自分磨き

器の大きい人になる
30の方法

お気に入り55 読んだ
12

つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、
つまらない人間だ。

つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、つまらない人間だ。 | 器の大きい人になる30の方法

器の小さい人は、つまらないジョークを言う友達を「寒いよ」と言って冷たくあしらいます。

「笑ったら負けだ」

「つまらない冗談に笑ったら自分の価値が下がる」

「そんな低俗な冗談に笑うほど、自分のレベルは低くない」

そういう狭い価値観に縛られていることは、すでに器が小さい。

頭が固くなっています。

つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、つまらない人間です。

そういう人は人間関係が制限されます。

つまらないことを言うと侮辱されると思うので、付き合うときは気の利いた面白いことしか言えなくなります。

それは一緒にいて緊張しますし、気を使います。

人との関わりが狭くなり、友達が減ります。

器の大きい人は、いつもむすっとしているイメージがありますが違います。

いつもにこにこしています。

何でも面白がる感性を持っているからです。

視野が広く、考える幅が広いです。

器の大きい人は、あらゆる冗談に対応します。

そもそも器が大きいので、何でも面白がる感性を持っています。

「布団が吹っ飛んだ」というジョークがくれば「わはは。面白いね!」と言って笑います。

つまらない冗談だから笑うくらいでいいです。

面白いから笑うのではなく、笑うから面白くなります。

それが価値観の幅を広げることです。

笑った人が、人生を楽しめます。

あらゆるものを受け入れる器を持っている人こそ、器の大きな人です。

笑顔の人がモテるのは「何でも笑ってくれる価値観」に興味を引かれるからです。

「この人と一緒にいるといつも楽しそうだな」

何でも笑う人を見て、私たちは直感的に感じます。

誰にでもジョークに失敗して、滑ることがあります。

つまらないジョークでも、笑ってくれれば成立します。

人間関係は長続きし、深まるのです。

まとめ

器の大きい人になる方法 その12
  • つまらない冗談だからこそ、笑ってしまう。
ユーモアは、楽しく、脳を活性化させる。

もくじ
器の大きい人になる30の方法
つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、つまらない人間だ。 | 器の大きい人になる30の方法

  1. 器の大きい人は、怒りを優しさで表現する。
  2. いらいらして言い返すと、相手と同じレベルになる。
  3. 脳が酸欠状態になると、落ち着いて考える余裕もなくなる。
  4. 口にする前に深く考え、一度口にした言葉には責任を持つ癖。
  5. 器の大きい人は「笑顔」と「怒り」の両方を自在に操る。
  6. 器の大きい人は、余裕を味わう。
    器の小さい人は、ぎりぎりを味わう。
  7. ささいなことにとらわれすぎず、重大なことに焦点を合わせる。
  8. 対応に慌てたときこそ、器の大きな理想の人物を思い浮かべる。
  9. いらいらするはずの瞬間に笑顔になると、器の大きさを感じる。
  10. どんなに知識や知恵があっても、臨機応変がないと、うまく生きていけない。
  11. 器の大きい人は、どんな言葉でも一度は受け入れる。
  12. つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、つまらない人間だ。
  13. ユーモアは、楽しく、脳を活性化させる。
  14. 私の人生を変えてくれた中国人講師。
  15. 海外旅行に行くことほど、許容範囲を広げるいい勉強はない。
  16. 短所は長所として活用し、長所はさらに伸ばせば、最高の自分を発揮できる。
  17. 痛みを味わうことで、見えてくる解決策がある。
  18. 成長とは、背伸びの繰り返しだ。
  19. なぜ、大人になるにつれて、涙もろくなるのか。
  20. 厳しいコメントを言ってくれる友達を、大事にする。
  21. 理解できない考え方こそ、興味や好奇心を持って歓迎する。
  22. 器の大きい人は、インプットの限界を知っている。
  23. 本当のボランティアは、愛がないとできない。
  24. 言い訳しながら謝ると、気持ちが半減する。
  25. 許せば許すほど、表情は柔らかくなる。
  26. 失敗してもいい。
    大切なことは前向きに行動すること。
  27. 器の小さい人は、人の失敗を笑いの材料にする。
    器の大きい人は、人の失敗を反省の材料にする。
  28. 貯金の量は、器の大きさへと変わる。
  29. 直線コースより回り道コースのほうが、人生は豊かになる。
  30. いらいらしているときこそ、忘れがちな作法を忘れない。

同じカテゴリーの作品