自分の限界を超える
30の方法

1
14

あなたには
「人生の暗黒時代」がありますか。

あなたには「人生の暗黒時代」がありますか。 | 自分の限界を超える30の方法

「人生の暗黒時代」とは何か。

  • 思い出したくないほどつらかった時期
  • 不幸なことがあって、途方に暮れていた時期
  • 夢も希望も失って、暗闇をさまよっていた時期
  • 何も行動せず、非生産的で、自堕落な生活を送っていた時期
  • 生きているにもかかわらず、死んでいたような日々を過ごしていた時期

こうした一定時期のことを「人生の暗黒時代」と呼びます。

命はあっても心は死んでいて、暗い闇の中にいるような時期ということです。

人生の暗黒時代とは「パワーをため込む時期」

あなたには「人生の暗黒時代」がありますか。

人生の暗黒時代があれば「振り返りたくない」「思い出したくない」「忘れてしまいたい」というのが正直なところでしょう。

「過去から消し去りたい」という人もいるかもしれません。

常にフラストレーションがたまっていて、もんもんとした日々でしょう。

自分にとって惨めな時期であり、自分が壊れそうな時期でもあったはずです。

「過去を消せる消しゴムがあればいいのに!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、暗黒時代は、悪いものとは限りません。

人生の暗黒時代とは「パワーをため込む時期」だからです。

人生の暗黒時代があるからこそ、大きく飛躍できる

つらいことを経験しているとき、表向きの結果はなくても、知らず知らずのうちにパワーをため込んでいます。

「もう二度とあんな経験はしたくない!」

そう思うとき、私たちはすさまじいパワーを発揮します。

人生の暗黒時代のない人は、なかなか成長しません。

楽しいことばかりでは、かえって人生は薄っぺらくなります。

暗黒時代を経験することで「人生の光と陰」を知ることができます。

真剣に生き方を考えるようになります。

絶望の谷にいると、小さな光もよく見えます。

暗黒時代があるからこそ、光の素晴らしさを実感できる。

当たり前の素晴らしさに気づき、小さな幸せにも喜びを感じ、感謝できるようになります。

人生の暗黒時代を経験することで、パワーに変わるのです。

飛躍を遂げた成功者がいれば、その人の過去に注目してください。

「暗黒時代を経験している」という共通点があるはずです。

成功するためには、人生の暗黒時代が必要です。

暗黒時代があるからこそ、その経験がパワーを生み出し、大きく飛躍できるのです。

人生の暗黒時代は、ないよりあったほうがいいもの

「人生の暗黒時代なんてないほうがいい」

そう思うかもしれませんが、逆です。

人生の暗黒時代は、ないよりあったほうがいいものです。

不運と不幸の嵐が吹き荒れていても、それもまた人生の大事な1ページです。

抜け殻のようになっていても、死にそうなほどつらくても、後からパワーに変わります。

人生の暗黒時代とは、いわば人生の赤字です。

「人生の赤字部分だから、ほかのところで黒字にしよう」と前向きに頑張れます。

「挽回したい」「損を取り返したい」という気持ちがあるから、底力が湧いて頑張れるのです。

人生の暗黒時代は、いずれ勲章に変わる。

もしあなたが今、暗黒時代の真っ最中なら、今のうちにたっぷり闇を経験しておきましょう。

月食の曇りの晩に停電したよりも、真っ暗な闇を経験しておくことです。

真っ暗な中にいても、前向きな気持ちだけは持ち続けましょう。

過ぎ去ることのない嵐がないように、過ぎ去ることのない暗黒時代もありません。

夢も希望も失って途方に暮れていても、前向きな気持ちさえ持ち続けていれば、いずれ暗闇から抜け出せます。

そして、真っ暗であればあるほど、後からその経験がパワーに変わるのです。

もし人生の暗黒時代を乗り越えたときは、両手を挙げて喜んでください。

「暗黒時代を乗り越えた」という実績ができたからです。

人生の暗黒時代は、いずれ勲章に変わるのです。

自分の限界を超える方法(1)
  • 人生の暗黒時代を生かして、パワーに変える。
ぶつぶつ独り言を言う人にも、それなりの事情がある。

自分の限界を超える30の方法
自分の限界を超える30の方法

  1. あなたには「人生の暗黒時代」がありますか。
    あなたには「人生の暗黒時代」がありますか。
  2. ぶつぶつ独り言を言う人にも、それなりの事情がある。
    ぶつぶつ独り言を言う人にも、それなりの事情がある。
  3. 顔を上げるだけで、元気が出る。
    顔を上げるだけで、元気が出る。
  4. 身体能力に限界はあっても、行動には限界がない。
    身体能力に限界はあっても、行動には限界がない。
  5. 何者かになりたいなら、1つの道を究めないといけない。
    何者かになりたいなら、1つの道を究めないといけない。
