人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

貧乏性を治す
30の方法

お気に入り0 読んだ
23

貧乏性の人は、
おもてなしの精神が欠けている。

貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。 | 貧乏性を治す30の方法

たまにはお世話になっている人に接待してはいかがですか。

おもてなしです。

貧乏性の人は、おごりは損になると考え、抵抗感があります。

おもてなしの精神が欠けているなら、あらためて意識しておくといいでしょう。

 

たしかに余計な出費かもしれません。

飲食にお金を使っても、一時的な満腹感・満足感が得られるだけ。

物や形として残るわけではありません。

もっと安い食事で済ませることもできるでしょう。

わざわざ接待をしなくても、人間関係を続けることは可能でしょう。

「食事代がもったいない」「人におごるなんてもってのほか」と考える人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、その考え方こそ貧乏性です。

節約一辺倒では貧乏性は治りません。

節約精神も大事ですが、節約ばかりでは心が卑屈になります。

「もったいない」「無駄遣いになる」という考えに執着していては、けちけちした性格は治りません。

そこで必要なのが「おもてなしの精神」です。

お世話になっている人をもてなす習慣を取り入れたい。

いつもお世話になっている人がいれば、日頃の感謝を込めて、たまにはおもてなしをしましょう。

 

たとえば、レストランに招待して、日頃の感謝を込めて食事をおごります。

カジュアルなレストランもいいですが、フォーマル寄りのレストランのほうが、もてなしの場としてふさわしいでしょう。

「ありがとう」と伝えるだけでもいいですが、あらためて場を設けたほうが、より感謝の気持ちも伝わりやすくなります。

雰囲気のよいレストランなら会話も弾みやすく、印象深く心地よい時間を送れるはずです。

レストランが堅苦しいなら、手料理を振る舞うのも悪くありません。

お世話になっている人を自宅に招いて、パーティー形式で手料理を振る舞うと、みんなで賑やかに楽しめるでしょう。

少し食費はかかりますが、人間関係を円滑にする、有意義なお金の使い方です。

何か物が手に入るわけではありませんが、思い出ができたり親交を深められたりします。

おもてなしは頻繁ではなく、ときどきでかまいません。

年に数回程度で十分です。

季節の折や区切りのよいタイミングに招待するといいでしょう。

少なくとも思い出として記憶に残るので、無駄な出費にはなりません。

おもてなしの精神を心がけることで、貧乏性も治っていくのです。

貧乏性を治す方法 その23

  • お世話になっている人がいれば、
    たまにはおもてなしをする。
見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。

もくじ
(貧乏性を治す30の方法)

同じカテゴリーの作品