人生の教科書



読み上げ動画・音声
人付き合い
人から好かれる人生、歩んでいますか。
生き方
三日坊主で、自分を知る。
生き方
立派な大人と、そうでない大人の、本当の違いとは。
人生論
大切なことは、勉強そのものではなく、勉強の仕方。
人生論
「好き」を基準に選択すると、人生がうまくいく。
大人の恋愛
愛は、勉強することではない。
誰しもが、すでに持っていること。

きいになる
30方法

お気に入り21 読んだ
22

きいは、
インプット限界っている

識のインプットは、素晴らしい効用がある一方で、限界もあります。

知識そのものが悪いわけではありません。

知識や経験は、生活を豊かにしてくれます。

 

しかし、気づきましょう。

「人生では学ぶことが多すぎる一方、学ぶ時間は大変限られている」ということに。

たくさんのことを知っているのは結構ですが、世の中には知らないことのほうが圧倒的に多い。

圧倒的にです。

宇宙全体から見れば、人生80年間で知り得ることは、少なすぎます。

短い人生の中で学べることには限界がある。

勉強したいことはたくさんあっても、実現できるほど長い人生はありません。

そのとき「勉強の限界」に気づきます。

勉強すればするほど「もっと知りたいのに時間が足りない」というインプットの限界を実感できます。

 

では、どうするのかというと、歩む道を絞ります。

歩む道を絞れば絞るほど、勉強の範囲が狭くなります。

専門範囲では、道を徹底的に究めるようにします。

専門分野に関しては、どんどん深めましょう。

専門分野を徹底的に精通です。

絞られるから、経験できる量も少なくなりそうですが、そうではありません。

深めていくことで、実は幅も広がります。

縦を伸ばすと、自然に横も広がります。

深めていく課程の中で、人生で大切なことを学ぶことができるからです。

汗や涙を経験し、喜怒哀楽を経験しています。

仕事の意味を考えたり、人間関係を勉強できたり、仕事マナーなどもあるでしょう。

それならば、限られた時間の中で最高の自分を発揮できます。

  • 「さまざまなことや経験を豊かにしながら、専門分野だけは精通する」

この両立が、限られた時間の中で豊かになる方法なのです。

器の大きい人になる方法 その22

  • られた人生かになるために、
    範囲って、
    精通する
本当のボランティアは、愛がないとできない。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品