スキンケア

美しくつやのある肌になる
30の方法

読んだ お気に入り14
22

睡眠時間の10分を削ってでも、
マッサージはしたほうがいい。

睡眠時間の10分を削ってでも、マッサージはしたほうがいい。 | 美しくつやのある肌になる30の方法

睡眠前のマッサージは、ぜひおすすめです。

特に寝る前です。

寝る前にするマッサージは、リラックス効果があり、1日の疲れを取り、癒してくれます。

日中の仕事の疲れと緊張を和らげ、自然な睡眠に導いてくれることでしょう。

心身共にリラックスできれば、寝つきもよくなります。

また忘れてならないポイントは、マッサージによって血の巡りがよくなるということです。

新陳代謝が活性化して、大切な代謝を促します。

当然、肌にも影響します。

特に寒い冬こそ、マッサージはもってこいです。

マッサージをしているうちに、体がぽかぽか暖かくなり、眠りやすくなります。

マッサージの時間は、ほんの10分ほどでかまいません。

その10分は、寝ている間に何倍も大きくなって返ってきます。

睡眠時間の10分を削ってでも、かまいません。

その削った10分は、何倍もの高い睡眠の質になるのです。

まとめ

美しくつやのある肌になる方法 その22
  • 寝る前にマッサージをする。
適度なアルコールは、美肌の助っ人。

もくじ
美しくつやのある肌になる30の方法
睡眠時間の10分を削ってでも、マッサージはしたほうがいい。 | 美しくつやのある肌になる30の方法

  1. できるだけ早い時期に、美肌になる方法を身につける。
  2. 美肌は、5つのバランスが大切。
    食事・運動・睡眠・スキンケア・ストレス管理。
  3. 睡眠不足は、肌の大敵。
  4. 私たちの体は、口にしたものからできている。
  5. おやつは、お菓子より果物にする。
  6. ストレスの小さな道を選ぶ。
  7. 脂っこい食事を控えめにする。
  8. 脂っこい食事を取った直後に、お風呂に入る。
  9. 爪を切った後は、やすりを忘れない。
    手袋を着けて寝る。
  10. 吹き出物は、どんなに気になっても触らない。
  11. 汗を流す手段を、サウナだけに頼らない。
  12. 喉の渇きを潤すために、甘いジュースには手を出さないほうがいい。
  13. 乾燥しやすいお風呂上がりは、乾燥対策を徹底する。
  14. ビタミンC・E・B類は、美肌に効果がある。
  15. 錠剤によるビタミン摂取より、野菜を食べるほうがいい。
  16. 紫外線は、美肌の大敵。
  17. 紫外線対策をしすぎても、引きこもりにならないこと。
  18. 大きな鏡を部屋に置く。
  19. 悪口や批判を言うと、老いやすくなる。
  20. 笑顔になると、肌の状態さえもはっきり見える。
  21. お化粧は、美しさと醜さが重なる行為。
  22. 睡眠時間の10分を削ってでも、マッサージはしたほうがいい。
  23. 適度なアルコールは、美肌の助っ人。
  24. 睡眠中に、美しくなる。
  25. 不規則な生活をやめる。
  26. 喫煙は、健康においても美容においても、1つもいいことはない。
  27. ダイエットのしすぎは、逆効果。
  28. 見えないストレスだからこそ、肌の状態で確かめる。
  29. 休日くらいは、たっぷり睡眠を取る。
  30. 恋をすると、美しくなる。

同じカテゴリーの作品