人生の教科書



読み上げ動画・音声

美容美意識める
30方法

お気に入り10 読んだ
13

いものばかりべていると、
けやすくなる

いものばかり食べていると、老けやすくなるのは本当です。

一度に大量の糖分を摂取すると、体の中で「特殊な反応」を引き起こすようになるからです。

パンを焼いたことはありますか。

卵に砂糖を加えてオーブンに入れると、茶色をした固い部分ができますね。

これを「グリコレーション(糖化反応)」といいます。

タンパク質が糖と結びついて、固くなる反応のことです。

この現象は、人の肌でも起こります。

甘いものを、たくさん急に食べたときです。

一度に大量の糖分を摂取すると、血糖値が急上昇します。

体のタンパク質が糖と結びついて、固くなります。

その結果、肌の弾力が失われ、たるみやしわの原因になるのです。

甘いものを食べすぎていると、老化しやすいのは本当です。

甘いアイスクリームやケーキばかり食べているのは、肌によくないことです。

お菓子を主食にするような食生活は、言語道断です。

甘いものを食べないといっているわけではありません。

大切なのは、食べ方です。

糖分は、人が生きていく上で欠かせない物質です。

避けたいのは、あくまで「一度に大量の糖分摂取」です。

一度に摂取するような食べ方を控えましょう。

おやつとして少量を食べたり、ゆっくり食べたりなど工夫します。

無理のない範囲に抑えることが、若々しさを維持するポイントなのです。

美容の美意識を高める方法 その13

  • いもののりすぎには、
    注意する

同じカテゴリーの作品