金銭感覚

お金に好かれる人になる
30の方法

  • 最初からお金を最重要に考えると、
    かえってお金を稼ぎにくくなる。
お金に好かれる人になる30の方法

もくじ
  1. 最初からお金を最重要に考えると、かえってお金を稼ぎにくくなる。

    お金は人生に欠かせません。
    お金がなくなれば、食べるものに困り、飢え死にします。
    お金さえあれば、ほとんどのことができてしまう世の中です。

  2. 「絶対儲かる」を避けるだけで、金銭トラブルのリスクを1つ減らせる。

    金銭トラブルのリスクを減らす方法があります。
    「絶対儲かる」という話を避けることです。
    「絶対儲かるなら、素晴らしい話じゃないか」と思いますが、誤解です。

  3. お礼にお金を出し惜しみする人は、お金持ちでも、心は貧乏。

    倹約精神は大切ですが、適度があります。
    意識したいのは、お礼に使うお金です。
    お礼に使うお金だけは、出し惜しみをしないことです。

  4. お金を払う立場でも、偉そうにならない。

    レストランで注文するとき、偉そうな態度になっていませんか。
    偉そうな態度や話し方です。
    「自分は客であり、お金を払う立場だから、偉そうにして当然」

  5. お金持ちには、人と違うことをする習慣がある。

    人と同じことをやっていては、お金持ちになるのは難しいと考えてください。
    不可能ではありませんが、可能性は極めて低いと考えるのが妥当です。
    人と同じことをやっていてお金持ちになれるなら、その人たちがすでにお金持ちになっているはずです。

  6. 孤独に強い人は、もともとお金持ちになる素質がある。

    お金持ちになるためには、人と違ったことをする必要があります。
    みんなと同じでは、平凡なことしかできません。
    みんなと同じ状態では、パイの奪い合いになり、1人あたりの取り分が少なくなります。

  7. お金持ちを悪い人だと誤解しない。

    「お金持ち」
    この言葉を聞いたとき、どんなイメージを浮かべるでしょうか。
    「怪しい。うさんくさい」

  8. お金を持つのが悪いのではない。
    お金を持ったまま使わないのが悪いのだ。

    お金を持つことは悪くありません。
    お金を持つことが悪いなら、仕事をして稼げなくなります。
    貯金できなくなり、生きることもできなくなります。

  9. 特典に惑わされると、正常な思考で買い物しにくくなる。

    「特典をサービスします」
    「今買うと、特典がありますよ」
    そう言われて、ぴくりと反応する人が多いでしょう。

  10. 一生賃貸であっても、自分の価値観に合っていれば、素晴らしい選択。

    家の購入は慎重な判断が必要です。
    家があれば、多くの自由が手に入ります。
    自分の家だという満足感。

  11. お金に好かれる人は、長財布を持つ。

    お金に好かれる人は、長財布を持つのが常識です。
    お金を入れられれば、財布の種類は無関係ではないかと思う人もいるでしょう。
     

  12. お札を取り出すとき、指をなめる癖はやめたほうがいい。

    財布からお札を取り出すとき、指をなめる癖のある人を見かけます。
    指先が乾いていると、お札がすべってスムーズに取り出せません。
    そこで指先をなめて湿らせることで、取り出しやすくしようとするのです。

  13. お札の入れ方を見れば、お金に対する考え方も見える。

    お金持ちの財布を見ると、お札の入れ方に特徴があります。
    お金持ちの財布は、お札の向きが揃っているのが特徴です。
    お札の入れ方が上下や裏表がばらばらになっている人は、残念ですが、お金持ちにはなれません。

  14. 働けるうちは、働く。

    働けるうちは、働いておいたほうがいいのです。
    人生では、働きたくても働けなくなる状況があります。
    それは、あるとき、突然やってきます。

  15. 1円を大事にできない人は、お金持ちにはなれない。

    お金持ちには、お金を大事にする心があります。
    お金持ちになったから、お金を大事にしているのではありません。
    お金を大事にしているから、お金持ちになれました。

  16. 道ばたに1円が落ちていても、堂々と拾う人がお金に好かれる。

    道ばたにお金が落ちていたとき、どうしますか。
    大きな金額なら、誰もが迷わず拾うでしょう。
    「もったいない」という気持ちが強くなり、拾う人が大半です。

  17. トイレットペーパーを切らす人は、お金持ちにはなれない。

    トイレットペーパーを切らす人は、お金持ちにはなれません。
    トイレットペーパーとお金は関係ないように思えますが、誤解です。
     

  18. カードの利用限度額を、即答できますか。

    各種カードには、利用限度額が設定されています。
    利用限度額とは、一定期間のうち、カードで自由に利用できる金額の上限を指します。
    カードには、次のような限度額が存在します。

  19. クレジットカードで使う金額の、1カ月の目安とは。

    クレジットカードで使う金額の、1カ月の目安を作っていますか。
    もしくは、意識していますか。
    もちろん人によって、状況が異なるため、使用量は異なるでしょう。

  20. 小さな金額でも借用書を作る姿勢と習慣が、信用を生む。

    お金を借りるときには、借用書が必須です。
    大きな金額では、借用書を作るのが当たり前と思います。
     

  21. 貯金より自己投資にお金を使う人ほど、将来出世する。

    将来のために貯めるもの。
    それは貯金です。
    お金があれば、けがや事故など、万が一の出来事に対応できます。

  22. 投資を始めるなら、まず損をしていい金額を決めること。

    ひとたび投資を始めると、いかに冷静を保つかの戦いです。
    得をしたり損をしたりなど、感情を揺さぶられる連続です。
    得をしているときはまだいいのですが、問題は、損をしているときです。

  23. 無駄な保険に入っているなら、間接的に浪費しているのと同じ。

    世の中には、数多くの保険が存在します。
    生命保険・損害保険・地震保険・火災保険などです。
    社会人になれば、万が一のときに備えて、何らかの保険に入っている人がほとんどでしょう。

  24. 感情のコントロールができない人は、お金のコントロールもできない。

    お金のコントロールと感情をコントロール。
    この2つには、密接な関係があります。
    お金のコントロールとは、いかに感情をコントロールするかでもあります。

  25. お付き合いで保険に入るのは、失敗しに行くようなもの。

    保険業の友達がいると、保険の営業がやってきます。
    保険の営業は、身近な人をターゲットにするのが鉄則です。
    友達は、甘い言葉であなたを勧誘してくるかもしれません。

  26. 本業を手抜きしてまで副業に手を出すと、共倒れになるだろう。

    少しでもお小遣いを稼ごうと、副業に手を出す人もいるでしょう。
    小さな金額しか稼げないと思われる副業ですが、時給だけで考えると、本業より稼げる場面もあります。
     

  27. この世で最もローリスク・ハイリターンの投資先とは。

    この世で最もローリスク・ハイリターンの投資先とは何か。
    それは、自分です。
    自分への投資は、最も割に合った投資先です。

  28. 100分の1の人間になる方法。

    100分の1の人間になる方法があります。
    本を読む習慣を身につけることです。
    たまたま本を読む状況のことではありません。

  29. 10000分の1の人間になる方法。

    今、本を買って読む人は少なくなっています。
    本を読む人は、100人のうち1人と言われています。
    そのくらい本を読む人が少ない。

  30. 1000000分の1の人間になる方法。

    本を読む習慣を持つだけで、100分の1になれます。
    ほとんどの人が本を読みません。
    そんな中、本を読む習慣があるだけで、あなたは100分の1の人間になれます。

同じカテゴリーの作品