楽に生きる
30の方法

4
7

できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。

できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。 | 楽に生きる30の方法

あなたは今、どのくらいタイムプレッシャーを感じていますか。

楽に生きるには、さまざまなストレスを減らしていくことが大切です。

ストレスにはさまざまな種類がありますが、中でも着手しやすいストレス対策は「時間」に関するストレスでしょう。

すなわち、タイムプレッシャーです。

人間関係のストレスは、自分でコントロールしにくい部分もありますが、タイムプレッシャーは違います。

タイムプレッシャーは、あくまで時間の使い方がポイントなので、ある程度自分のコントロールで改善が可能です。

もちろんタイムプレッシャーが必要な場面もあります。

金銭が伴うビジネスでは、納期や締め切りなど守らなければいけません。

大事な試験や試合では、本番までの残り時間を意識しなければいけないでしょう。

また時間に追われる生活は、気合を入れてモチベーションを高める効果があります。

大切な試験を控えているなら、試験日を意識しながら勉強することで、やる気が高まってスピードも出るでしょう。

しかし、どんなタイムプレッシャーも、長く続くと心身に悪影響が出てきます。

余計なストレスがかかりすぎてしまい、心や体に深刻なダメージを与え、精神的な病を引き起こすこともあります。

そのため、楽に生きるためには、生活の中から余計なタイムプレッシャーをできるだけ減らしていくことが大切です。

タイムプレッシャーを減らす工夫は、身近にあります。

たとえば、朝の出勤です。

学生であれば通学であり、社会人であれば出勤です。

時間ぎりぎりの生活習慣を送っていませんか。

時間がないとばたばた慌ててしまい、余裕のない生活になってしまいます。

スポーツでかく汗は気持ちいいですが、焦りでかく汗は気持ち悪い。

余裕がないと、朝食の時間が減ったり忘れ物をしたり途中で事故に遭ったりするなど、よいことはありません。

起床時間を少し早めて、朝の生活に時間的な余裕を作れば、タイムプレッシャーで苦しまずに済みます。

朝が眠いなら、早めの就寝を心がけるといいでしょう。

ほんの10分早く起きるだけでいいのです。

夜は誘惑の多い時間帯ですが、夜更かしをやめることで、生活のリズムとサイクルが整います。

仕事では、できるだけ早めの対処を心がけましょう。

余計な先延ばしはしません。

今日できる仕事は、今日するようにします。

前倒しで仕事を進めていけば、余計なストレスから解放され、期限前に焦らなくて済みます。

「どうしても時間がない」と思うのは、誤解です。

現代社会は、優れた道具やサービスが数多く存在します。

工夫や知恵を働かせたり、便利な道具を生かしたりして仕事の効率化を図れば、時間に余裕ができます。

タイムプレッシャーのコントロールは、あなたの意識と心がけ次第。

1日24時間は不変ですが、あなたの知恵と工夫次第で、それ以上の価値を生み出すことなら可能です。

タイムプレッシャーをゼロにすることはできなくても、減らすことならできるはずです。

余裕のある仕事を心がければ、タイムプレッシャーから解放され、楽に生きられるようになります。

楽に生きる方法(4)
  • できるだけタイムプレッシャーを減らす。
「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。

楽に生きる30の方法
楽に生きる30の方法

  1. 楽に生きるための基本は1つ。<br>余計なストレスを減らして、余裕を作ること。
    楽に生きるための基本は1つ。
    余計なストレスを減らして、余裕を作ること。
  2. 見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。
    見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。
  3. 楽になるから、肩の力が抜けるのではない。<br>肩の力を抜くから、楽になる。
    楽になるから、肩の力が抜けるのではない。
    肩の力を抜くから、楽になる。
  4. できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。
    できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。
  5. 「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。
    「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。
  6. マイペースを大切にするときこそ、最も自分らしく輝ける。
    マイペースを大切にするときこそ、最も自分らしく輝ける。
  7. 癒しの時間は、自然とできるものではなく、自分から作るもの。
    癒しの時間は、自然とできるものではなく、自分から作るもの。
  8. 相手の発言はコントロールできない。<br>受け止め方なら、自分でコントロールできる。
    相手の発言はコントロールできない。
    受け止め方なら、自分でコントロールできる。
  9. すべて成熟していてはつまらない。<br>人は誰でも未熟な部分が必要。
    すべて成熟していてはつまらない。
    人は誰でも未熟な部分が必要。
  10. 厳しいことを言ってくる人は、本当にうっとうしい。<br>でも、1人はいたほうがいい。
    厳しいことを言ってくる人は、本当にうっとうしい。
    でも、1人はいたほうがいい。
  11. 休日なら二度寝もOK。<br>二度寝ほど、気持ちのいい時間はない。
    休日なら二度寝もOK。
    二度寝ほど、気持ちのいい時間はない。
  12. ホームランばかり狙っていないか。<br>人生はヒットだけで十分。
    ホームランばかり狙っていないか。
    人生はヒットだけで十分。
  13. なぜか落ち着くのは、自分と合っている証拠。
    なぜか落ち着くのは、自分と合っている証拠。
  14. 「楽したい」と思う人の人生は、苦しくなる。<br>「苦労してもいい」と思う人の人生は、楽になる。
    「楽したい」と思う人の人生は、苦しくなる。
    「苦労してもいい」と思う人の人生は、楽になる。
  15. 「失敗」と思うから、失敗になる。<br>「成功」と思えば、失敗も成功になる。
    「失敗」と思うから、失敗になる。
    「成功」と思えば、失敗も成功になる。
  16. 競争の世界にいるかぎり、楽に生きることはできない。
    競争の世界にいるかぎり、楽に生きることはできない。
  17. 頭が混乱しているときは、内容を紙に書き出せばいい。
    頭が混乱しているときは、内容を紙に書き出せばいい。
  18. たった一言で、人を癒せる。<br>たった一言で、人を励ませる。
    たった一言で、人を癒せる。
    たった一言で、人を励ませる。
  19. 薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。
    薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。
  20. 自分を幸せにするのは、自分。
    自分を幸せにするのは、自分。
  21. 自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。
    自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。
  22. 相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。
    相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。
  23. 八つ当たりをしたくなったときの行動が、あなたの未来を決める。
    八つ当たりをしたくなったときの行動が、あなたの未来を決める。
  24. 自分で自分のことを決められない人に、幸せはやってこない。
    自分で自分のことを決められない人に、幸せはやってこない。
  25. 普通に深呼吸をするのもいい。<br>胸に手を当てて深呼吸をするのはもっといい。
    普通に深呼吸をするのもいい。
    胸に手を当てて深呼吸をするのはもっといい。
  26. 嫌いなことはしなくてもいい。<br>嫌いなものは食べなくてもいい。<br>嫌いな人には近づかなくてもいい。
    嫌いなことはしなくてもいい。
    嫌いなものは食べなくてもいい。
    嫌いな人には近づかなくてもいい。
  27. たまには諦めてもいい。<br>諦めることも、価値のある選択。
    たまには諦めてもいい。
    諦めることも、価値のある選択。
  28. あなたには、もっと幸せになれる権利がある。
    あなたには、もっと幸せになれる権利がある。
  29. 楽な道を進むことになっても油断しない。<br>自発的に課題を作って、堕落を防ごう。
    楽な道を進むことになっても油断しない。
    自発的に課題を作って、堕落を防ごう。
  30. 嫌なことがあっても、その日で終わり。
    嫌なことがあっても、その日で終わり。

同じカテゴリーの作品

4:02

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION