ストレス対策

気楽に人生を生きる
30の方法

60
29

捨てるという行為が、
心の新陳代謝になる。

捨てるという行為が、心の新陳代謝になる。 | 気楽に人生を生きる30の方法

捨てることは、大切に気づくための習慣です。

一度自分から手放すことで、自分にとって本当に必要な物かどうかが、よくわかります。

本当に大切なら、なくなったとき、本当に困ります。

子供が成長して、親元を離れたとき、初めて親のありがたみがわかることと同じです。

自分のそばにあると、距離が近すぎて本当に大切かどうかわかりません。

  • 手放してみる
  • 距離を置く
  • 捨ててみる

こうした行為は、大切なことに気づくための具体的な方法です。

捨てることは、人生で大切なことに気づくためのきっかけです。

当然、ある日、捨ててしまいすぎることがあります。

なくて困ったとき「自分にとって本当に必要だった」と、痛切に感じます。

本の内容をよく理解したため捨てた後、もう一度読みたくなることがあります。

そういうときに、その本の価値に気づきます。

捨ててしまった後に、本当に大切なことに気づき、買い直した経験は、何度もあります。

 

しかし、それで十分に間に合います。

お金が無駄と思えますが、自分の価値観をはっきりさせるために、お金を払っていると考えればいい。

買い直す必要があるものに出会えただけでも、感謝です。

私は、高校卒業後、親元を離れて暮らした経験があります。

親から離れて暮らしたとき、どれだけ親が大切であるかに気づきました。

その気づきが、親への理解を深め、親子関係の改善のきっかけになります。

「いないと困る」という人物は、頭で考えただけではわかりません。

実際に、本当に自分が困る体験をすれば、よくわかります。

物、友達、親など、たくさん捨てて、気づきます。

気づいて、買い直したり、仲直りしたりします。

すると、自分が内側からどんどん変わります。

本当の価値というものに気づき、生まれ変わる感じです。

物なら、捨てる前より大切に扱うようになります。

人なら、喧嘩をする前より、仲がよくなります。

大切な人や物に出会うまで、どんどん捨てていきましょう。

頭で考えることではありません。

実際に自分が困る体験をして、体得することです。

本当に価値のあるものだけに限定すれば、部屋の物は驚くほど少なくなります。

人間関係がシンプルになり、気楽になります。

捨てるという行為は、自分にとって不要なものを取り除き、本当に大切なことに気づくための心の新陳代謝です。

どんどん捨ててしまいます。

捨てすぎれば、買い直せばいい。

最後に残るものは、自分にとって本当に貴重な宝物ばかりになります。

捨てた後、なくて困り、生活に支障が出てくるような、そんな貴重な物に出会うために、どんどん捨てていくのです。

気楽に人生を生きる方法(29)
  • 大切なものに気づくために、捨ててしまう。
「おかげさまで」と感謝すれば、人間関係は必ずよくなる。

もくじ
気楽に人生を生きる30の方法
捨てるという行為が、心の新陳代謝になる。 | 気楽に人生を生きる30の方法

  1. 間違っても大丈夫。
    間違っても大丈夫。
  2. 失敗したときは「いい経験ができたなあ」と声に出そう。
    失敗したときは「いい経験ができたなあ」と声に出そう。
  3. 「一緒」という幸せがある。<br>「1人」という幸せもある。
    「一緒」という幸せがある。
    「1人」という幸せもある。
  4. 自分の言葉を一番聞いているのは、自分。
    自分の言葉を一番聞いているのは、自分。
  5. 学んでから挑戦するのではない。<br>いきなり挑戦をして、失敗から学ぶ。
    学んでから挑戦するのではない。
    いきなり挑戦をして、失敗から学ぶ。
  6. 1つを褒めれば、多くの人たちを褒めることになる。
    1つを褒めれば、多くの人たちを褒めることになる。
  7. 「まあいいか」と肯定すれば、肩の荷が下りる。
    「まあいいか」と肯定すれば、肩の荷が下りる。
  8. 朝食をしっかり食べるから、生活がうまくいく。
    朝食をしっかり食べるから、生活がうまくいく。
  9. おしっこをしたくなったら、すぐトイレに行こう。
    おしっこをしたくなったら、すぐトイレに行こう。
  10. あくび、くしゃみ、おならは、健康的な習慣だ。
    あくび、くしゃみ、おならは、健康的な習慣だ。
  11. かっこ悪いことをしたほうが、かっこいい。
    かっこ悪いことをしたほうが、かっこいい。
  12. 締め切りをなくすと、気楽になれる。
    締め切りをなくすと、気楽になれる。
  13. 気楽に生きる人は、素直に甘えるのが上手。
    気楽に生きる人は、素直に甘えるのが上手。
  14. 人生、何とかなるもの。
    人生、何とかなるもの。
  15. 気楽に生きるとは、だらだらした生活のことではない。
    気楽に生きるとは、だらだらした生活のことではない。
  16. 先に予定を立ててしまう。<br>予定があるから、行動できる。
    先に予定を立ててしまう。
    予定があるから、行動できる。
  17. 午後からの仕事に集中できないのは、昼寝をしていないから。
    午後からの仕事に集中できないのは、昼寝をしていないから。
  18. 敵をつくらず、味方を増やす生き方をしよう。
    敵をつくらず、味方を増やす生き方をしよう。
  19. 「ダメでもともと」と考えれば、気楽になれる。
    「ダメでもともと」と考えれば、気楽になれる。
  20. 大切にしているものがダメになったら、もっと素晴らしいものを見つければいい。
    大切にしているものがダメになったら、もっと素晴らしいものを見つければいい。
  21. 哲学のある人は、1人の時間が多い。<br>1人になるから哲学ができる。
    哲学のある人は、1人の時間が多い。
    1人になるから哲学ができる。
  22. 酸性とアルカリ性が混ざり合うと、中性になる。
    酸性とアルカリ性が混ざり合うと、中性になる。
  23. みんなと違っていても、大丈夫。
    みんなと違っていても、大丈夫。
  24. 戦争が起こる理由はばらばらだからではない。<br>1つに統一させようとしているから。
    戦争が起こる理由はばらばらだからではない。
    1つに統一させようとしているから。
  25. 正直が、気楽に生きるコツ。
    正直が、気楽に生きるコツ。
  26. 失敗しても、笑ってごまかせばいい。
    失敗しても、笑ってごまかせばいい。
  27. つまらない仕事を、知恵と工夫で面白く変えよう。
    つまらない仕事を、知恵と工夫で面白く変えよう。
  28. 気楽になるコツは、捨てること。
    気楽になるコツは、捨てること。
  29. 捨てるという行為が、心の新陳代謝になる。
    捨てるという行為が、心の新陳代謝になる。
  30. 「おかげさまで」と感謝すれば、人間関係は必ずよくなる。
    「おかげさまで」と感謝すれば、人間関係は必ずよくなる。

同じカテゴリーの作品