金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

4
1

貧乏性の意味とは何か。

貧乏性の意味とは何か。 | 貧乏性を治す30の方法

時に日常では「貧乏性」という言葉を聞くことがあります。

「私は貧乏性です」

「貧乏性の人はモテない」

「あの人はお金持ちなのに貧乏性」

「けちけちしていると貧乏性になる」

「昔から貧乏性で、なかなか治らない」

「貧乏」という言葉がついているので、貧乏人を意味する言葉かと思いますが、そうではありません。

貧乏性という言葉は聞いたことがあっても、きちんと意味を理解していない人も多いのではないでしょうか。

 

では、あらためて貧乏性の意味を確認しましょう。

貧乏性の意味とは何か。

貧乏性とは、何事にもけちけちしていて、気持ちに余裕のない性質のことをいいます。

つまり「貧乏人のような性質」という意味として「貧乏性」と呼びます。

経済的に余裕がない人には、余裕のない言動が目立つため、貧乏という言葉を引き合いに呼ばれるようになりました。

ここで注意しておきたいのは「貧乏性は、経済的な余裕に関係するとは限らない」という点です。

 

たしかに貧乏性は、貧しい人に多く見られる特徴ですが、その限りではありません。

貧乏人でも貧乏性でない人もいます。

お金持ちでも貧乏性の人もいます。

貧乏だから貧乏性になるのは仕方ない部分もありますが、経済的な余裕があって貧乏性になるのは損でしょう。

「お金持ちなのにけち」と言われるのは、普通に「貧乏人」と思われるより悪印象です。

貧乏性の人には、お金にけちけちする態度が目立ちます。

節約の一環として、無駄な部分を削るならいいですが、必要なところまで節約するのはよくありません。

貧乏性になると、人付き合いに摩擦を生んで、悪印象につながることがあります。

貧乏性は、治したほうがいい性質です。

ときどき「私は貧乏性です」と自慢げに語る人がいますが、実際は自慢になることではありません。

「私はお金の使い方が下手です」と公言しているようなものだからです。

病気ではありませんが、病気のようなものです。

残念ながら、貧乏性は自慢になることではありません。

浪費家より堅実ではあるものの、貧乏性には貧乏性なりの悪影響やデメリットがあります。

本人の気づかないところで、精神をむしばんで心から余裕を奪います。

貧乏性のままでは、お金持ちでも「けちくさいね」と言われ、人が離れていくでしょう。

結果として、貧乏性は生活に悪影響を与えることがあります。

もし自分に貧乏性の心当たりがあるなら、できるだけ治したほうがいいでしょう。

貧乏性は、努力次第で克服が可能な性質です。

今からでも貧乏性の改善に取り組めば、あなたの印象も改善します。

貧乏性を治せば、貧乏であっても「お金の使い方がスマートだね」と言われるようになるでしょう。

お金の使い方が上手になることで、人付き合いも向上するでしょう。

多くの人からどんどん愛されるようになります。

貧乏性を治す方法(1)
  • 貧乏性の意味を確認する。
貧乏性は、自慢になることではない。

もくじ
貧乏性を治す30の方法
貧乏性の意味とは何か。 | 貧乏性を治す30の方法

  1. 貧乏性の意味とは何か。
    貧乏性の意味とは何か。
  2. 貧乏性は、自慢になることではない。
    貧乏性は、自慢になることではない。
  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
    貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。<br>「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
    貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
    収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
    ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
  7. 貯金は心のお守り。<br>心に余裕をもたらしてくれるもの。
    貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。
  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
    貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
    貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
    貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
  11. 無料にがつがつしすぎない。
    無料にがつがつしすぎない。
  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
    小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。<br>安いものを買うから貧乏になる。
    貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。
  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
    「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
    貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。<br>教訓・気分転換・ストレス発散。
    無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。
  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
    貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。<br>消費の目標金額も決めておこう。
    貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。
  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
    たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
    お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
    大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
    ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
    貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
    見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
    1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
    貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
    「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
  28. チャンスをつかむには、お金が必要。
    チャンスをつかむには、お金が必要。
  29. 貧乏性の人とは距離を置く。<br>正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
    貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。<br>寄付をするから、心が大きくなる。
    心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

同じカテゴリーの作品