楽に生きる
30の方法

21
3

自分に降りかかる変化を、
意地を張って拒まない。

自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。 | 楽に生きる30の方法

人生では、変化をせざるを得ない状況があります。

  • 卒業・進学による環境の変化
  • 席替え・クラス替えによる人間関係の変化
  • 引っ越し・リフォームによる住まいの変化
  • 異動・転職による仕事の変化
  • 昇進・降格による立場の変化
  • 得恋・失恋による恋人関係の変化
  • 結婚・出産による家族関係の変化。
  • 法改正・制度変更によるルールの変化

ちょうど今、変化の真っ最中という人もいるでしょう。

こうした変化に直面した際、とっさに変化を拒みたくなるかもしれません。

「嫌だ」「変わりたくない」「今のままでいい」というのは素直な気持ちです。

慣れた道具なら、永遠に使い続けたいと思うでしょう。

居心地のいい環境なら、ずっと居続けたいと思うはずです。

せっかく仲良くなった友人なら、いつまでもそばにいてほしいと願うでしょう。

変化を否定して、現状維持を貫き、安定を保とうとしたくなります。

 

しかし、世の中は変化の連続です。

永遠に変化のしないものは、1つもありません。

道具もサービスも変わります。

人間関係も取引関係も変わります。

時代も流行も変わります。

常識も言葉遣いも変わります。

生きているかぎり、定期的に変化が訪れるのは、この世の定め。

世の中のあらゆるものが変化をすると言っても過言ではありません。

変化を拒み続けていると、どんどん時代から取り残されていきます。

気づけば、時代からすっかり孤立しているのです。

自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まないことです。

変化を拒むのではなく、素直に受け入れましょう。

出会う人とは出会い、別れる人とは別れます。

仕事や職場が変わるときは、素直に受け入れることです。

引っ越しやリフォームが必要なら、必要な変化として、素直に受け入れたほうがいいでしょう。

常識も言葉遣いも、昔を引きずらず、現在に合った内容を取り入れたい。

変化は「定期的なイベント」と思うくらいでちょうどいい。

「変化さん、今回もやってきましたね。素直に従いますよ」

人生のステージに応じて生じる変化には、素直に従いましょう。

定期的に変化を受け入れていたほうが、心も体も若々しさを保てます。

変化を受け入れる瞬間は、摩擦や抵抗感があるかもしれませんが、すぐ慣れます。

早めに受け入れておくほうが、早めに慣れることができます。

楽しむ気持ちで受け入れれば、いっそう慣れるのも早くなります。

苦しく思えますが、実際は一番楽です。

自然の流れ・大きな流れには身を任せて素直に従ったほうが、摩擦が小さい。

世の中の流れに従い、変化を受け入れる人は、時代を生きている人です。

自分に降りかかる変化は、素直に受け入れましょう。

変化を吸収することで、どんどん自分を成長させていけます。

柔軟な人は、変化に強いため、打たれ強くもなります。

素直に変化を受け入れられる人は、時代に順応できるため、ストレスも小さくなります。

変化をしていくほうが、長期的に考えて、最も楽なのです。

楽に生きる方法(21)
  • 自分に降りかかる変化を、素直に受け入れる。
相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。