  6. 限界の多くは、思い込み。
    限界の多くは、思い込み。
  7. 「あの人は嫌いだけど、○○は尊敬している」
    「あの人は嫌いだけど、○○は尊敬している」
  8. 大変な時期を一緒に過ごした人が、大切な友人になる。
    大変な時期を一緒に過ごした人が、大切な友人になる。
  9. タクシーがつかまらないくらいで、いらいらしない。
    タクシーがつかまらないくらいで、いらいらしない。
  10. ぼろぼろの財布を使っていると、お金から嫌われる。<br>きれいな財布を使っていると、お金から愛される。
    ぼろぼろの財布を使っていると、お金から嫌われる。
    きれいな財布を使っていると、お金から愛される。
  11. 間違ったことを教わっても、その人を恨まない。
    間違ったことを教わっても、その人を恨まない。
  12. 我慢には限界がある。<br>楽しみには限界がない。
    我慢には限界がある。
    楽しみには限界がない。
  13. 休憩は、したほうがいいものではなく、しなければいけないもの。
    休憩は、したほうがいいものではなく、しなければいけないもの。
  14. 悪口を運ぶ人には、不運と不幸が運ばれる。<br>褒め言葉を運ぶ人には、幸運と幸福が運ばれる。
    悪口を運ぶ人には、不運と不幸が運ばれる。
    褒め言葉を運ぶ人には、幸運と幸福が運ばれる。
  15. 憧れの人は、あなたの成長の限界。<br>できるだけ高く設定しておくほうがいい。
    憧れの人は、あなたの成長の限界。
    できるだけ高く設定しておくほうがいい。
  16. 「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。<br>「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
    「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。
    「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
  17. 誰も応援しない人は、誰からも応援されない。
    誰も応援しない人は、誰からも応援されない。
  18. チャンスの少ない場所では、なかなかチャンスが得られない。<br>チャンスの多い場所に行くから、チャンスに恵まれる。
    チャンスの少ない場所では、なかなかチャンスが得られない。
    チャンスの多い場所に行くから、チャンスに恵まれる。
  19. 仕事のできる人になるには、結論から話をする癖が必要不可欠。
    仕事のできる人になるには、結論から話をする癖が必要不可欠。
  20. 差が生まれるのは、100で十分の仕事を101まで仕上げるとき、
    差が生まれるのは、100で十分の仕事を101まで仕上げるとき、
  21. 最大の油断は、最高の仕事ができた直後にやってくる。
    最大の油断は、最高の仕事ができた直後にやってくる。
  22. 「限界」という言葉を口にするから、限界ができる。
    「限界」という言葉を口にするから、限界ができる。
  23. 「限界」という言葉は、人生には不要。
    「限界」という言葉は、人生には不要。
  24. マンネリは、サプライズをするベストタイミング。
    マンネリは、サプライズをするベストタイミング。
  25. 限界を超えたいなら、逃げ道をなくせ。
    限界を超えたいなら、逃げ道をなくせ。
  26. 細部にこだわるのは、本気になっている証拠。<br>細部を手抜きするのは、まだ本気になっていない証拠。
    細部にこだわるのは、本気になっている証拠。
    細部を手抜きするのは、まだ本気になっていない証拠。
  27. 「ありがとうございます」と言われる仕事で満足しない。<br>「本当にありがとうございます」と言われる仕事を目指す。
    「ありがとうございます」と言われる仕事で満足しない。
    「本当にありがとうございます」と言われる仕事を目指す。
  28. 夢を叶えられなかった人をばかにしてはいけない。<br>何も挑戦しないで生きた人生より、何かに挑戦した人生のほうが貴い。
    夢を叶えられなかった人をばかにしてはいけない。
    何も挑戦しないで生きた人生より、何かに挑戦した人生のほうが貴い。
  29. 「わからないので教えてください」と聞く前に、もう少し粘ってみる。
    「わからないので教えてください」と聞く前に、もう少し粘ってみる。
  30. 批判に批判で返すのは、子供の対応。<br>批判に感謝で返すのが、大人の対応。
    批判に批判で返すのは、子供の対応。
    批判に感謝で返すのが、大人の対応。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION