人生の教科書



読み上げ動画・音声

きいになる
30方法

お気に入り22 読んだ
29

直線コースより道コースのほうが、
人生かになる

の小さい人は、人生の直線コースを選びます。

必要なことだけをする。

無駄なことはしない。

いわゆるショートカットです。

よく優等生に見られるケースです。

 

たしかにショートカットをすれば、目標に早くたどり着きます。

受験のような勝負では、たしかに直線コースで目標への最短距離を歩んだほうが結果は出やすくなります。

 

では、人生すべてが直線コースならそれでいいのかというと、そうでもありません。

無駄がなさすぎるのも悲しいです。

就職の面接で「これまで何をしてきましたか」と聞かれ「学校の勉強しかしていません」という回答では、物足りなさを感じます。

勉強は大切です。

 

しかし、学校の勉強しかしていないのは、最大の勉強不足です。

学校の勉強には、弱点があります。

成長には「意外」と出会うことが必要です。

人生のどこかで「計画的な無駄」を作ることです。

それは決められた直線コースではなく、回り道コースで出会います。

学校の登下校で、決められたコースばかりでは、いつも同じ光景の繰り返しです。

ちょっと寄り道をして、回り道をすることで「意外」と出会えます。

回り道のような一見すると無駄と思えるコースこそ、人生の糧になる意外なことがあります。

旅行・読書・映画・音楽・スポーツ・恋愛。

学歴にも出世にもまったく関係のない無駄な回り道を、どれだけできるかです。

そういう回り道をすることで、面白い話のネタができたり、経験が増えたりして人間性が豊かになるのです。

器の大きい人になる方法 その29

  • コース意外なことに出会い、
    人間性かにする

同じカテゴリーの作品