楽に生きる
30の方法

1
13

楽に生きるための基本は1つ。
余計なストレスを減らして、
余裕を作ること。

楽に生きるための基本は1つ。余計なストレスを減らして、余裕を作ること。 | 楽に生きる30の方法

楽に生きるためには、どうすればいいか。

楽に生きるための工夫や方法は数多くありますが、基本は1つだけです。

「余計なストレスを減らして、余裕を作ること」

これに尽きるのです。

苦しみながら生きている人は、いつの間にか、多くのストレスを受けながら生活しています。

勉強のストレス、仕事のストレス、人間関係のストレス。

人目を気にしたり見栄を張ったりして、自分から苦しむ状況を作り出していることが少なくありません。

もちろんストレスの存在すべてが悪いわけではありません。

仕事なら、品質や納期があります。

試験なら、合格点や偏差値があります。

人間関係なら、遠慮や気遣いがあります。

一定のストレスは、私たちの生活に欠かせません。

情報力とスピードが求められる現代社会において、すべてのストレスをなくすのは不可能と言っていいでしょう。

では、何のストレスを減らすのか。

注目してほしいのは「ストレスの種類」です。

すべてのストレスを減らすのではありません。

減らすべきは「余計なストレス」です。

私たちは、余計なストレスを増やすことで余計な疲れまで増やしてしまい、自分を苦しめている状況があります。

その不自然な状況に、自分ですら気づいていない。

よかれと思ってしていることが、余計なストレスを生み出していることがあります。

効率を心がけているつもりが、非効率になっている状況があります。

楽に生きるつもりで心がけていることが、逆効果になっていることもあります。

たとえば、見栄です。

見栄を張るとき、余計なストレスがかかります。

自分では、誇りと威厳を示すつもりの行動であっても、人目を気にするあまり、しなくてもいい苦労をしていることがあります。

時間ぎりぎりで行動する習慣もよくありません。

自分では無駄を省いて行動しているつもりでも、実際は余計なタイムプレッシャーを増やしてしまい、自分を追い詰めています。

ストレスのすべてをなくすのではありません。

余計なストレスを減らすように心がけるのです。

自分の生活を振り返り、余計なストレスを見つけ出し、排除していきましょう。

余計なストレスが減ることで、生活にゆとりが生まれます。

生活にゆとりが生まれることで、自然と余裕も生まれるようになります。

余裕が生まれると、人に優しくできたり心の器が大きくなったりできるため、結果として精神的に強くなれます。

難しい判断でも正しく対処でき、ミスや間違いを減らす効果もあります。

きっとあなたは今、多くのストレスを受けているでしょう。

この機会に、余計なストレスを改善しませんか。

すべてのストレスをなくすのは難しくても、余計なストレスなら減らせるはずです。

ちょっとした意識と行動で、生き方は改善できます。

行動の無駄がなくなると、心の余裕だけではなく、時間や金銭的な余裕も生まれるようになります。

生き方がスマートになることで、生活も人生も、楽に生きられるのです。

楽に生きる方法(1)
  • 余計なストレスを減らして、生活に余裕を作る。
見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。

楽に生きる30の方法
楽に生きる30の方法

  1. 楽に生きるための基本は1つ。<br>余計なストレスを減らして、余裕を作ること。
    楽に生きるための基本は1つ。
    余計なストレスを減らして、余裕を作ること。
  2. 見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。
    見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。
  3. 楽になるから、肩の力が抜けるのではない。<br>肩の力を抜くから、楽になる。
    楽になるから、肩の力が抜けるのではない。
    肩の力を抜くから、楽になる。
  4. できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。
    できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。
  5. 「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。
    「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。
  6. マイペースを大切にするときこそ、最も自分らしく輝ける。
    マイペースを大切にするときこそ、最も自分らしく輝ける。
  7. 癒しの時間は、自然とできるものではなく、自分から作るもの。
    癒しの時間は、自然とできるものではなく、自分から作るもの。
  8. 相手の発言はコントロールできない。<br>受け止め方なら、自分でコントロールできる。
    相手の発言はコントロールできない。
    受け止め方なら、自分でコントロールできる。
  9. すべて成熟していてはつまらない。<br>人は誰でも未熟な部分が必要。
    すべて成熟していてはつまらない。
    人は誰でも未熟な部分が必要。
  10. 厳しいことを言ってくる人は、本当にうっとうしい。<br>でも、1人はいたほうがいい。
    厳しいことを言ってくる人は、本当にうっとうしい。
    でも、1人はいたほうがいい。
  11. 休日なら二度寝もOK。<br>二度寝ほど、気持ちのいい時間はない。
    休日なら二度寝もOK。
    二度寝ほど、気持ちのいい時間はない。
  12. ホームランばかり狙っていないか。<br>人生はヒットだけで十分。
    ホームランばかり狙っていないか。
    人生はヒットだけで十分。
  13. なぜか落ち着くのは、自分と合っている証拠。
    なぜか落ち着くのは、自分と合っている証拠。
  14. 「楽したい」と思う人の人生は、苦しくなる。<br>「苦労してもいい」と思う人の人生は、楽になる。
    「楽したい」と思う人の人生は、苦しくなる。
    「苦労してもいい」と思う人の人生は、楽になる。
  15. 「失敗」と思うから、失敗になる。<br>「成功」と思えば、失敗も成功になる。
    「失敗」と思うから、失敗になる。
    「成功」と思えば、失敗も成功になる。
  16. 競争の世界にいるかぎり、楽に生きることはできない。
    競争の世界にいるかぎり、楽に生きることはできない。
  17. 頭が混乱しているときは、内容を紙に書き出せばいい。
    頭が混乱しているときは、内容を紙に書き出せばいい。
  18. たった一言で、人を癒せる。<br>たった一言で、人を励ませる。
    たった一言で、人を癒せる。
    たった一言で、人を励ませる。
  19. 薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。
    薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。
  20. 自分を幸せにするのは、自分。
    自分を幸せにするのは、自分。
  21. 自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。
    自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。
  22. 相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。
    相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。
  23. 八つ当たりをしたくなったときの行動が、あなたの未来を決める。
    八つ当たりをしたくなったときの行動が、あなたの未来を決める。
  24. 自分で自分のことを決められない人に、幸せはやってこない。
    自分で自分のことを決められない人に、幸せはやってこない。
  25. 普通に深呼吸をするのもいい。<br>胸に手を当てて深呼吸をするのはもっといい。
    普通に深呼吸をするのもいい。
    胸に手を当てて深呼吸をするのはもっといい。
  26. 嫌いなことはしなくてもいい。<br>嫌いなものは食べなくてもいい。<br>嫌いな人には近づかなくてもいい。
    嫌いなことはしなくてもいい。
    嫌いなものは食べなくてもいい。
    嫌いな人には近づかなくてもいい。
  27. たまには諦めてもいい。<br>諦めることも、価値のある選択。
    たまには諦めてもいい。
    諦めることも、価値のある選択。
  28. あなたには、もっと幸せになれる権利がある。
    あなたには、もっと幸せになれる権利がある。
  29. 楽な道を進むことになっても油断しない。<br>自発的に課題を作って、堕落を防ごう。
    楽な道を進むことになっても油断しない。
    自発的に課題を作って、堕落を防ごう。
  30. 嫌なことがあっても、その日で終わり。
    嫌なことがあっても、その日で終わり。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION