自分磨き

器の大きい人になる
30の方法

お気に入り78 読んだ
6

器の大きい人は、
余裕を味わう。
器の小さい人は、
ぎりぎりを味わう。

器の大きい人は、余裕を味わう。器の小さい人は、ぎりぎりを味わう。 | 器の大きい人になる30の方法

器の大きさは、時間の余裕を作れば、自然とできます。

あらゆる余裕を確実に作り出します。

その人の輝きへと変わります。

 

たとえば、仕事で会社へ出社するときです。

会社へ時間ぎりぎりに出社する人は、余裕のない人です。

目覚まし時計に叩き起こされ、飛び起き、パンを口にくわえながら家を飛び出ます。

9時に出社なら、8時58分に到着します。

まさにぎりぎりです。

「別に早く来ても仕方ない」「何もすることがない」と思っています。

往々にして、仕事が嫌いな人ほど、ぎりぎりに出社しています。

嫌だから、少しでも仕事に触れる時間を短くしたい。

しかも出社してまず何をするのかというと、休憩です。

汗を拭いて、呼吸を整え、しばらく仕事に手を付けられません。

ぎりぎりこそ快感だと勘違いしています。

そういう一連の動作から、器の小ささがうかがえます。

 

一方、時間より早く出社する人は、余裕のある人です。

10分前は当然のこと。

人によっては30分や1時間も前から早く出社します。

もちろん仕事に早く手を付けてもいいですが、早く出社するからとはいえ、別のことでもかまいません。

新聞を読んだり読書をしたりします。

許されるなら、会社のデスクで朝食やコーヒーでもいいでしょう。

ほかの人より早く出社し、読書で脳をリフレッシュさせたり、仕事を早めに手を付けたりします。

そうすると、明らかにぎりぎりに出社する人との間に、雲泥の差が出ます。

余裕は力です。

器の大きい人は、そういう余裕こそ気持ちよく感じているのです。

まとめ

器の大きい人になる方法 その6
  • 時間の余裕を作る。
ささいなことにとらわれすぎず、重大なことに焦点を合わせる。

もくじ
器の大きい人になる30の方法
器の大きい人は、余裕を味わう。器の小さい人は、ぎりぎりを味わう。 | 器の大きい人になる30の方法

  1. 器の大きい人は、怒りを優しさで表現する。
  2. いらいらして言い返すと、相手と同じレベルになる。
  3. 脳が酸欠状態になると、落ち着いて考える余裕もなくなる。
  4. 口にする前に深く考え、一度口にした言葉には責任を持つ癖。
  5. 器の大きい人は「笑顔」と「怒り」の両方を自在に操る。
  6. 器の大きい人は、余裕を味わう。
    器の小さい人は、ぎりぎりを味わう。
  7. ささいなことにとらわれすぎず、重大なことに焦点を合わせる。
  8. 対応に慌てたときこそ、器の大きな理想の人物を思い浮かべる。
  9. いらいらするはずの瞬間に笑顔になると、器の大きさを感じる。
  10. どんなに知識や知恵があっても、臨機応変がないと、うまく生きていけない。
  11. 器の大きい人は、どんな言葉でも一度は受け入れる。
  12. つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、つまらない人間だ。
  13. ユーモアは、楽しく、脳を活性化させる。
  14. 私の人生を変えてくれた中国人講師。
  15. 海外旅行に行くことほど、許容範囲を広げるいい勉強はない。
  16. 短所は長所として活用し、長所はさらに伸ばせば、最高の自分を発揮できる。
  17. 痛みを味わうことで、見えてくる解決策がある。
  18. 成長とは、背伸びの繰り返しだ。
  19. なぜ、大人になるにつれて、涙もろくなるのか。
  20. 厳しいコメントを言ってくれる友達を、大事にする。
  21. 理解できない考え方こそ、興味や好奇心を持って歓迎する。
  22. 器の大きい人は、インプットの限界を知っている。
  23. 本当のボランティアは、愛がないとできない。
  24. 言い訳しながら謝ると、気持ちが半減する。
  25. 許せば許すほど、表情は柔らかくなる。
  26. 失敗してもいい。
    大切なことは前向きに行動すること。
  27. 器の小さい人は、人の失敗を笑いの材料にする。
    器の大きい人は、人の失敗を反省の材料にする。
  28. 貯金の量は、器の大きさへと変わる。
  29. 直線コースより回り道コースのほうが、人生は豊かになる。
  30. いらいらしているときこそ、忘れがちな作法を忘れない。

同じカテゴリーの作品