自分磨き

器の大きい人になる
30の方法

お気に入り40 読んだ
30

いらいらしているときこそ、
忘れがちな作法を忘れない。

いらいらしているときこそ、忘れがちな作法を忘れない。 | 器の大きい人になる30の方法

日本では「礼に始まり、礼に終わる」という素晴らしい文化があります。

少し頭を下げて礼をして、別れるときも少し頭を下げて礼をします。

礼のような特別な作法は、日本だけとは限りません。

アメリカでは「握手で始まり、握手で終わる」という作法があります。

インド式の挨拶なら、両手を胸の前で合わせて「ナマステ」が有名ですね。

フランスでは、抱き合って挨拶をします。

モンゴルの挨拶は少し変わっていて、お互いのにおいを嗅いでする挨拶があります。

こうした作法は、世界各国で違いはあっても、意図するところは共通です。

相手への敬意を表しているということです。

人と人との関係があってこそ、社会が成り立っています。

人と出会うときと別れるときには、相手への敬意を表した基本的な挨拶が大切です。

普段私たちは、世間体や体裁を気にしているため、うまく作法を守ることができています。

 

しかし、ささいなときに忘れがちになります。

腹が立ったときです。

いらいらしたことがあると、自制心を失います。

そういうとき、作法をおろそかにしてしまいます。

挨拶がぶっきらぼうであったり、しなかったりすると、印象が悪くなります。

どんな人でもいらいらするときはあります。

ささいないらいらでも、1つの作法を忘れたがゆえに失う信用は大きい。

たった一度のぶっきらぼうな態度で、相手に不快感を与えたり、ぶつかって口論になったりすることもあります。

興奮しているときは難しいでしょうが、器を大きくする機会です。

いらいらしているときこそ、忘れがちな作法を忘れないことです。

まとめ

器の大きい人になる方法 その30
  • いらいらしたときこそ、作法を大切にする。
まとめ

もくじ
器の大きい人になる30の方法
いらいらしているときこそ、忘れがちな作法を忘れない。 | 器の大きい人になる30の方法

  1. 器の大きい人は、怒りを優しさで表現する。
  2. いらいらして言い返すと、相手と同じレベルになる。
  3. 脳が酸欠状態になると、落ち着いて考える余裕もなくなる。
  4. 口にする前に深く考え、一度口にした言葉には責任を持つ癖。
  5. 器の大きい人は「笑顔」と「怒り」の両方を自在に操る。
  6. 器の大きい人は、余裕を味わう。
    器の小さい人は、ぎりぎりを味わう。
  7. ささいなことにとらわれすぎず、重大なことに焦点を合わせる。
  8. 対応に慌てたときこそ、器の大きな理想の人物を思い浮かべる。
  9. いらいらするはずの瞬間に笑顔になると、器の大きさを感じる。
  10. どんなに知識や知恵があっても、臨機応変がないと、うまく生きていけない。
  11. 器の大きい人は、どんな言葉でも一度は受け入れる。
  12. つまらない冗談に笑おうとしない人こそ、つまらない人間だ。
  13. ユーモアは、楽しく、脳を活性化させる。
  14. 私の人生を変えてくれた中国人講師。
  15. 海外旅行に行くことほど、許容範囲を広げるいい勉強はない。
  16. 短所は長所として活用し、長所はさらに伸ばせば、最高の自分を発揮できる。
  17. 痛みを味わうことで、見えてくる解決策がある。
  18. 成長とは、背伸びの繰り返しだ。
  19. なぜ、大人になるにつれて、涙もろくなるのか。
  20. 厳しいコメントを言ってくれる友達を、大事にする。
  21. 理解できない考え方こそ、興味や好奇心を持って歓迎する。
  22. 器の大きい人は、インプットの限界を知っている。
  23. 本当のボランティアは、愛がないとできない。
  24. 言い訳しながら謝ると、気持ちが半減する。
  25. 許せば許すほど、表情は柔らかくなる。
  26. 失敗してもいい。
    大切なことは前向きに行動すること。
  27. 器の小さい人は、人の失敗を笑いの材料にする。
    器の大きい人は、人の失敗を反省の材料にする。
  28. 貯金の量は、器の大きさへと変わる。
  29. 直線コースより回り道コースのほうが、人生は豊かになる。
  30. いらいらしているときこそ、忘れがちな作法を忘れない。

同じカテゴリーの作品