人生の教科書



読み上げ動画・音声

きいになる
30方法

お気に入り24 読んだ
28

貯金は、
きさへとわる

料日に銀行のATMできちんと振り込まれていることが確認できた瞬間、ほっとします。

収入ぎりぎりの生活を送っているときほど、このときの心の軽さは実感できる。

なぜほっとするのか。

お金はお守りだからです。

あなたを守ってくれる道具です。

残高がゼロになってしまうと、何もできなくなります。

住むところを失い、食べられなくなり、友達との付き合いもできなくなります。

大げさに言えば、命にも関わります。

病気になっても薬が買えず、病院に入院もできません。

お金の話をすれば「汚い」「腹黒い」という人がいますが、とんでもないことです。

お金の効用は素直に認めて、道具として生かすことです。

あなたを守ってくれる、最高の防御シールドになります。

ずばり、貯金の量というのは、器の大きさへと変わります。

できることが増え、困ることが少なくなるからです。

器を大きくさせたければ、一定の貯金の量を確保することです。

できるだけ収入を増やし、できるだけ支出を減らす。

貯金が増えます。

一定の貯金があると、あなたは自然と穏やかな性格になります。

そういうものです。

そのくらいお金にはパワーがあります。

あるほど、いざというときに融通が利くので、行動に余裕ができます。

それが周りの人から見れば、器が大きくなったかのように映ります。

もちろんやみくもに貯金をするのではなく、貯金の目標金額を設定することです。

目標の金額以上になれば、ためるのではなく使って、社会に還元するようにします。

私なら、20代の未婚のうちは、せいぜい貯金は100万円としています。

若い時期であり、扶養家族や病気の心配も小さいため、貯金が100万あれば、ある程度心配が消えます。

もし、貯金額が100万円以上になれば、ためらわず使います。

やりたいことはたくさんあるので、心の余裕を確保しながら、行動したい。

もし結婚すれば、また必要とされる貯金の金額も変わることでしょう。

子供が生まれれば、さらに必要とされる貯金の金額も変わるはずです。

人生のステージに応じて、必要とされる貯金の量も違います。

必要とされる器の大きさに応じて、貯金の量も見直していけばいいでしょう。

大切なことは、必要な余裕が得られる貯金をいつも確保しておくことです。

心の余裕を与え、一定の器を確保するための道具です。

貯金ばかりもいけませんが、ある程度の貯金は必要なのです。

器の大きい人になる方法 その28

  • 必要とされるきさにじて、
    貯金見直
直線コースより回り道コースのほうが、人生は豊かになる。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品