金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

9
3

貧乏性の人は、
お金に対して強い執着がある。

貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。 | 貧乏性を治す30の方法

貧乏性を治すには、どうすればいいのでしょうか。

貧乏性の人は、お金に対して強い執着があります。

「お金を使うのは悪いこと」

「余計な出費はしたくない」

「少しでも無駄遣いを減らしたい」

考えているのは、いつもお金のことばかり。

もちろん節約は大事です。

お金を貯めるには、まずお金の無駄遣いを減らして、切り詰めることが欠かせません。

少しでも無駄遣いを減らすことで、お金も貯まりやすくなります。

ギャンブルなどの浪費があるなら、徹底的に排除したほうがいいのも事実です。

浪費をなくし、消費もできるだけ抑えたほうが、生活費もスリムになるでしょう。

 

しかし、貧乏性の人は、節約を通り越して、極端に出費を制限しているのが特徴です。

1円でも損を嫌って、1円でも得を得ようとします。

「節約家」「節約精神」と言えば、聞こえはいいですが、けちけちするほど切り詰めるのは余裕がありません。

貧乏性の人は「貧乏性」という言葉とは裏腹に、考えていることはお金のことばかりです。

表向きは平静を装っていても、心の中では「お金、お金」と念仏のように唱えています。

けちくさい行動をしていると、余裕のない雰囲気が漂うため、人が離れていきます。

陰では「何だかあの人は感じが悪いよね。接しにくいよね」と言われるでしょう。

人が離れていくと、運にも見放されていきます。

結果として、ますます貧乏になっていくのです。

矛盾しているようですが、貧乏性を治すには、お金のことを忘れたほうがいい場面があります。

お金を追いかけると、お金は怖がって逃げていきます。

貧乏性を治すには、お金の価値観を変える必要があります。

大切な人には、損得を忘れて、贈り物をすると感動してもらえるでしょう。

気持ちのこもった贈り物をすることで、出費はあっても、結果として円滑な人間関係が実現できます。

お世話になっている人には、おもてなしをすると喜ばれるでしょう。

出費はかかりますが、日頃の感謝を込めたおもてなしは、人付き合いを深める大切な機会になるはずです。

時には投資という考え方も大切です。

勉強や習い事など、成長や向上につながるお金の使い方は、人生を豊かにします。

仕事の大事な場面では、チャンスをつかむためにお金を使うことも必要です。

取引先に接待をしたり、有名講師のセミナーに出席したりなど、チャンスをつかむためにお金が必要になることもあります。

こうした取り組みを少しずつ心がけていくことで、貧乏性が治っていきます。

お金を貯めるばかりではいけません。

お金を使うばかりでもいけません。

大切なことは「お金を貯めつつも、適度に使う」ということです。

「お金を使うべき場面」と思ったときは、けちくさい考え方は忘れて潔く出費したほうが、幸運をつかめます。

貧乏性を治す方法(3)
  • お金に対する執着を減らし、大切なところには、きちんとお金を使う。
貧乏性を治す方法は1つしかない。
「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」

もくじ
貧乏性を治す30の方法
貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。 | 貧乏性を治す30の方法

  1. 貧乏性の意味とは何か。
    貧乏性の意味とは何か。
  2. 貧乏性は、自慢になることではない。
    貧乏性は、自慢になることではない。
  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
    貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。<br>「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
    貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
    収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
    ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
  7. 貯金は心のお守り。<br>心に余裕をもたらしてくれるもの。
    貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。
  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
    貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
    貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
    貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
  11. 無料にがつがつしすぎない。
    無料にがつがつしすぎない。
  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
    小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。<br>安いものを買うから貧乏になる。
    貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。
  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
    「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
    貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。<br>教訓・気分転換・ストレス発散。
    無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。
  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
    貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。<br>消費の目標金額も決めておこう。
    貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。
  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
    たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
    お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
    大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
    ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
    貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
    見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
    1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
    貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
    「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
  28. チャンスをつかむには、お金が必要。
    チャンスをつかむには、お金が必要。
  29. 貧乏性の人とは距離を置く。<br>正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
    貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。<br>寄付をするから、心が大きくなる。
    心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

同じカテゴリーの作品