人生の教科書



読み上げ動画・音声

きいになる
30方法

お気に入り67 読んだ
5

きい
「笑顔」
「怒両方自在

が衝撃を受けた先生がいます。

中学3年生の担任だった岡田先生という男性教師です。

教科は理科を担当されていて、色白の温厚な先生でした。

いつもにこにこしていて、授業は明るさにあふれていました。

学生時代、先生の中にはやけに女子にモテる先生がいますが、まさにそのタイプです。

岡田先生はなぜか女子学生にモテていて、羨ましく思いました。

年齢は40代ですが、先生が醸し出す独自の明るい雰囲気が人を寄せ付けていました。

先生の特徴は、生徒を叱るときに現れます。

最初の注意は「優しさ」です。

初めは、笑顔になって「こら。そういうことしたらだめでしょう」と柔らかい言い方で注意します。

怖い顔で注意されると緊張しますが、笑顔で優しく注意されるので受け入れやすいです。

先生は、注意されたときの生徒の精神的ダメージを考えて、笑顔で注意してくれました。

その気遣いは、中学生でも感じ取れます。

たいていはそれでほとんどの生徒が注意を受け入れます。

 

しかし、思春期の学生です。

いつもにこにこしている岡田先生を生ぬるいと感じ、なめる生徒がいます。

笑顔になって何度も注意をして、それでも言うことを聞かないとき、岡田先生は急変します。

2つ目の叱り方は「怒り」です。

今でも忘れない、ある日の理科の授業でした。

授業中「こら」と何度笑顔で注意しても言うことを聞かない生徒が、1人いました。

完全に岡田先生をなめている生徒でした。

すると、いきなり先生がその生徒の机をひっくり返して、怒鳴り散らしたことがありました。

  • 「もう帰っていい。授業を受けなくていい。もう学校にも来なくていい!」

いつもは優しい言葉を使う先生が、いきなりどきつい言葉で叱り始めます。

もちろん生徒は驚きです。

いつもは穏やかな先生ほど、怒ると怖いとはまさにそのことです。

さすがに偉そうにしていた生徒も驚いて、言うことを聞くようになりました。

叱っているとはいえ、自制心を失っている様子ではありませんでした。

自制心を失うと、殴ったり蹴ったりする場合がありますが、先生はそういうことはしません。

厳しい言葉で叱ります。

驚いたのはそれからです。

しばらく叱った後「では、授業の続きをします」と言って、普段の温厚な岡田先生に戻ります。

怒るときも急変しましたが、元に戻るときも一瞬です。

そのとき直感しました。

先生は、生徒に応じて、2種類の叱り方を使い分けているのだと分かりました。

初めは「優しさ」で注意し、それでも言うことを聞かない生徒は「怒り」で注意するという教育方法です。

たいてい普通の先生は、いつも優しいか、いつも怖いかのどちらかです。

 

しかし、岡田先生には両方があり「普段は優しいけど、怒ったら怖い」という先生でした。

笑顔になるのも、怒るのもどちらも、コントロールできていました。

そういうとき、先生の器を感じました。

この岡田先生の「優しさ」と「怒り」の叱り方によって、クラスはいつも平和でした。

ほかの先生以上に深く印象に残っているのは、優しさと怒りの両方があった先生だからです。

器の大きい人になる方法 その5

  • しさとりの両方使ける
器の大きい人は、余裕を味わう。
器の小さい人は、ぎりぎりを味わう。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品