮膚と入れ替わるサイクルのことです。
    新しい皮膚が上に押し上げられつつ、表面の一番古い皮膚が剥がれ落ちていきます。
    こうして、肌は一定の潤いと透明感を保つことができています。

  9. タバコをやめないかぎり、美白はあり得ない。

    タバコを吸う人には、肌に「独特の黒さ」が目立つと思いませんか。
    日焼けとは種類の異なる色です。
    濁ったような黄土色とでも言えばいいでしょうか。

  10. 睡眠時間は、美肌生成の時間。

    睡眠不足になると、顔色が悪くなります。
    特に目の下には、紫色のくまができますね。
    血液の循環が停滞している証拠です。

  11. SPFの数字より、塗り直しのほうがはるかに大切。

    SPFは20以上になると、ほとんど効果は変わりません。
    SPFの数字が高いほど、効果にも大きな開きがあると思われますが、実際はほとんど同じです。
    SPF20の紫外線遮断率は95パーセントであり、SPF30の紫外線遮断率は97パーセントです。

  12. 美白用化粧品を使っていれば、日焼け止めは不要なの?

    日焼けに悩む人が化粧品売り場を眺めているうちに、いいアイデアが思い浮かぶことがあります。
    「日焼けをしても、美白用化粧品を使っていれば、元に戻るのではないか」
    なかなか鋭い視点ですね。

  13. 日差しの強弱で、紫外線の強弱を判断していませんか。

    紫外線そのものは、目に見える光ではありません。
    光とは違い、人の目には見えない不可視光線です。
    熱も一切ありません。

  14. 日焼け止めも美白化粧品も両方使えば、透明感に磨きがかかる。

    紫外線量は、季節によって変化します。
    紫外線を防ぐものと言えば、日焼け止めですね。
    紫外線は、たった5秒浴び続けると、メラノサイトが活動し始めます。

  15. 紫外線を目で感じるだけでも、しみができる。

    紫外線さえ浴びなければ、しみはできません。
    となると、顔の中で、1つ気になる部分があります。
    目です。

  16. レモンは口にするタイミングによって、敵にも味方にもなる。

    普段の生活でも「ビタミンCが豊富な果物」というイメージが強いものと言えば、やはりレモンですね。
    唐揚げにレモンをかけたり、紅茶にレモンを入れたりなど、身近な食材です。
    食品売り場でも、手頃な値段で簡単に手に入れることができます。

  17. ビタミンCは、ClearのCだ。

    ビタミンCという言葉は、堅苦しいと思いませんか。
    美肌に欠かせないビタミンではありますが、Cの意味がはっきりしません。
    「A、B、C」「1、2、3」というように、単に順番だけを表しているようで、面白みがありません。

  18. 日焼け止めと美白用化粧品。
    美白に効果があるのはどちら。

    紫外線から守る日焼け止め。
    メラニン色素の生成を抑制する美白用化粧品。
    美肌に効果があるのはどちらでしょうか。

  19. 自分が色白になれる限界を確かめる方法とは。

    いくら美白化粧品を使っても、もともとの肌より白くさせることはできません。
    黒人が美白化粧品を使っても、色白にはなれません。
    美白化粧品によって効果があるのは、生まれつきの肌の白さまでです。

  20. 紫外線にひどく神経質になりすぎるのも、考えもの。

    ときどき街を歩いていると、変わった格好をしている人を見かけます。
    曇りの日であるにもかかわらず、ふちのある黒の帽子を深くかぶっている。
    手には、黒の長袖と黒の手袋。

  21. 蛍光灯から出ている紫外線は、無視してもいい。

    知られていないことですが、実は蛍光灯からも紫外線が出ています。
    蛍光灯が光を出す仕組みが関係しています。
    蛍光管の中で紫外線を発生させ、その紫外線が蛍光管の内側に塗られている蛍光塗料に当たることで発光する仕組みです。

  22. ビタミンCの摂取は、量より、頻度を重視する。

    ビタミンCについて、多くの人が勘違いしていることがあります。
    成人が1日に必要とされるビタミンCは、およそ100ミリグラムです。
    際立って多い量ではありません。

  23. 美白になるのは「紫外線に強くなる」という意味ではない。

    美白になるのは、数多くのメリットがあります。
    透明感や清潔感があります。
    その結果、異性を振り向かせたり、美しく仕事ができる人だという印象を与えたりできるでしょう。

  24. 手で日光を遮るなら、手の甲ではなく、手のひらを使う。

    「しまった。日傘を忘れた!」
    日差しが強いときは、日焼け止めや日傘などで紫外線を遮断です。
     

  25. なぜ、顔はくすむのか。

    どんより黒ずんだ肌。
    そうです「くすみ」です。
    くすみとは、肌から透明感や光沢が失われ、肌が黒ずんで見えることを言います。

  26. 海外旅行に行くなら、日焼け対策を十分にする。

    旅行中は開放感があるため、日焼け対策をサボりやすい傾向があります。
    旅行中でも、普段と変わらず、紫外線対策をすることが必要です。
    特に注意したいのは、赤道近くに向かう海外旅行です。

  27. うっかりバカンスで日焼けをしてしまったら、とにかく徹底的に冷やす。

    バカンスというくらいですから、陽気な気分になり、油断しがちです。
    そんなとき、事件が起こります。
    海で泳いでいるうちに、塗ったはずの日焼け止めが流れ落ちていることに気づくのです。

  28. 白い服にもかかわらず、紫外線防止効果を高める方法。

    白い服と黒い服。
    一般的に紫外線防止効果が強いのは、黒い服です。
    紫外線は黒い色素に吸収されやすいため、黒い服のほうが紫外線防止に効果があります。

  29. 大手メーカーの定番商品は、値段に比べて効果があると思っていい。

    一般的に、やはり低価格になるほど、効果も乏しくなる傾向があります。
    低価格の化粧品には、低価額であるゆえの不安があります。
    「効果が小さいのではないか」

  30. 人の年齢は、首に表れやすい。

    化粧水、乳液などは顔に塗るものです。
    この「顔に塗る」という言い方のためでしょうか。
    顔だけ、塗っている人がいます。

同じカテゴリーの作品