人生の教科書



読み上げ動画・音声
ストレス対策
「一緒」という幸せがある。
「1人」という幸せもある。
会話
1日1回は、誰かを褒めよう。
同棲
挨拶とは、相手の存在を認めること。
挨拶なくして円滑な関係はあり得ない。
ストレス対策
正直が、気楽に生きるコツ。

人生気楽きる
30方法

お気に入り9 読んだ
6

1つをめれば、
くのたちをめることになる

いね」という言葉は、気楽に生きるための言葉です。

いいねという言葉は、肯定する言葉だからです。

前向きで受け入れる言葉は、聞いていても元気になります。

とげがなく、聞き入れやすく、ストレスの少ない言葉ですね。

私はある日、友達から服を褒められました。

  • 「この服、いいね!」

自分の服を認めてくれたことに、嬉しくなりました。

友達は服だけを褒めてくれたのですが、実際は同時にたくさんの人を褒めたことになります。

服を褒めるということは、その服を選んだという私のセンスを褒めたことになります。

「この服、いいね」という言葉は「この服を選んだ貴博君のセンスはいいよ」ということです。

私という存在を肯定してくれたということです。

その服をデザインした人、作った人、売っている人など、背景に存在するすべての人たち全員を褒めることになります。

1つの褒め言葉は、同時にたくさんの人を褒めることになるのです。

1人を褒めれば、多くの人たちを褒めることになります。

褒めた一言は、波及して、大きな影響力を持つのです。

たくさんの人を褒めるために、何度も、褒め言葉を言う必要はありません。

1つのことを褒めれば、同時に多くの人を褒めたことになるのです。

人生を気楽に生きる方法 その6

  • くのめるために、
    まず1つ、
    める
「まあいいか」と肯定すれば、肩の荷が下りる。

もくじ
(人生を気楽に生きる30の方法)

同じカテゴリーの作品