人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
合コン
わがままに応じてもらいやすくなる魔法の言葉。
受験対策
卵料理は、記憶力がよくなる頭脳料理。
住まい
いろいろな物を中途半端にもたない。
一点豪華主義になる。
旅行
読めないメニューで失敗しない3つの方法。

器の大きい人になる
30の方法

お気に入り67 読んだ
4

口にする前に深く考え、
一度口にした言葉には責任を持つ癖。

口にする前に深く考え、一度口にした言葉には責任を持つ癖。 | 器の大きい人になる30の方法

レストランで食事のメニューを決める際は、面白いです。

何が面白いのかというと、その人の器の大きさがうかがえる瞬間だからです。

たわいない瞬間だからこそ、その人の本性が垣間見える。

友達と一緒にレストランに入り、メニューを決めようとするとき、次のようなやりとりを見たことがありませんか。

  • 「Aメニューにします。やっぱりBメニューにします。あ、Cメニューもいいなあ。どうしよう……」

一度決めたけれど途中で考えが変わり、注文が変わるということです。

考えが浅い人は、必ずメニューを選んだ後、もう一度変更します。

率直な答えでいいですが、考えが浅いため、一度口にした発言を変更したり撤回したりすることがよくあります。

「あれもいいな。これもいいな」と迷うのは分かります。

迷うのはいいですが、迷いが延々と続くと「早く決めてくれよ」と思うことがあります。

そういう人に限って、注文をした後「やっぱりDメニューのほうがいい。変更してもらうように伝えてくる」といいます。

まだ注文する前に迷ったり変更したりするのはいいでしょう。

注文する前ですから、いくら迷っても特に問題はありません。

 

しかし、注文した後に変更しようとするとなると、話は変わります。

お店の人は笑顔で「いいですよ」と言ってくれますが、実はひやひやしています。

作り始めてからのやり直しは、実は迷惑です。

食材を用意し、調理を始めている途中かもしれません。

作りかけてからのメニューの変更は、せっかくの食材を捨ててしまわなければなりません。

お金ももったいないし、エコではありません。

注文した後に変更したくなっても、よほどの理由がないかぎり、変更しないほうがいい。

注文後すぐ言えば調理に間に合うかもしれませんが、あえて変更しません。

自分の決断と発言に責任を持つためです。

そういう習慣をつけるためです。

自分が決めたことは、後で変えない癖を付けると、決断力と責任能力がつきます。

一度決断し口にした発言と貫く姿勢は、器の大きさへと変わります。

ころころ意見が変わる政治家は信用できないように、ころころ意見の変わる人も信用されなくなります。

これは癖です。

学生時代に、思ったことをすぐ口にする癖がついていると、自然と考えも浅くなります。

「一度口にしたことに責任を持つ。後から意見を変えない」ということです。

大人になるにつれて、そういう習慣をつけて、決断力と責任能力を養っていくのです。

器の大きい人になる方法 その4

  • 一度決断し、
    発言した内容は貫く。
器の大きい人は「笑顔」と「怒り」の両方を自在に操る。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品