金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

4
17

貧乏性の人は、
生活費に
「予備費」が設けられていない。

貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。 | 貧乏性を治す30の方法

生活費の中で見落としがちな科目があります。

 

「予備費」です。

 

貧乏性の人の場合、生活費の中に予備費が設けられていません。

食費や被服費の予算は設けてあっても、予備費は存在感の薄い科目なので、見落とされる傾向があります。

「予備費は必要ない」「必要になったとき何とかすればいい」と安易に考え、考慮に入れていません。

そもそも予備費という科目すら知らないことも少なくありません。

 

たしかに予備費は絶対必要なものではありません。

予備費を設けていなくても、そのときの貯金を使ったり変動費を削ったりすれば、事足りることもあります。

「何とかなる」と思えば、たしかにそうかもしれません。

 

しかし、問題はそこではなく、精神面です。

予備費を設けておかないと、心に余裕がなくなり、貧乏性が加速します。

日常では、予期せぬ出来事が起こることがあります。

 

たとえば、冠婚葬祭です。

冠婚葬祭では、急な出費が必要になり、金額も大きめです。

急にけがや病気になれば、医療費がかかるでしょう。

けがや病気の程度によっては、医療費が大きくなり、保険ではまかなえきれないこともあります。

こうしたとき、予備費を設けていないと突然の出来事に困惑します。

「お金が足りない!」と焦り、自制心を失いやすくなります。

想定外の急な出費のため、生活費のやりくりが厳しくなり、けちけちしやすいのです。

これでは貧乏性が加速するのも当然です。

こうしたことがないよう、前もって予備費を設けておくのが得策です。

予備費の設置は、貧乏性を治す対策の一環です。

予備費を設けておくと、急な出来事が発生しても、動揺が小さくなります。

「お金の準備はできている」とわかっているだけでも、安心できます。

けちけちすることがなくなり、言葉や態度にゆとりが出てきます。

もちろん予備費は、使わないこともあってもいいのです。

「今月は使う用事がなかった」で済ますことができます。

余ったお金は貯蓄に回せばいいでしょう。

もしくは、余暇や趣味などに使うのもいいでしょう。

予備費を設けておくだけで、貧乏性の程度が改善します。

必要の有無にかかわらず、予備費を設けておくことをおすすめします。

貧乏性を治す方法(17)
  • 必要の有無にかかわらず、生活費の中に予備費を設けておく。
貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
消費の目標金額も決めておこう。

もくじ
貧乏性を治す30の方法
貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。 | 貧乏性を治す30の方法

  1. 貧乏性の意味とは何か。
    貧乏性の意味とは何か。
  2. 貧乏性は、自慢になることではない。
    貧乏性は、自慢になることではない。
  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
    貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。<br>「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
    貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
    収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
    ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
  7. 貯金は心のお守り。<br>心に余裕をもたらしてくれるもの。
    貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。
  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
    貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
    貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
    貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
  11. 無料にがつがつしすぎない。
    無料にがつがつしすぎない。
  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
    小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。<br>安いものを買うから貧乏になる。
    貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。
  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
    「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
    貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。<br>教訓・気分転換・ストレス発散。
    無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。
  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
    貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。<br>消費の目標金額も決めておこう。
    貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。
  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
    たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
    お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
    大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
    ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
    貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
    見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
    1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
    貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
    「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
  28. チャンスをつかむには、お金が必要。
    チャンスをつかむには、お金が必要。
  29. 貧乏性の人とは距離を置く。<br>正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
    貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。<br>寄付をするから、心が大きくなる。
    心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

同じカテゴリーの作品