生き方

楽に生きる
30の方法

読んだ お気に入り6
18

たった一言で、
人を癒せる。
たった一言で、
人を励ませる。

たった一言で、人を癒せる。たった一言で、人を励ませる。 | 楽に生きる30の方法

言葉は素晴らしい力を持っています。

たった一言で、人を癒やせます。

あなたの近くに疲れている人はいませんか。

こういうときこそ「言葉」という道具が役立ちます。

疲れている人がいれば、相手の気持ちに寄り添って、優しい言葉をかけましょう。

できるだけ相手が言われたい言葉を想像するのがコツです。

「今日もお疲れ様です」

「いつも大変そうですね」

「いつも頑張っていますよね」

「あまり無理しないでくださいね」

「たまには休憩も入れてくださいね」

どれもほんの一言です。

ほんの一言ですが、相手を癒す力があります。

あなたの優しい言葉を聞いた相手は、気持ちがほっとして、心が楽になるでしょう。

疲れた心をマッサージされたような感覚になるでしょう。

自分が認められた気持ちになり、にっこりしてくれるでしょう。

言葉には、人を救う力があります。

「何か力になってあげたい」と思ったら、物理的な協力もいいですが、まず優しい一言を心がけたい。

優しい一言には、愛情や思いやりが詰まっているので、相手を癒やせます。

言葉の力は、人を癒やすだけではありません。

人を励ます力もあります。

落ち込んでいる人や悲しんでいる人がいれば、やる気や元気が出るような言葉をかけましょう。

「元気を出して!」

「大丈夫だよ!」

「いい経験になったね!」

「さあ、次に行こう!」

「またチャンスが巡ってくるよ!」

前向きな言葉なら、どんな一言でもOKです。

たった一言ですが、元気のなかった相手を救えるでしょう。

お金をかける必要もなければ、特別な努力も不要です。

しゃれた言葉や気の利いた言葉もいいですが、ストレートに励ますだけでも十分効果的です。

たった一言で人は救われます。

「ありがとう。おかげで元気が出た」と感謝されるでしょう。

あなたが発する言葉には、そのくらい人に影響を与える力があるということです。

言葉は凶器になることもありますが、悪い使い方は避けましょう。

できるだけ人を癒したり元気づけたりするために使うのが理想的です。

自分に特別な力がないと思うのは誤解です。

あなたは魔法使いです。

言葉を通して、人を癒したり励ましたりする力があります。

素晴らしい特殊能力は、世のため人のために使いましょう。

言葉の力で多くの人を救いましょう。

あなたの言葉で、今日も誰かが救われます。

まとめ

楽に生きる方法 その18
  • 前向きな言葉で、人を癒したり励ましたりする。
薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。

もくじ
楽に生きる30の方法
たった一言で、人を癒せる。たった一言で、人を励ませる。 | 楽に生きる30の方法

  1. 楽に生きるための基本は1つ。
    余計なストレスを減らして、余裕を作ること。
  2. 見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。
  3. 楽になるから、肩の力が抜けるのではない。
    肩の力を抜くから、楽になる。
  4. できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。
  5. 「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。
  6. マイペースを大切にするときこそ、最も自分らしく輝ける。
  7. 癒しの時間は、自然とできるものではなく、自分から作るもの。
  8. 相手の発言はコントロールできない。
    受け止め方なら、自分でコントロールできる。
  9. すべて成熟していてはつまらない。
    人は誰でも未熟な部分が必要。
  10. 厳しいことを言ってくる人は、本当にうっとうしい。
    でも、1人はいたほうがいい。
  11. 休日なら二度寝もOK。
    二度寝ほど、気持ちのいい時間はない。
  12. ホームランばかり狙っていないか。
    人生はヒットだけで十分。
  13. なぜか落ち着くのは、自分と合っている証拠。
  14. 「楽したい」と思う人の人生は、苦しくなる。
    「苦労してもいい」と思う人の人生は、楽になる。
  15. 「失敗」と思うから、失敗になる。
    「成功」と思えば、失敗も成功になる。
  16. 競争の世界にいるかぎり、楽に生きることはできない。
  17. 頭が混乱しているときは、内容を紙に書き出せばいい。
  18. たった一言で、人を癒せる。
    たった一言で、人を励ませる。
  19. 薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。
  20. 自分を幸せにするのは、自分。
  21. 自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。
  22. 相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。
  23. 八つ当たりをしたくなったときの行動が、あなたの未来を決める。
  24. 自分で自分のことを決められない人に、幸せはやってこない。
  25. 普通に深呼吸をするのもいい。
    胸に手を当てて深呼吸をするのはもっといい。
  26. 嫌いなことはしなくてもいい。
    嫌いなものは食べなくてもいい。
    嫌いな人には近づかなくてもいい。
  27. たまには諦めてもいい。
    諦めることも、価値のある選択。
  28. あなたには、もっと幸せになれる権利がある。
  29. 楽な道を進むことになっても油断しない。
    自発的に課題を作って、堕落を防ごう。
  30. 嫌なことがあっても、その日で終わり。

同じカテゴリーの作品