人生の教科書



読み上げ動画・音声
プラス思考
早く回復しようとすればするほど、余計に焦って回復しにくくなる。
情報力
落ち着いた心を取り戻すためには、深呼吸をすればいい。
自分磨き
「まあいいか」と思うところほど、まめに行動する。
自分磨き
経験数が増えることで、品性が向上する。
自分磨き
繰り返しの中にも、新しい発見がある。
自分磨き
穏やかな人は、寛大な優しさがある。

きいになる
30方法

お気に入り55 読んだ
3

酸欠状態になると、
いてえる余裕もなくなる

  • 通事故で、気が動転した」

  • 「財布を落として、あたふたした」

  • 「仕事で大きなミスをして、焦りを感じた」

気が動転しているときには、何をどうしていいのか分からなくなります。

何から手をつければいいのか分からず、途方に暮れる。

  • 「どうしたらいいか。どうすればいいか」

何かアクションを起こしたいのはやまやまですが、焦りのせいで頭が回りません。

無理に考えようとするから、さらに焦りを誘発させ、気が動転する。

いらいらしていると呼吸が浅くなり、酸素の供給が少なくなります。

焦ると脳の活動は活発化しますが、一方で呼吸が浅くなるので「酸欠状態」になります。

脳に酸素が足りなくなると、落ち着いて考える余裕もなくなります。

悪循環です。

 

では、どうすればいいのか。

そういうときこそ「目をつぶってゆっくり深呼吸」です。

単なる「深呼吸」ではありません。

「目をつぶって、ゆっくり深呼吸」がポイントです。

まず目をつぶります。

目をつぶることで、目から入ってくる刺激が一切なくなります。

3秒くらいかけて息を吸った後、10秒くらいかけてゆっくり息を吐きます。

それを3回繰り返しましょう。

たったの3回。

ほんの1分にも満たない時間です。

 

しかし、その時間であなたの余裕は抜群に取り戻す効果があります。

深く深呼吸をすれば、脳に酸素が行き渡り、落ち着けます

その時点で脳に余裕が生まれます。

考えられなかったことが考えられるようになり、頭を整理して考えることができるようになります。

その結果、思わぬ解決策・突破口・活路などが見えてくる可能性が大きくなります。

難しくない、たったそれだけです。

器の大きい人になる方法 その3

  • ったとき、
    をつぶって3秒息った後10秒かけて深呼吸を、
    3回繰
口にする前に深く考え、一度口にした言葉には責任を持つ癖。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品