自分の限界を超える
30の方法

26
5

細部にこだわるのは、
本気になっている証拠。
細部を手抜きするのは、
まだ本気になっていない証拠。

細部にこだわるのは、本気になっている証拠。細部を手抜きするのは、まだ本気になっていない証拠。 | 自分の限界を超える30の方法

本気になっているかどうか。

それがわかるポイントの1つは「細部に対する態度」です。

「細部なんてどうでもいい」

「細部だから手抜きをしよう」

「細かいところなんて誰も見ていない。気づかれることもないだろう」

細部に対する意識が低く、軽視したくなることもあるでしょう。

もちろん厳しい制限があって、やむを得ない場合があるなら別です。

細部にこだわりたくても、予算や時間の都合で難しいこともあるでしょう。

重視したくても、避けられない事情があって、できない場面もあるはずです。

しかし、特別な制限があるわけでもなく、普段から細部を手抜きしているなら話は別です。

もし普段から細部に対する手抜きが当たり前に行われているなら、残念ですが、まだ本気になっていない証拠です。

細部を手抜きするのは、本気になっていない典型パターンの1つ。

嫌なことは少しでも楽をしたいので、自然と手抜きをしたくなります。

本気になっていない人は、細部にこだわるどころか、ばれない程度に手抜きをしようと考えます。

人が見ているときには頑張りますが、人が見ていないときにはサボります。

楽をすることばかり考えていて、質を上げるための工夫は考えません。

そのため、仕事の品質が低くなり、よい結果も出せないのです。

では、本気になっている人はどんな対応をするのか。

本気になっていれば、必ず細部にこだわりたくなります。

仕事であれ、スポーツであれ、芸術であれ、本気になっていれば、細部こそ本領を発揮するポイントです。

「素晴らしい成果を挙げたい!」

「きちんとしたものを仕上げたい!」

本当にそう思うのなら、必ず細部に注目します。

「そんなことしても意味がないよ」と周りから冷やかされても、仕事へのプライドが許しません。

細かいところだからこそ、こだわりたくなります。

仕事に対する真剣で誠実な態度であり、プロとしてあるべき姿。

プラスアルファの工夫を心がけ、常に改善と改革を意識しています。

たとえ人に気づかれなくても、自分の使命として責任を全うしたくなります。

あなたが今している仕事は、細部にこだわっているでしょうか。

自分が本気になっているかどうかがわかる、客観的指標の1つです。

細部だから、手抜きをするのではありません。

細部だからこそ、こだわりましょう。

細部は、あなたの価値観が反映されるところなのです。

自分の限界を超える方法(26)
  • 本気になっているなら、細部こそこだわる。
「ありがとうございます」と言われる仕事で満足しない。
「本当にありがとうございます」と言われる仕事を目指す。

自分の限界を超える30の方法
自分の限界を超える30の方法

  1. あなたには「人生の暗黒時代」がありますか。
    あなたには「人生の暗黒時代」がありますか。
  2. ぶつぶつ独り言を言う人にも、それなりの事情がある。
    ぶつぶつ独り言を言う人にも、それなりの事情がある。
  3. 顔を上げるだけで、元気が出る。
    顔を上げるだけで、元気が出る。
  4. 身体能力に限界はあっても、行動には限界がない。
    身体能力に限界はあっても、行動には限界がない。
  5. 何者かになりたいなら、1つの道を究めないといけない。
    何者かになりたいなら、1つの道を究めないといけない。
  6. 限界の多くは、思い込み。
    限界の多くは、思い込み。
  7. 「あの人は嫌いだけど、○○は尊敬している」
    「あの人は嫌いだけど、○○は尊敬している」
  8. 大変な時期を一緒に過ごした人が、大切な友人になる。
    大変な時期を一緒に過ごした人が、大切な友人になる。
  9. タクシーがつかまらないくらいで、いらいらしない。
    タクシーがつかまらないくらいで、いらいらしない。
  10. ぼろぼろの財布を使っていると、お金から嫌われる。<br>きれいな財布を使っていると、お金から愛される。
    ぼろぼろの財布を使っていると、お金から嫌われる。
    きれいな財布を使っていると、お金から愛される。
  11. 間違ったことを教わっても、その人を恨まない。
    間違ったことを教わっても、その人を恨まない。
  12. 我慢には限界がある。<br>楽しみには限界がない。
    我慢には限界がある。
    楽しみには限界がない。
  13. 休憩は、したほうがいいものではなく、しなければいけないもの。
    休憩は、したほうがいいものではなく、しなければいけないもの。
  14. 悪口を運ぶ人には、不運と不幸が運ばれる。<br>褒め言葉を運ぶ人には、幸運と幸福が運ばれる。
    悪口を運ぶ人には、不運と不幸が運ばれる。
    褒め言葉を運ぶ人には、幸運と幸福が運ばれる。
  15. 憧れの人は、あなたの成長の限界。<br>できるだけ高く設定しておくほうがいい。
    憧れの人は、あなたの成長の限界。
    できるだけ高く設定しておくほうがいい。
  16. 「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。<br>「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
    「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。
    「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
  17. 誰も応援しない人は、誰からも応援されない。
    誰も応援しない人は、誰からも応援されない。
  18. チャンスの少ない場所では、なかなかチャンスが得られない。<br>チャンスの多い場所に行くから、チャンスに恵まれる。
    チャンスの少ない場所では、なかなかチャンスが得られない。
    チャンスの多い場所に行くから、チャンスに恵まれる。
  19. 仕事のできる人になるには、結論から話をする癖が必要不可欠。
    仕事のできる人になるには、結論から話をする癖が必要不可欠。
  20. 差が生まれるのは、100で十分の仕事を101まで仕上げるとき、
    差が生まれるのは、100で十分の仕事を101まで仕上げるとき、
  21. 最大の油断は、最高の仕事ができた直後にやってくる。
    最大の油断は、最高の仕事ができた直後にやってくる。
  22. 「限界」という言葉を口にするから、限界ができる。
    「限界」という言葉を口にするから、限界ができる。
  23. 「限界」という言葉は、人生には不要。
    「限界」という言葉は、人生には不要。
  24. マンネリは、サプライズをするベストタイミング。
    マンネリは、サプライズをするベストタイミング。
  25. 限界を超えたいなら、逃げ道をなくせ。
    限界を超えたいなら、逃げ道をなくせ。
  26. 細部にこだわるのは、本気になっている証拠。<br>細部を手抜きするのは、まだ本気になっていない証拠。
    細部にこだわるのは、本気になっている証拠。
    細部を手抜きするのは、まだ本気になっていない証拠。
  27. 「ありがとうございます」と言われる仕事で満足しない。<br>「本当にありがとうございます」と言われる仕事を目指す。
    「ありがとうございます」と言われる仕事で満足しない。
    「本当にありがとうございます」と言われる仕事を目指す。
  28. 夢を叶えられなかった人をばかにしてはいけない。<br>何も挑戦しないで生きた人生より、何かに挑戦した人生のほうが貴い。
    夢を叶えられなかった人をばかにしてはいけない。
    何も挑戦しないで生きた人生より、何かに挑戦した人生のほうが貴い。
  29. 「わからないので教えてください」と聞く前に、もう少し粘ってみる。
    「わからないので教えてください」と聞く前に、もう少し粘ってみる。
  30. 批判に批判で返すのは、子供の対応。<br>批判に感謝で返すのが、大人の対応。
    批判に批判で返すのは、子供の対応。
    批判に感謝で返すのが、大人の対応。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION