人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

きいになる
30方法

お気に入り32 読んだ
30

いらいらしているときこそ、
れがちな作法れない

いらいらしているときこそ、忘れがちな作法を忘れない。 | 器の大きい人になる30の方法

本では「礼に始まり、礼に終わる」という素晴らしい文化があります。

少し頭を下げて礼をして、別れるときも少し頭を下げて礼をします。

礼のような特別な作法は、日本だけとは限りません。

アメリカでは「握手で始まり、握手で終わる」という作法があります。

インド式の挨拶なら、両手を胸の前で合わせて「ナマステ」が有名ですね。

フランスでは、抱き合って挨拶をします。

モンゴルの挨拶は少し変わっていて、お互いのにおいを嗅いでする挨拶があります。

こうした作法は、世界各国で違いはあっても、意図するところは共通です。

相手への敬意を表しているということです。

人と人との関係があってこそ、社会が成り立っています。

人と出会うときと別れるときには、相手への敬意を表した基本的な挨拶が大切です。

普段私たちは、世間体や体裁を気にしているため、うまく作法を守ることができています。

 

しかし、ささいなときに忘れがちになります。

腹が立ったときです。

いらいらしたことがあると、自制心を失います。

そういうとき、作法をおろそかにしてしまいます。

挨拶がぶっきらぼうであったり、しなかったりすると、印象が悪くなります。

どんな人でもいらいらするときはあります。

ささいないらいらでも、1つの作法を忘れたがゆえに失う信用は大きい。

たった一度のぶっきらぼうな態度で、相手に不快感を与えたり、ぶつかって口論になったりすることもあります。

興奮しているときは難しいでしょうが、器を大きくする機会です。

いらいらしているときこそ、忘れがちな作法を忘れないことです。

器の大きい人になる方法 その30

  • いらいらしたときこそ、
    作法大切にする
まとめ

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品