ストレス対策

気楽に人生を生きる
30の方法

お気に入り11 読んだ
22

酸性とアルカリ性が混ざり合うと、
中性になる。

酸性とアルカリ性が混ざり合うと、中性になる。 | 気楽に人生を生きる30の方法

恋愛のお付き合いには、次の2種類があるといわれます。

  1. 自分とそっくりな人と付き合う
  1. 自分と正反対の人と付き合う

自分とそっくりな人と結ばれやすいというのは、理由はすぐ分かることでしょう。

話や趣味が合うので、仲がよくなります。

仲良くなりやすければ、恋愛にも発展しやすいということです。

誰でもすぐ理解できますね。

 

しかし、理解が難しいのは(2)です。

自分と正反対の人同士がなぜ結ばれるのか、理解できるでしょうか。

実は、私が今付き合っている女性は(2)の「自分とは正反対」の人です。

私はスピード重視ですが、彼女はスロー重視です。

私は「質より速さを重視」ですが、彼女は「速さより質を重視」します。

話の内容も、かなり食い違うことがあります。

趣味も、全然合いません。

意見が対立したり、揉めたりすることはよくあります。

 

しかし、それでも、すでに4年以上関係が続いています。

よく別れないなと、われながら驚きます。

私は以前「自分とは正反対」の人と付き合う理由が理解できませんでした。

 

しかし、実際に今、自分が「正反対の人と付き合う」という状態になり、その理由がようやく分かるようになりました。

正反対だから、ちょうど合うのです。

私が、スピード重視しすぎるところを、彼女のスロー重視のおかげで、ちょうど普通になっています。

私だけだと速すぎるし、彼女だけだと遅すぎます。

 

しかし、2人が一緒になると、ちょうどいい具合になるのです。

私は約束の時間より早く到着しますが、彼女はよく遅刻をしてやってきます。

それで、よく喧嘩をします。

 

しかし「まあいいか」と、最後は落ち着きます。

酸性とアルカリ性を混ぜれば、ちょうど中性になります。

その状態です。

酸性部分とアルカリ性部分を、お互いに中和し合っているからこそ、結ばれるのです。

正反対のはずですが、一緒にいると気楽です。

中和しているのでしょう。

私は昔、占い師に人生を見てもらったとき「あなたは火が強すぎる」と言われました。

「火が強いから、水や緑を求めなさい」と言われたことがあり、何のことかよく分かりませんでした。

 

しかし、だんだん、その言葉の意味が分かるようになってきました。

自分と同じ人と付き合っていると、自分と一緒ですから、もちろん結ばれやすくなります。

 

しかし、同じ性質であるために、少々蒸し暑く感じます。

火に油を注ぐような感じです。

さらに火は大きくなりますが、大きくなりすぎても火事になります。

 

しかし、(2)はそもそも自分とは正反対の人ですから、学ぶことがたくさんあります。

お湯に氷を入れれば、ちょうどいい温度になる感じです。

一緒にいて気楽になれる人は、自分とは正反対だからです。

話が合わないからこそ、たくさんの学びや発見があります。

私が熱くなりすぎているところを、彼女がうまい具合に、冷やしてくれている気がします。

まとめ

気楽に人生を生きる方法 その22
  • 正反対の人を、求める。
みんなと違っていても、大丈夫。

もくじ
気楽に人生を生きる30の方法
酸性とアルカリ性が混ざり合うと、中性になる。 | 気楽に人生を生きる30の方法

  1. 間違っても大丈夫。
  2. 失敗したときは「いい経験ができたなあ」と声に出そう。
  3. 「一緒」という幸せがある。
    「1人」という幸せもある。
  4. 自分の言葉を一番聞いているのは、自分。
  5. 学んでから挑戦するのではない。
    いきなり挑戦をして、失敗から学ぶ。
  6. 1つを褒めれば、多くの人たちを褒めることになる。
  7. 「まあいいか」と肯定すれば、肩の荷が下りる。
  8. 朝食をしっかり食べるから、生活がうまくいく。
  9. おしっこをしたくなったら、すぐトイレに行こう。
  10. あくび、くしゃみ、おならは、健康的な習慣だ。
  11. かっこ悪いことをしたほうが、かっこいい。
  12. 締め切りをなくすと、気楽になれる。
  13. 気楽に生きる人は、素直に甘えるのが上手。
  14. 人生、何とかなるもの。
  15. 気楽に生きるとは、だらだらした生活のことではない。
  16. 先に予定を立ててしまう。
    予定があるから、行動できる。
  17. 午後からの仕事に集中できないのは、昼寝をしていないから。
  18. 敵をつくらず、味方を増やす生き方をしよう。
  19. 「ダメでもともと」と考えれば、気楽になれる。
  20. 大切にしているものがダメになったら、もっと素晴らしいものを見つければいい。
  21. 哲学のある人は、1人の時間が多い。
    1人になるから哲学ができる。
  22. 酸性とアルカリ性が混ざり合うと、中性になる。
  23. みんなと違っていても、大丈夫。
  24. 戦争が起こる理由はばらばらだからではない。
    1つに統一させようとしているから。
  25. 正直が、気楽に生きるコツ。
  26. 失敗しても、笑ってごまかせばいい。
  27. つまらない仕事を、知恵と工夫で面白く変えよう。
  28. 気楽になるコツは、捨てること。
  29. 捨てるという行為が、心の新陳代謝になる。
  30. 「おかげさまで」と感謝すれば、人間関係は必ずよくなる。

同じカテゴリーの作品