生き方

楽に生きる
30の方法

11
20

自分を幸せにするのは、
自分。

自分を幸せにするのは、自分。 | 楽に生きる30の方法

あなたを幸せにするのは誰でしょうか。

親でしょうか。

友達でしょうか。

恋人でしょうか。

もちろんどれも正解ですが、もっと頼りになる人物がいます。

自分なのです。

「誰か私を幸せにしてほしい」

「もっと私を楽しませてほしい」

「もっと私を明るい気持ちにさせてほしい」

幸せにしてくれる人を探していませんか。

もちろん幸せを与えてくれる人間関係は欠かせません。

親・友達・恋人など、他人と接することで、笑顔や幸せを増やすこともできます。

「あの人のおかげで幸せになれた」と感謝することもあるでしょう。

人とのコミュニケーションを通して、嬉しさや楽しさが得られ、生きる喜びを実感することもあるはずです。

 

しかし、自分を幸せにする基本は、あくまで自分です。

人を頼っていると、相手の事情や都合に合わせなければいけません。

いつ、どこで、どのくらい幸せになれるのか、未知数であり不安定。

すべて受け身の姿勢になります。

相手が責任を持ってあなたを幸せにしてくれればいいですが、スムーズにいくとは限りません。

なかなか相手がかまってくれず、もどかしい時間を過ごすこともあるでしょう。

「誰か私を幸せにしてほしい」という受け身の姿勢で願うばかりでは、かまってほしいだけの人間になります。

そして相手への期待が大きければ大きいほど、裏切られたとき、がっかりします。

自分の人生であるにもかかわらず、自分の幸せを相手に委ねるなんて、何と滑稽なのでしょう。

自分を幸せにするのに、受け身になってはいけません。

ましてや「自分の幸せは相手しだい」という考え方は、言語道断です。

自分の幸せくらい、自分でつかみ取りに行くことです。

「なかなか褒められない」と思うなら、自分で褒めればいいのです。

自分を一番よく知っているのは、自分です。

陰の努力も真剣な気持ちも、ひたむきに頑張っている自分を認め、自分で褒めましょう。

もし明るい気持ちになれなければ、テンションが上がるような行動をすればいい。

本を読んだり体を動かしたりなど、積極的に好きなことをしていけば、自分の意思でテンションを上げていけます。

趣味でも習い事でもいい。

楽しい時間を過ごしたいなら、じっと待っているのではなく、進んで楽しいことに取り組めばいいのです。

そして気になる人がいるなら、話しかけられるまで待つのではなく、自分から話しかけに行きます。

自分から声をかければ、自分のタイミングでコミュニケーションの機会を作れます。

やりたいことがあるなら、チャンスを待つのではなく、今すぐ飛び込んでいけばいいのです。

旅行であれ習い事であれ、世の中の大半は、本気になれば着手できるはずです。

自分を幸せにするのは、自分です。

すべての幸せを自分だけで完成できるわけではありませんが、基本は自分であることを意識しながら生きてください。

今この瞬間すら、あなたは自分を幸せにすることができます。

さあ、自分を幸せにするために次は何をしますか。

楽に生きる方法(20)
  • 誰かに幸せにしてもらおうと考えず、自分の幸せは自分でつかみ取りに行く。
自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。

もくじ
楽に生きる30の方法
自分を幸せにするのは、自分。 | 楽に生きる30の方法

  1. 楽に生きるための基本は1つ。<br>余計なストレスを減らして、余裕を作ること。
    楽に生きるための基本は1つ。
    余計なストレスを減らして、余裕を作ること。
  2. 見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。
    見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。
  3. 楽になるから、肩の力が抜けるのではない。<br>肩の力を抜くから、楽になる。
    楽になるから、肩の力が抜けるのではない。
    肩の力を抜くから、楽になる。
  4. できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。
    できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。
  5. 「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。
    「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。
  6. マイペースを大切にするときこそ、最も自分らしく輝ける。
    マイペースを大切にするときこそ、最も自分らしく輝ける。
  7. 癒しの時間は、自然とできるものではなく、自分から作るもの。
    癒しの時間は、自然とできるものではなく、自分から作るもの。
  8. 相手の発言はコントロールできない。<br>受け止め方なら、自分でコントロールできる。
    相手の発言はコントロールできない。
    受け止め方なら、自分でコントロールできる。
  9. すべて成熟していてはつまらない。<br>人は誰でも未熟な部分が必要。
    すべて成熟していてはつまらない。
    人は誰でも未熟な部分が必要。
  10. 厳しいことを言ってくる人は、本当にうっとうしい。<br>でも、1人はいたほうがいい。
    厳しいことを言ってくる人は、本当にうっとうしい。
    でも、1人はいたほうがいい。
  11. 休日なら二度寝もOK。<br>二度寝ほど、気持ちのいい時間はない。
    休日なら二度寝もOK。
    二度寝ほど、気持ちのいい時間はない。
  12. ホームランばかり狙っていないか。<br>人生はヒットだけで十分。
    ホームランばかり狙っていないか。
    人生はヒットだけで十分。
  13. なぜか落ち着くのは、自分と合っている証拠。
    なぜか落ち着くのは、自分と合っている証拠。
  14. 「楽したい」と思う人の人生は、苦しくなる。<br>「苦労してもいい」と思う人の人生は、楽になる。
    「楽したい」と思う人の人生は、苦しくなる。
    「苦労してもいい」と思う人の人生は、楽になる。
  15. 「失敗」と思うから、失敗になる。<br>「成功」と思えば、失敗も成功になる。
    「失敗」と思うから、失敗になる。
    「成功」と思えば、失敗も成功になる。
  16. 競争の世界にいるかぎり、楽に生きることはできない。
    競争の世界にいるかぎり、楽に生きることはできない。
  17. 頭が混乱しているときは、内容を紙に書き出せばいい。
    頭が混乱しているときは、内容を紙に書き出せばいい。
  18. たった一言で、人を癒せる。<br>たった一言で、人を励ませる。
    たった一言で、人を癒せる。
    たった一言で、人を励ませる。
  19. 薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。
    薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。
  20. 自分を幸せにするのは、自分。
    自分を幸せにするのは、自分。
  21. 自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。
    自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。
  22. 相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。
    相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。
  23. 八つ当たりをしたくなったときの行動が、あなたの未来を決める。
    八つ当たりをしたくなったときの行動が、あなたの未来を決める。
  24. 自分で自分のことを決められない人に、幸せはやってこない。
    自分で自分のことを決められない人に、幸せはやってこない。
  25. 普通に深呼吸をするのもいい。<br>胸に手を当てて深呼吸をするのはもっといい。
    普通に深呼吸をするのもいい。
    胸に手を当てて深呼吸をするのはもっといい。
  26. 嫌いなことはしなくてもいい。<br>嫌いなものは食べなくてもいい。<br>嫌いな人には近づかなくてもいい。
    嫌いなことはしなくてもいい。
    嫌いなものは食べなくてもいい。
    嫌いな人には近づかなくてもいい。
  27. たまには諦めてもいい。<br>諦めることも、価値のある選択。
    たまには諦めてもいい。
    諦めることも、価値のある選択。
  28. あなたには、もっと幸せになれる権利がある。
    あなたには、もっと幸せになれる権利がある。
  29. 楽な道を進むことになっても油断しない。<br>自発的に課題を作って、堕落を防ごう。
    楽な道を進むことになっても油断しない。
    自発的に課題を作って、堕落を防ごう。
  30. 嫌なことがあっても、その日で終わり。
    嫌なことがあっても、その日で終わり。

同じカテゴリーの作品