執筆者:水口貴博

食の喜びと感動を増やす
30の言葉

30
0

食べるという行為は、
生きているうちしかできない。
「これが人生最後の食事」と思えば、
どんな食事でも感慨深くなる。

食べるという行為は、生きているうちしかできない。「これが人生最後の食事」と思えば、どんな食事でも感慨深くなる。 | 食の喜びと感動を増やす30の言葉

食べるという行為は、生きているうちしかできません。

当たり前のことですが、この素晴らしさに気づくことが大切です。

食べるという行為は毎日行うことであり、まったく普通で日常的なことです。

あふれた感覚があると、なかなか食べる素晴らしさに気づくのは難しいもの。

どうすれば、食べる素晴らしさに気づけるのか。

ここで、ぜひあなたに試してみてほしいことがあります。

「これが人生最後の食事」と思いながら食べることです。

「これが人生最後の食事」と思いながら食べると、必ず感じ方が変わる

とある事情があって、あなたは余命が半日の状況だとします。

あと数時間後に死ぬことがわかっています。

延命治療はできず、避けようのない状況です。

目の前にあるのは、人生最後の食事です。

そういう状況を思い浮かべてみてください。

なかなか難しいかもしれませんが、あくまで想像でいいのでイメージしてみてください。

できるだけ本気で思い込んでみることが大切です。

すると、いつもと違った感覚になるでしょう。

「ああ、これが人生最後の食事なのだね。なんていとおしいのだろう。じっくり味わって食べよう」

目の前の食事が貴重なものに感じるでしょう。

平凡な食事が美しく感じるでしょう。

一口一口をじっくり味わって食べようと思うでしょう。

普通の味が、とてもおいしく感じるでしょう。

普段何気なく食べている食事でも、言葉では言い表せないほど感動して、涙腺が緩くなるはずです。

人生最後の食事と思えば、どんな食事でも感慨深くなります。

食べることができるのも生きているうち

死んでしまえば、もう食事をしたくてもできません。

食べることはもちろん、味わうこともできなくなります。

おいしいと感じることができなくなります。

甘味・塩味・酸味・苦味・うま味・脂肪味のすべての味覚が感じられなくなります。

そもそも食べること自体が不可能になります。

食べることができるのも生きているうちです。

期間限定なのです。

食の感謝をして、しすぎることはない

あなたは今、何気なく食べているかもしれません。

それは生きているからできることです。

平凡で当たり前のことですが「期間限定の楽しみ」です。

食事を楽しめるのは、生きているうちだからできること。

食の感謝を忘れかけたとき「これが人生最後の食事」と思いながら食べてください。

忘れかけていた食への感謝を思い出せます。

どんな食事でも感慨深くなります。

食の感謝をして、しすぎることはありません。

食の喜びと感動を増やす言葉(30)
  • 「これが人生最後の食事」と考え、食べることの素晴らしさを実感する。
まとめ

食の喜びと感動を増やす30の言葉
食の喜びと感動を増やす30の言葉

  1. 幸せな人は、おいしさの幅が広い。
    幸せな人は、おいしさの幅が広い。
  2. 食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。
    食の感動体験は、やってくるものではなく、出会いに行くもの。
  3. 食欲があることは、素晴らしいこと。
    食欲があることは、素晴らしいこと。
  4. とてもおいしいときだけ喜ぶのではない。<br>ちょっとおいしいときもきちんと喜ぼう。
    とてもおいしいときだけ喜ぶのではない。
    ちょっとおいしいときもきちんと喜ぼう。
  5. 食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。<br>食費にお金をかけることは、自分のため。
    食費を削りすぎると、不幸な結果を招く。
    食費にお金をかけることは、自分のため。
  6. お店に入るのに理由はいらない。<br>「なんとなく」でいい。
    お店に入るのに理由はいらない。
    「なんとなく」でいい。
  7. 私たちは、歴史を食べている。
    私たちは、歴史を食べている。
  8. 下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。
    下を向いて歩く癖のある人は、新しいお店を見つけられない。
  9. 間食とはいえ、れっきとした食事の1つ。<br>量は少なくても、じっくり味わう。
    間食とはいえ、れっきとした食事の1つ。
    量は少なくても、じっくり味わう。
  10. おいしいものを見つけただけで「運命」を感じていい。
    おいしいものを見つけただけで「運命」を感じていい。
  11. カレンダーに外食の予定を書くと、未来が輝いて見えるようになる。
    カレンダーに外食の予定を書くと、未来が輝いて見えるようになる。
  12. 今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。
    今日の夕食は外食と決めれば、今すぐやる気が爆発する。
  13. 新しいお店は、自宅の近所にある。
    新しいお店は、自宅の近所にある。
  14. 未開のお店に誘われたら「行く!」と即答する人が、チャンスをつかむ。
    未開のお店に誘われたら「行く!」と即答する人が、チャンスをつかむ。
  15. おいしそうに食べるだけで、世界の幸せに貢献できる。
    おいしそうに食べるだけで、世界の幸せに貢献できる。
  16. おいしいお店を見つけるのも、才能。
    おいしいお店を見つけるのも、才能。
  17. 「○○風」とつけば、もはや違った食べ物と考えていい。
    「○○風」とつけば、もはや違った食べ物と考えていい。
  18. 食べるのが遅いのは、幸せなことである。
    食べるのが遅いのは、幸せなことである。
  19. 人気店・有名店を否定しない。
    人気店・有名店を否定しない。
  20. 食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
    食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
  21. 地球上にある全種類の食べ物を食べるつもりになる。
    地球上にある全種類の食べ物を食べるつもりになる。
  22. 「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。
    「まずい、まずい」と騒ぐのは、その食べ物に失礼だ。
  23. まずくても、いらいらしない。<br>「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。
    まずくても、いらいらしない。
    「まだ味覚が育っていないだけ」と、どっしり構えていればいい。
  24. 年のせいで脂っこいものが苦手になっても大丈夫。<br>少量の範囲で楽しめばいい。
    年のせいで脂っこいものが苦手になっても大丈夫。
    少量の範囲で楽しめばいい。
  25. お店は今日もあなたを呼んでいる。<br>「おいで、おいで」という声に気づこう。
    お店は今日もあなたを呼んでいる。
    「おいで、おいで」という声に気づこう。
  26. おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。
    おいしいものを食べて感動することがあるなら、まずいものを食べて感動することもあっていいはずだ。
  27. クローシュは、自分で開けないのがマナー。<br>お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。
    クローシュは、自分で開けないのがマナー。
    お店の人が開けて「わあっ!」となるのが演出。
  28. 「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。
    「食べるのが趣味」という人に、不幸な人はいない。
  29. 全額負担の順番は交互でなくていい。<br>最終的に貸し借りのバランスが整えばいい。
    全額負担の順番は交互でなくていい。
    最終的に貸し借りのバランスが整えばいい。
  30. 食べるという行為は、生きているうちしかできない。<br>「これが人生最後の食事」と思えば、どんな食事でも感慨深くなる。
    食べるという行為は、生きているうちしかできない。
    「これが人生最後の食事」と思えば、どんな食事でも感慨深くなる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION