人生の教科書



読み上げ動画・音声

人生気楽きる
30方法

お気に入り43 読んだ
19

だめでもともとえれば、
気楽になれる

たな挑戦をするときに「失敗したらどうしよう」という不安があります。

「成功しなければならない」という前提があるから、不安になるのです。

「成功して当然」と考えているから「もし失敗したらどうしよう」と悩んでしまいます。

もっと気楽に考える方法はないのでしょうか。

「だめでもともと」と考えるのです。

初めから「成功」を前提に考えるのではなく「失敗」を前提に考えてしまえばいい。

「失敗して当然。もし成功すれば儲け物」と気楽に考えます。

すると、今まで足がすくんで行動できなかったことが、行動しやすくなります。

好きな人に告白するときには、あまり難しく真剣に考えすぎないことです。

「100パーセント絶対にOKしてもらわないと!」と意気込んで考えていると、いつまでも行動できません。

それだけ「もし断られたらどうしよう」という不安と恐怖も大きくなり、行動できなくなるからです。

地球には何十億もの人がいます。

その1人に断られても、まだまだほかにもすてきな異性はたくさんいます。

気楽に考えたほうがいい。

  • 「まあ、振られるだろうな。でももしかしたら、OKしてくれるかもしれない。とりあえず告白してみよう」

気楽に考えているほうが、不安と恐怖が少なくなり、行動力が出てきます。

難しく真剣に考えすぎても、行動できません。

「できなくて当然、できれば儲け物」と考えればいいのです。

人生を気楽に生きる方法 その19

  • だめでもともとえて、
    行動する
大切にしているものがだめになったら、もっと素晴らしいものを見つければいい。

もくじ
(人生を気楽に生きる30の方法)

同じカテゴリーの作品