人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
生き方
働く喜びを知るには、ボランティア活動が一番。
心の健康
ボランティア活動に参加して、人から感謝される経験をする。
出会い
話が一方的になっていないか気をつけよう。
プラス思考
どきどきすることに飛び込めば、テンションが上がる。
自分磨き
尊敬される人は、ポジティブ思考。
自分磨き
いくら知性が発達しても、感情と意志に乏しい人はバランスを崩す。

きいになる
30方法

お気に入り24 読んだ
23

本当ボランティアは、
がないとできない

本当のボランティアは、愛がないとできない。 | 器の大きい人になる30の方法

の小さい人は、親切をして感謝されないと、むっとします。

  • 「親切にしたのに、ありがとうの一言もないのか!」

急に機嫌が悪くなり、自分が親切にしたことを後悔します。

感謝されなくてむっとしているうちは、まだ器が小さい証拠です。

「親切にした」というより「見返りを前提に親切をした」という状態です。

「ボランティアが好きです」と言いながら、感謝されなくてむっとするのは、どこか相手に見返りを求めている証拠です。

それはボランティアではありません。

ギブ&テイクです。

心のどこかで「与えたから何かちょうだい」と思っている。

本当のボランティアとは、相手に見返りを求めないことです。

器の大きい人は、感謝されなくてもむっとしません。

完全なるギブ&ギブこそ、ボランティアです。

ボランティアは愛がないとできません。

途中のプロセスには、見返りがないように思えますが、きちんとあります。

相手から「ありがとう」という感謝の言葉がなくても、役立っていることが分かれば、十分な見返りになっています。

自分が誰かに役立っているという実感です。

それこそ、自分が生きていることを実感できる瞬間です。

  • 「嬉しいな」

見返りがなくても、いかに優しくできるかです。

今日、あなたが知らない人に優しくしてみましょう。

無視されても「それでいい」と考えます。

「ありがとう」と返事があればよかったと喜ぶくらいでいい。

完全に見返りを求めずしてする親切は、すべてが愛の表現になるのです。

器の大きい人になる方法 その23

  • 感謝言葉がなくても、
    むっとしないようにする
言い訳しながら謝ると、気持ちが半減する。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品