人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
痛みでしつけようとすると、犬から嫌われる。
生き方
じっとしているのが、実は一番苦しい。
金銭感覚
痛みから回避することとなると、人間は底力を発揮する。
子育て
「痛み」を経験することで、免疫ができる。

きいになる
30方法

お気に入り23 読んだ
17

みをわうことで、
えてくる解決策がある

痛みを味わうことで、見えてくる解決策がある。 | 器の大きい人になる30の方法

人になるにつれて、自分の利益を考えるようになり、執着するようになります。

お金・土地・人間関係など、目に見えることにとらわれます。

ほとんどの人々が、自分の利権にしがみついています。

  • 「自分の利益になることはOK。不利益になることはNG」

こういうことから問題が発生します。

一歩も譲ろうとしません。

そのために、多くの争いが生まれています。

理想的な解決方法は、もちろん「WIN&WIN」です。

これはすでにご存知ですよね。

お互いにとって、プラスになる解決方法があれば、話はすぐ進んで問題解決しますね。

 

しかし、何でもそう簡単にWIN&WINになるような話はありません。

WIN&WINの解決方法ばかりに執着していると、思わぬ落とし穴に陥ります。

自分にとって利益がないことは、いつまでも問題が解決しないまま、長期戦になってしまいます。

問題の内容によっては、どちらかが痛みを感じないと絶対に解決できないこともあります。

これではいつまで経っても解決はできません。

仲たがいが続けば、これからもずっといがみ合いが続くことでしょう。

その間はお互いが痛みを与え続けてしまいます。

痛みを長く感じ続けることになるので、最も大きく痛みを味わっていることになります。

悲しいかな。

痛みを避けた選択が、結果として一番痛みを感じてしまう選択へとなります。

問題内容によっては、永遠に解決しないものもあるかもしれません。

問題解決では「WIN&WIN」による解決方法と、もう1つ特別な方法があります。

 

「譲歩」です。

 

初めからプラスを求めない。

まずマイナスを感じてから、プラスに転じる方法です。

これが大切です。

あえて自分の主張を引っ込め、他人の意見を飲み込んでみる。

あえて自分が面倒な役を引き受けてみる。

あえて一歩引き下がる勇気を持つことです。

当然、どちらかが痛みを味わうことになるでしょう。

面倒が発生したり、肉体的・精神的・金銭的な痛みが発生したりするはずです。

 

しかし、その一度の痛みで問題が解決すれば、実は最も小さな痛みになります。

一度の面倒で、丸く収まる場合があります。

それが「大局的な目で見た判断」ということです。

器の大きな人なら、そういう度量の広い選択ができるはずです。

問題に囲まれ身動きが取れなくなったとき、いま一度、そういう見方を思い出してほしい。

一度の痛みを受け入れることで、解決できる痛みがあるのです。

器の大きい人になる方法 その17

  • みをれ、
    解決策いだす
成長とは、背伸びの繰り返しだ。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品