金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

5
19

たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。

たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。 | 貧乏性を治す30の方法

たまには頑張っている自分にご褒美を与えましょう。

貧乏性の人には「自分にご褒美」という習慣が足りません。

自分にご褒美を与えることすら「もったいない」と思っています。

「もったいない」という一言は、節約精神を促す美徳ですが、限度には注意です。

 

たしかに節約は大切ですが、節約ばかりでは心まですさんできます。

心がすさんでくると、心の余裕も失われ、卑屈になってしまうでしょう。

心が消耗の生活ばかりでは、何を生きがいにしていいかわかりません。

けちけちした生活ばかりでは、ストレスも多くなります。

お金は貯まっても、ストレスまでたまってはいけません。

負の感情が積み重なっていけば、いつか発狂してしまうでしょう。

そこでご褒美です。

頑張っている自分をねぎらう意味として、たまには自分にご褒美を与えようではありませんか。

ご褒美と言えば「自分から誰かに与えるもの」と思いがちですが、自分から自分に与えてもおかしくありません。

誰かに与えてもらうのを待つのではなく、自分で自分にご褒美を与えればいい。

日頃から仕事を頑張っているなら、たまには自分を優しくいたわっても、文句を言われることはありません。

頑張っている自分のためにご褒美を与えましょう。

 

たとえば、外食です。

おしゃれなレストランで大好物を食べれば、リッチな気分を楽しめるでしょう。

気分転換やストレス発散になり、心地よいひとときになるでしょう。

おいしい食事によって身も心もエネルギーが充電されれば、やる気や元気も湧いて、次の目標に向かいやすくなるでしょう。

その場でお金が消費されても、心に豊かさをもたらしてくれるなら、有意義なお金の使い方です。

自分にプレゼントを贈ってみるのもよいアイデアです。

前から欲しかったものはありませんか。

物欲を爆発させるなら、こういうときこそチャンスです。

服・バッグ・アクセサリーなど、欲しかったものを自分にプレゼントすれば「頑張ったかいがあった」と思えるでしょう。

物欲を満たせば「また頑張ろう」という気持ちにもなるはずです。

旅行に行くのもよし。

温泉に行くのもよし。

映画を見に行くのもよし。

節約節制の切り詰めた生活ばかりでは、なかなか貧乏性を直せません。

お金は、貯めてばかりではなく、適度に使うことも大切です。

自分へのご褒美は、気分転換・ストレス発散といった意味だけでなく、仕事を区切る意味もあります。

自分にご褒美を与えて、新たな弾みをつけ、次のステップに向かいましょう。

貧乏性を治す方法(19)
  • たまには自分にご褒美を与えてみる。
お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。

もくじ
貧乏性を治す30の方法
たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。 | 貧乏性を治す30の方法

  1. 貧乏性の意味とは何か。
    貧乏性の意味とは何か。
  2. 貧乏性は、自慢になることではない。
    貧乏性は、自慢になることではない。
  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
    貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。<br>「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
    貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
    収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
    ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
  7. 貯金は心のお守り。<br>心に余裕をもたらしてくれるもの。
    貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。
  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
    貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
    貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
    貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
  11. 無料にがつがつしすぎない。
    無料にがつがつしすぎない。
  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
    小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。<br>安いものを買うから貧乏になる。
    貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。
  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
    「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
    貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。<br>教訓・気分転換・ストレス発散。
    無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。
  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
    貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。<br>消費の目標金額も決めておこう。
    貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。
  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
    たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
    お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
    大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
    ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
    貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
    見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
    1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
    貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
    「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
  28. チャンスをつかむには、お金が必要。
    チャンスをつかむには、お金が必要。
  29. 貧乏性の人とは距離を置く。<br>正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
    貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。<br>寄付をするから、心が大きくなる。
    心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

同じカテゴリーの作品