金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

2
30

心が大きいから、
寄付をするのではない。
寄付をするから、
心が大きくなる。

心が大きいから、寄付をするのではない。寄付をするから、心が大きくなる。 | 貧乏性を治す30の方法

支援したい団体があれば、寄付をしてみませんか。

寄付とは、人の仕事を助けるために、お金や品物を無償で提供することを言います。

「自分は貧乏性」

「自分は心の小さい人間」

「人を思いやる気持ちが足りない」

そう思う人ほど、寄付をする価値があります。

寄付といえば、経済的に余裕のある人が行うものと思われがちです。

 

たしかにお金がないと、寄付をしたくてもできません。

無償でお金を提供するわけですから、一定の経済力がないと難しい場合もあります。

寄付というくらいですから、まとまった金額でなければいけない印象もあるかもしれません。

 

しかし、寄付はお金持ちだけがするものと思っているなら誤解です。

支援したい気持ちがあれば、経済事情にかかわらず、誰でも寄付ができます。

もちろん経済的に裕福でなくても、寄付は歓迎されます。

寄付は、大きな金額である必要はなく、小さな金額で十分です。

小さな金額でも、寄付は寄付です。

大切なのは「寄付」という行為そのものです。

寄付は素晴らしい取り組みです。

寄付をする心を大切にすれば、上手に利害損得を忘れることができます。

時には支援したい団体に寄付することで、相手も喜び、自分の心も洗われます。

お金を持っているだけでは、精神安定剤にしかなりませんが、寄付をすれば、世の中に役立てることができます。

間接的ではありますが、寄付を通して社会参加ができ、人類と社会の発展に貢献できます。

寄付は、見返りを求めず、純粋に支援したい気持ちがないとできません。

だからこそ、心に訴えかける力があります。

心が大きいから寄付をするのではありません。

寄付をするから、心が大きくなるのです。

貧乏性の人にとって、寄付は難易度の高い挑戦かもしれませんが、だからこそ価値があります。

純粋に支援したい気持ちを大切にして、寄付をしてみませんか。

無理に寄付をする必要はありませんが、少ない金額で十分です。

貧乏性の気持ちを振り払って、純粋に自分が支援したい団体に寄付をするだけです。

寄付に抵抗があるなら、税制上の優遇が得られる寄付なら取り組みやすいでしょう。

 

たとえば、ふるさと納税なら、寄付金が住民税・所得税の控除の対象になります。

自分にもメリットがあるので、寄付の第一歩として取り組みやすいはずです。

貧乏性を治す方法(30)
  • 支援したい団体があれば、純粋な気持ちで寄付をする。
まとめ

もくじ
貧乏性を治す30の方法
心が大きいから、寄付をするのではない。寄付をするから、心が大きくなる。 | 貧乏性を治す30の方法

  1. 貧乏性の意味とは何か。
    貧乏性の意味とは何か。
  2. 貧乏性は、自慢になることではない。
    貧乏性は、自慢になることではない。
  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
    貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。<br>「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
    貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
    収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
    ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
  7. 貯金は心のお守り。<br>心に余裕をもたらしてくれるもの。
    貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。
  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
    貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
    貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
    貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
  11. 無料にがつがつしすぎない。
    無料にがつがつしすぎない。
  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
    小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。<br>安いものを買うから貧乏になる。
    貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。
  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
    「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
    貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。<br>教訓・気分転換・ストレス発散。
    無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。
  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
    貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。<br>消費の目標金額も決めておこう。
    貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。
  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
    たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
    お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
    大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
    ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
    貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
    見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
    1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
    貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
    「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
  28. チャンスをつかむには、お金が必要。
    チャンスをつかむには、お金が必要。
  29. 貧乏性の人とは距離を置く。<br>正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
    貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。<br>寄付をするから、心が大きくなる。
    心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

同じカテゴリーの作品