人生の教科書



読み上げ動画・音声
仕事効率化
アマチュアは、現在を起点に考える。
プロは、未来を起点に考える。
生き方
生徒代表の挨拶は、自分を変えるチャンス。
リーダーシップ
ひどく叱っても、普段どおりに接するよう心がける。
人生論
会う人みんなが、先生になる。

きいになる
30方法

お気に入り36 読んだ
14

人生えてくれた中国人講師

はアメリカに留学していたころ、中国語を勉強していました。

なぜ中国語を勉強しようと思ったかというと、友達の紹介があったからです。

ある日、友達の洋平と一緒にキャンパスのテラスで食事をしていると、大きな声で手を振る人がいました。

  • 「ヨンピン。ニーハオ(洋平! 元気かい)」

「ヨンピン」というのは、その友達の名前「洋平」の中国語の発音です。

洋平は驚いて、中国語でなんて返事をしていいのか絶句していました。

洋平はリャオ先生の授業の卒業生でした。

先生が名前を覚えてくれていた嬉しさと、突然話しかけられ、中国語が思い浮かばず、言葉に詰まっていました。

私は「温厚な雰囲気の先生だ」と思いました。

底抜けに無邪気な笑顔がすてきな先生でした。

洋平も「あの先生はおすすめだよ。授業がとても分かりやすい」と勧めてくれました。

そうした経緯で、私はリャオ先生の授業に興味を抱き、中国語を勉強し始めました。

中国語クラスへ行くと、すでに生徒はいっぱいでした。

リャオ先生の評判はすでに学校で広まっていて、自分以外にも受けたがろうとする生徒がたくさんいました。

リャオ先生は、40代後半の男性講師でした。

いつもにこにこしていて、明るい先生でした。

語学の勉強で一番の障害になるのは「恥ずかしさ」です。

語学の授業というのは、言葉にとらわれがちです。

変な発言をしていないか。

間違った文法を使っていないか。

発音がおかしくないか。

語学の勉強をするために来ていますから、恥ずかしがり屋はそういうところでつまずきます。

私も恥ずかしがり屋であり、発言に尻込みをしていた1人でした。

 

しかし、リャオ先生の授業は違いました。

先生には口癖がありました。

 

「很好(ヘンハオ)」です。

 

日本語に訳すと「いいね」「なるほど」という意味です。

先生は、生徒のあらゆる発言でも、まず「ヘンハオ」と言って、肯定します。

先生は「素晴らしい発言をした」という意味ではありません。

 

「恥ずかしい気持ちを乗り越えてよく発言できたね。その勇気は素晴らしいよ」という意味の「ヘンハオ」です。

 

そういう意味でヘンハオを言っていると、授業を受けている生徒たちへは自然と伝わります。

先生が必死に生徒たちに教えようとする熱意は、自然と生徒に伝わります。

たどたどしい発言も、間違った発音も、すべて「ヘンハオ」と笑顔で返答してくれます。

すると、嬉しいです。

  • 「間違ってもいいんだ。もっと発言したいな」

イントネーションが違っていたり、間違った使い方をしたりすれば、その都度リャオ先生はにこにこしながら指摘してくれます。

発言する内容そのものを否定するときも、まず「ヘンハオ(なるほど、いいね)」と発言してから「でも」と言って反論します。

  • 「この先生からもっと授業を教わりたい」

そう思わせる授業でした。

だから、リャオ先生の授業はいつも人気でした。

リャオ先生は、私の人生を変えてくれた人です。

人間は、発言を受け入れてもらえると「もっと発言がしたい」という気になります。

先生は、生徒たちに「発言したい」と思わせる授業をする天才でした。

語学の勉強では、生徒に「もっと発言したい」と思わせれば、勝ちです。

生徒たちは、自然とアウトプットしたがり、そのために勉強を積極的にするし、語学力も自然に向上します。

リャオ先生から、およそ2年間、中国語を学びました。

最後には、生徒全員が中国語でプレゼンができるほどになっていました。

これもリャオ先生の「ヘンハオ」のおかげだと思っています。

器の大きい人になる方法 その14

  • あらゆる発言して
    なるほど
    いいね前向きに発言する
海外旅行に行くことほど、許容範囲を広げるいい勉強はない。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品