人生の教科書



自分磨き

器の大きい人になる
30の方法

お気に入り53 読んだ
12

つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、
つまらない人間だ。

つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、つまらない人間だ。 | 器の大きい人になる30の方法

器の小さい人は、つまらないジョークを言う友達を「寒いよ」と言って冷たくあしらいます。

「笑ったら負けだ」

「つまらない冗談に笑ったら自分の価値が下がる」

「そんな低俗な冗談に笑うほど、自分のレベルは低くない」

そういう狭い価値観に縛られていることは、すでに器が小さい。

頭が固くなっています。

つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、つまらない人間です。

そういう人は人間関係が制限されます。

つまらないことを言うと侮辱されると思うので、付き合うときは気の利いた面白いことしか言えなくなります。

それは一緒にいて緊張しますし、気を使います。

人との関わりが狭くなり、友達が減ります。

器の大きい人は、いつもむすっとしているイメージがありますが違います。

いつもにこにこしています。

何でも面白がる感性を持っているからです。

視野が広く、考える幅が広いです。

器の大きい人は、あらゆる冗談に対応します。

そもそも器が大きいので、何でも面白がる感性を持っています。

「布団が吹っ飛んだ」というジョークがくれば「わはは。面白いね!」と言って笑います。

つまらない冗談だから笑うくらいでいいです。

面白いから笑うのではなく、笑うから面白くなります。

それが価値観の幅を広げることです。

笑った人が、人生を楽しめます。

あらゆるものを受け入れる器を持っている人こそ、器の大きな人です。

笑顔の人がモテるのは「何でも笑ってくれる価値観」に興味を引かれるからです。

「この人と一緒にいるといつも楽しそうだな」

何でも笑う人を見て、私たちは直感的に感じます。

誰にでもジョークに失敗して、滑ることがあります。

つまらないジョークでも、笑ってくれれば成立します。

人間関係は長続きし、深まるのです。

まとめ

器の大きい人になる方法 その12
  • つまらない冗談だからこそ、笑ってしまう。
次のページ >>
ユーモアは、楽しく、脳を活性化させる。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品