金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

お気に入り1 読んだ
9

貧乏性を治す方法は、
節約精神をやめることではない。

貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。 | 貧乏性を治す30の方法

貧乏性を治すには、適度にお金を使う習慣が欠かせません。

けちけちした生活ばかりでは、心も狭くなるばかり。

心の器が小さくなり、気持ちにも余裕がなくなり、精神的にすさんできます。

使わないお金は、精神安定のお守りにしかなりません。

お金は、人生を便利にするためのツールです。

お金は使ってこそ、その効果・効力を発揮します。

出費を一貫して制限するのではなく、大事なところにはきちんとお金を使っていくことで、貧乏性も治っていきます。

道具にお金を使えば、便利が得られます。

自分磨きにお金を使えば、成長が得られます。

人付き合いにお金を使えば、絆や思い出が得られます。

必要なところにお金を使っていくことで、心も広くなり、精神的な余裕も生まれてくるのです。

 

しかし、このときよくある誤解があります。

「そうか。貧乏性を治すには節約をやめればいいのか」と思う人がいます。

これは違うのです。

「貧乏性を治す方法」と「節約精神」は分けて考える必要があります。

いくらお金を使うとはいえ、無意味・無価値なお金の使い方は不適切です。

節約をやめれば、無駄な出費が増えます。

不毛なお金の使い方は、無駄遣いにしかなりません。

節約精神を忘れたら、浪費家になるのは時間の問題です。

ゆくゆくは転落人生に発展する可能性もゼロではありません。

貧乏性を治すには、適度にお金を使いますが、節約精神は継続が必要です。

節約精神は、一生役立つ大切な金銭感覚です。

「もったいない」という気持ちは、私たちの節約精神を磨くために必要な美徳です。

貧乏性を治そうと心がけつつも、節約精神は忘れず、ずっと持ち続けていくことが大切です。

まとめ

貧乏性を治す方法 その9
  • 貧乏性を治しつつも、引き続き節約精神は心がける。
貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。

もくじ
貧乏性を治す30の方法
貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。 | 貧乏性を治す30の方法

  1. 貧乏性の意味とは何か。
  2. 貧乏性は、自慢になることではない。
  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
  7. 貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。
  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
  11. 無料にがつがつしすぎない。
  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。
  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。
  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。
  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
  28. チャンスをつかむには、お金が必要。
  29. 貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

同じカテゴリーの作品