金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

4
10

貧乏性を治そうとして、
浪費家になってはいけない。

貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。 | 貧乏性を治す30の方法

貯金ばかり集中するのはよくありません。

お金は貯まりますが、ストレスもたまります。

節約は成功するかもしれませんが、人生の楽しみが得にくくなります。

貧乏性を治すためには、適度にお金を使っていくことが大切です。

大切なパートナーがいれば、記念日にプレゼントを贈ると喜ばれるでしょう。

時には部下に食事をおごって、良好な人間関係に役立てるのもいいでしょう。

お世話になっている方々がいれば、感謝の気持ちとして、たまには接待をしてみるのもいいでしょう。

趣味や娯楽に使うのもよし。

気分転換やストレス発散に使うのもよし。

お金を貯めるばかりではなく、適度に使うことで、貧乏性を治していけます。

 

しかし、お金を使うのはいいのですが、使いすぎには注意してください。

「そうか。お金をどんどん使ってしまおう」

お金を使うのはいいですが、油断すると、使いすぎてしまうことが少なくありません。

一度油断すると、節約する緊張感の糸が切れてしまい、歯止めが利かなくなることがあります。

今まで消費活動を抑制していた分、お金を使い始めたとたん、一気に爆発することが少なくありません。

久しぶりにお金を使うので、コントロールを誤って、いつの間にか使いすぎることもあるでしょう。

節約の程度を緩めるつもりが、緩めすぎてしまう。

適度にお金を使うつもりが、過剰になってしまう。

これでは浪費家に向かって一直線です。

お金を使うのはいいですが、湯水のようにお金を使いすぎるのはよくありません。

貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。

使いすぎた結果、金銭感覚が壊れてしまうのが一番怖い。

勢い余って浪費家にならないように注意してください。

浪費家になるくらいなら、貧乏性のままでいるほうがまだ堅実です。

貧乏性の人のほうが大事にお金を扱っているため、少なくとも破産することはありません。

貧乏性を治そうとするのはいいですが、あくまで適度の範囲を心がけてください。

「少しお金を使いすぎているかな」と思えば、使いすぎる前に抑制するのが得策です。

お金を使っても、節約精神は引き続き大切にし続けましょう。

貧乏性を治す方法(10)
  • 貧乏性を治そうとして、浪費家にならないように注意する。
無料にがつがつしすぎない。

もくじ
貧乏性を治す30の方法
貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。 | 貧乏性を治す30の方法

  1. 貧乏性の意味とは何か。
    貧乏性の意味とは何か。
  2. 貧乏性は、自慢になることではない。
    貧乏性は、自慢になることではない。
  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
    貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。<br>「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
    貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
    収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
    ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
  7. 貯金は心のお守り。<br>心に余裕をもたらしてくれるもの。
    貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。
  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
    貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
    貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
    貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
  11. 無料にがつがつしすぎない。
    無料にがつがつしすぎない。
  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
    小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。<br>安いものを買うから貧乏になる。
    貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。
  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
    「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
    貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。<br>教訓・気分転換・ストレス発散。
    無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。
  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
    貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。<br>消費の目標金額も決めておこう。
    貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。
  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
    たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
    お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
    大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
    ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
    貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
    見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
    1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
    貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
    「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
  28. チャンスをつかむには、お金が必要。
    チャンスをつかむには、お金が必要。
  29. 貧乏性の人とは距離を置く。<br>正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
    貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。<br>寄付をするから、心が大きくなる。
    心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

同じカテゴリーの作品