楽に生きる30の方法
楽に生きる30の方法

  1. 楽に生きるための基本は1つ。<br>余計なストレスを減らして、余裕を作ること。
    楽に生きるための基本は1つ。
    余計なストレスを減らして、余裕を作ること。
  2. 見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。
    見栄を張っているかぎり、楽に生きることはできない。
  3. 楽になるから、肩の力が抜けるのではない。<br>肩の力を抜くから、楽になる。
    楽になるから、肩の力が抜けるのではない。
    肩の力を抜くから、楽になる。
  4. できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。
    できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。
  5. 「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。
    「何とかなる」と思えば、暗い未来も明るくなる。
  6. マイペースを大切にするときこそ、最も自分らしく輝ける。
    マイペースを大切にするときこそ、最も自分らしく輝ける。
  7. 癒しの時間は、自然とできるものではなく、自分から作るもの。
    癒しの時間は、自然とできるものではなく、自分から作るもの。
  8. 相手の発言はコントロールできない。<br>受け止め方なら、自分でコントロールできる。
    相手の発言はコントロールできない。
    受け止め方なら、自分でコントロールできる。
  9. すべて成熟していてはつまらない。<br>人は誰でも未熟な部分が必要。
    すべて成熟していてはつまらない。
    人は誰でも未熟な部分が必要。
  10. 厳しいことを言ってくる人は、本当にうっとうしい。<br>でも、1人はいたほうがいい。
    厳しいことを言ってくる人は、本当にうっとうしい。
    でも、1人はいたほうがいい。
  11. 休日なら二度寝もOK。<br>二度寝ほど、気持ちのいい時間はない。
    休日なら二度寝もOK。
    二度寝ほど、気持ちのいい時間はない。
  12. ホームランばかり狙っていないか。<br>人生はヒットだけで十分。
    ホームランばかり狙っていないか。
    人生はヒットだけで十分。
  13. なぜか落ち着くのは、自分と合っている証拠。
    なぜか落ち着くのは、自分と合っている証拠。
  14. 「楽したい」と思う人の人生は、苦しくなる。<br>「苦労してもいい」と思う人の人生は、楽になる。
    「楽したい」と思う人の人生は、苦しくなる。
    「苦労してもいい」と思う人の人生は、楽になる。
  15. 「失敗」と思うから、失敗になる。<br>「成功」と思えば、失敗も成功になる。
    「失敗」と思うから、失敗になる。
    「成功」と思えば、失敗も成功になる。
  16. 競争の世界にいるかぎり、楽に生きることはできない。
    競争の世界にいるかぎり、楽に生きることはできない。
  17. 頭が混乱しているときは、内容を紙に書き出せばいい。
    頭が混乱しているときは、内容を紙に書き出せばいい。
  18. たった一言で、人を癒せる。<br>たった一言で、人を励ませる。
    たった一言で、人を癒せる。
    たった一言で、人を励ませる。
  19. 薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。
    薬を飲むときは「効くのかな」と疑うより「効きそうだ」と信じたほうが、よく効く。
  20. 自分を幸せにするのは、自分。
    自分を幸せにするのは、自分。
  21. 自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。
    自分に降りかかる変化を、意地を張って拒まない。
  22. 相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。
    相手を許す習慣は、楽に生きる習慣でもある。
  23. 八つ当たりをしたくなったときの行動が、あなたの未来を決める。
    八つ当たりをしたくなったときの行動が、あなたの未来を決める。
  24. 自分で自分のことを決められない人に、幸せはやってこない。
    自分で自分のことを決められない人に、幸せはやってこない。
  25. 普通に深呼吸をするのもいい。<br>胸に手を当てて深呼吸をするのはもっといい。
    普通に深呼吸をするのもいい。
    胸に手を当てて深呼吸をするのはもっといい。
  26. 嫌いなことはしなくてもいい。<br>嫌いなものは食べなくてもいい。<br>嫌いな人には近づかなくてもいい。
    嫌いなことはしなくてもいい。
    嫌いなものは食べなくてもいい。
    嫌いな人には近づかなくてもいい。
  27. たまには諦めてもいい。<br>諦めることも、価値のある選択。
    たまには諦めてもいい。
    諦めることも、価値のある選択。
  28. あなたには、もっと幸せになれる権利がある。
    あなたには、もっと幸せになれる権利がある。
  29. 楽な道を進むことになっても油断しない。<br>自発的に課題を作って、堕落を防ごう。
    楽な道を進むことになっても油断しない。
    自発的に課題を作って、堕落を防ごう。
  30. 嫌なことがあっても、その日で終わり。
    嫌なことがあっても、その日で終わり。

同じカテゴリーの作品

4:12

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION