人生の教科書



読み上げ動画・音声
言葉
「すみません」
スキル
心に突き刺さる言葉を言ってくれる人は、神様。
気力
仲間がいると、自信がつく。
暮らし
「最近、調子はどう?」という一言で、友達は救われる。
自分磨き
本当の友達を、勘違いしていませんか。
ダイエット
ダイエットを他人に宣言すると、成功しやすくなる。

気楽人生きる
30方法

お気に入り16 読んだ
25

正直が、
気楽きるコツ

さいなときに、私たちは軽く嘘をつくことがあります。

ちょっとかっこつけたり、話を流そうとしたりするときです。

小さな嘘のほうが、話をごまかすことができ、気楽だと思われます。

 

しかし、嘘をついていると、だんだん問題が増え、気楽ではなくなります。

 

たとえば、すごいと思われたいから「毎日、新聞を読んでいる」という嘘をついてしまったとします。

 

しかし、友達から「へえ、経済に詳しいんだ」と褒められます。

友達から褒められ、今さら嘘とは言いづらくなり「まあ、ある程度はね」と、また嘘をついてしまいます。

 

しかし、そのうち友達から「政治経済に疎いから、教えてほしい」と言われたときに、言い返せなくなります。

嘘は、ばれたときのほうが恥ずかしいです。

恥をかくばかりでなく、友達からの信用も失います。

正直になることこそ、気楽に生きるコツです。

新聞を読んでいなければ正直に「読んでいない」と言ったほうがいい。

見栄を張るから、後からばれて、恥ずかしい思いをします。

人からは「教養のために読んだほうがいい」「だから話が合わないんだね」など、小言を言われることでしょう。

 

しかし、長期で見て、正直になったほうが、気楽になれます。

自分が分からないという前提ですから「教えてよ」と言いやすくなります。

そのほうが、気楽です。

ちなみに私は、アメリカに約4年間、留学した経験があります。

この話をすると「英語は流暢ですか」と聞かれるのですが「全然だめです」と正直に答えるようにしています。

留学したのは本当の話ですが、日本人と行動していたので、英語があまり上達しませんでした。

初めに正直な発言をしたほうが、初めは恥ずかしいですが、気楽になれます。

翻訳や通訳をお願いされるという、煩わしさからも開放されるのです。

気楽に人生を生きる方法 その25

  • 正直発言する
失敗しても、笑ってごまかせばいい。

もくじ
(気楽に人生を生きる30の方法)

同じカテゴリーの作品