人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
住まい
「誰かにあげることができないか」と、考えてみる。
生き方
1人になったときの自分が、本当の個性。
ストレス対策
1つを褒めれば、多くの人たちを褒めることになる。
告白
あなたの魅力は「1人の時間」から生まれる。
才能
孤独も、大切な環境。
住まい
本当にきれいな部屋には、においがない。

気楽に人生を生きる
30の方法

お気に入り35 読んだ
3

「一緒」という幸せがある。
「1人」という幸せもある。

「一緒」という幸せがある。「1人」という幸せもある。 | 気楽に人生を生きる30の方法

  • 「みんなと一緒にいたい」

  • 「1人になりたい」

どちらも、時と場合に応じて変わります。

どちらが正しいということではありません。

どちらも正解です。

両方の状態を楽しめるように、気楽に考えていいのです。

みんなと一緒にいるときには「一緒」という幸せを楽しみましょう。

1人でいるときには「1人」という幸せを楽しみましょう。

 

たとえば、寂しがり屋の人は、みんなと一緒に行動したがります。

1人になると不安になります。

つい、無理をして用事もないのに友達に電話をかけてしまいます。

もし、1人になったら、そのときの状態に素直になります。

1人になったときには、1人にならないとできないことをしましょう。

  • 「本を読む時間ができた」

  • 「お料理を作る時間ができた」

  • 「自分と向き合う時間ができた」

無理をして友達と連絡を取り合う必要はありません。

自然と1人になってしまったら、自然のままに任せて、1人だからこそできることをすればいい。

1人になったときには「1人」の幸せを楽しみましょう。

また1人になりたくても、みんなと一緒でなければいけないときがあります。

 

たとえば、会社で仕事をしているときには、1人で勝手に仕事を進めるわけにはいきません。

周りの人たちとコミュニケーションを取りながら、仕事を進めていかなければなりません。

そういうときに「1人になりたいなあ」と考えるのではありません。

「みんなと一緒だから仕事がはかどる。心強い」と考えます。

みんなと一緒にいるときには「一緒に」という幸せを楽しみましょう。

どちらにしろ考え方しだいです。

「なければならない」という考え方をやめましょう。

自然のままに任せて、そのときの状態、状況を生かせばいいのです。

気楽に人生を生きる方法 その3

  • そのときの状態、
    状況を、
    生かす。
自分の言葉を一番聞いているのは、自分。

もくじ
(気楽に人生を生きる30の方法)

同じカテゴリーの作品