人生の教科書



読み上げ動画・音声

きいになる
30方法

お気に入り28 読んだ
27

さいは、
失敗いの材料にする
きいは、
失敗反省材料にする

の失敗を見て笑う人がいます。

相手がうまくいかなくて、内心ほっとしています。

そればかりか、笑って相手を精神的にくじけさせようとします。

それこそ器の小さい証拠です。

笑った瞬間に、せっかくの学びの機会を捨ててしまうことになります。

人の失敗を、単なる笑いの材料くらいにしか思っていません。

だいたいそういう人に限って、今度は自分が同じ失敗をしてしまい、自分が笑われる結果になります。

器の大きい人は、失敗している人を見て笑いません。

「まあ、人間だから失敗することもあるよね」と思います。

人間ですから誰でも失敗の可能性はあり、不思議なことではありません。

むしろ自分にもそういうところがないかと、反省の材料にします。

あらゆることを他人事だと思わず、自分の過去と照らし合わせたり、自分と重ねたりしながら考えています。

だから笑いません。

笑えません。

自分にも同じような点があれば、まだ失敗していないだけで、遅かれ早かれ同じことをしていたことでしょう。

器の大きい人は、人の失敗を反省の材料にするのが上手なのです。

器の大きい人になる方法 その27

  • 失敗は、
    反省材料にする

同じカテゴリーの作品