金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

5
28

チャンスをつかむには、
お金が必要。

チャンスをつかむには、お金が必要。 | 貧乏性を治す30の方法

貧乏性の人は、チャンスをつかみ損ねる場面が目立ちます。

チャンスと縁がないのは、お金を出し惜しみしているからです。

「もったいない」

「お金は出したくない」

「お金のかからない方法で何とかしたい」

お金を大切にする姿勢はいいのですが、出費を渋ってばかりでは、なかなかチャンスがつかめません。

チャンスをつかむためには、お金が必要になる場面があります。

 

たとえば、仕事上の大型契約です。

何もしないで大型契約が取れるなら、誰も苦労しません。

接待なり贈り物なり、交際費を使いながら取引先との信頼関係を積み重ねていくことで、大型契約を結ぶチャンスが得られます。

仕事に必要な勉強にもお金がかかります。

インターネットを使ったり、図書館で本を借りたりなど、お金をかけないで勉強することもできますが、限界もあります。

仕事に必要な本は、借りるより買ったほうが何かと便利です。

しっかり能力を身につけたいなら、きちんと学校や教室に通ったほうが身につきやすいでしょう。

書籍代や授業料など、能力の向上にお金を使っていくことで、ゆくゆく昇給・昇進のチャンスが得られます。

恋のチャンスをつかむためにも、お金が必要です。

出費を制限していると、恋は進展しません。

費用を安く済ませることは可能ですが、恋の可能性も制限されます。

食事代・洋服代・チケット代・プレゼント代。

好きな人のために投資することで、恋愛成就のチャンスが得られます。

チャンスをつかむためにはお金が必要です。

チャンスには金額があって、目に見えない値札がついています。

具体的な金額は、チャンスの種類によって異なりますが、少なくともお金を出さなければ得られません。

お金を出し惜しみしていると、貴重なチャンスまで失うことになります。

世の中を見てください。

大きなチャンスを得ている人は、必ずそのプロセスの途中でお金を使っているはずです。

お金を使ったから、チャンスをつかむこともできているのです。

お金をかけたところで、結果が出るとは限りませんが、お金をかけなければ、確実に結果は出ません。

普段は節約をしつつも、大事な場面では惜しみなくお金を使うことです。

結果として、人生のチャンスをつかんでいけます。

貧乏性を治す方法(28)
  • 大切な場面では、チャンスをつかむためにお金を使う。
貧乏性の人とは距離を置く。
正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。

もくじ
貧乏性を治す30の方法
チャンスをつかむには、お金が必要。 | 貧乏性を治す30の方法

  1. 貧乏性の意味とは何か。
    貧乏性の意味とは何か。
  2. 貧乏性は、自慢になることではない。
    貧乏性は、自慢になることではない。
  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
    貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。<br>「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
    貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
    収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
    ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
  7. 貯金は心のお守り。<br>心に余裕をもたらしてくれるもの。
    貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。
  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
    貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
    貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
    貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
  11. 無料にがつがつしすぎない。
    無料にがつがつしすぎない。
  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
    小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。<br>安いものを買うから貧乏になる。
    貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。
  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
    「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
    貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。<br>教訓・気分転換・ストレス発散。
    無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。
  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
    貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。<br>消費の目標金額も決めておこう。
    貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。
  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
    たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
    お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
    大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
    ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
    貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
    見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
    1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
    貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
    「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
  28. チャンスをつかむには、お金が必要。
    チャンスをつかむには、お金が必要。
  29. 貧乏性の人とは距離を置く。<br>正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
    貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。<br>寄付をするから、心が大きくなる。
    心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

同じカテゴリーの作品