金銭感覚

貧乏性を治す
30の方法

読んだ お気に入り4
4

貧乏性を治す方法は1つしかない。
「細かいことにけちけちせず、
余裕や落ち着きを心がける」

貧乏性を治す方法は1つしかない。「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」 | 貧乏性を治す30の方法

貧乏性を治す方法を挙げると細かくあります。

行動習慣を改める。

考え方や価値観を変える。

正しい金銭感覚を身につける。

これらのポイントをそれぞれ改善していくと、貧乏性を治していけます。

貧乏性を治す方法は数多く存在するため、どこから着手していいか混乱するのではないでしょうか。

もしくは、抽象的なイメージがあって、全体像を把握しにくいかもしれません。

 

しかし、大きく考えると、貧乏性を治す方法は1つしかありません。

「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」

これだけなのです。

貧乏性の人には、細かいことにお金を出し惜しむ傾向が見られるため、まずけちけちした態度を改めます。

無駄遣いは避けつつも、必要なところにはきちんとお金を出すようにします。

その上で、余裕や落ち着きを心がけると、貧乏性から卒業できます。

貧乏性を治すときの最も基本なポイントですが、最も重要なポイントでもあります。

結局のところ、貧乏性を治す数多くの方法とは、細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを実現する手段にすぎません。

このポイントさえ意識できていれば、頭の中が整理され、貧乏性を治す方法をシンプルに考えることができるはずです。

今日から細かいことにけちけちするのはやめましょう。

そして、少しでも余裕や落ち着きのある言動を心がけましょう。

これを意識するだけで、貧乏性は今すぐ改善に向かいます。

まとめ

貧乏性を治す方法 その4
  • 貧乏性を治すときの最重要ポイントを意識する。
収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。

もくじ
貧乏性を治す30の方法
貧乏性を治す方法は1つしかない。「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」 | 貧乏性を治す30の方法

  1. 貧乏性の意味とは何か。
  2. 貧乏性は、自慢になることではない。
  3. 貧乏性の人は、お金に対して強い執着がある。
  4. 貧乏性を治す方法は1つしかない。
    「細かいことにけちけちせず、余裕や落ち着きを心がける」
  5. 収入が少なければ、貧乏性になるのも仕方ない。
  6. ギャンブルは、かえって貧乏性を悪化させる。
  7. 貯金は心のお守り。
    心に余裕をもたらしてくれるもの。
  8. 貧乏性と節約家は、似て非なるもの。
  9. 貧乏性を治す方法は、節約精神をやめることではない。
  10. 貧乏性を治そうとして、浪費家になってはいけない。
  11. 無料にがつがつしすぎない。
  12. 小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
  13. 貧乏だから安いものを買うのではない。
    安いものを買うから貧乏になる。
  14. 「もったいない」という口癖があると、貧乏性が目立つ。
  15. 貧乏性の人は、長期的な考え方が抜けている。
  16. 無駄遣いをしたら、後から意味づけをすればいい。
    教訓・気分転換・ストレス発散。
  17. 貧乏性の人は、生活費に「予備費」が設けられていない。
  18. 貧乏性の人は、貯金の目標金額しかない。
    消費の目標金額も決めておこう。
  19. たまには頑張っている自分にご褒美を与えよう。
  20. お金持ちをイメージするだけで、心に余裕が生まれる。
  21. 大切な人にプレゼントを贈るあなたは、素晴らしい。
  22. ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
  23. 貧乏性の人は、おもてなしの精神が欠けている。
  24. 見返りを求めた行動をすると、卑屈でけちけちした印象が出てしまう。
  25. 1円単位の割り勘は、スマートと言いがたいマナー。
  26. 貧乏性の人は、不要になったものでも、捨てられない。
  27. 「いつか使うかもしれない」と思うものに限って、いつまでも使わない。
  28. チャンスをつかむには、お金が必要。
  29. 貧乏性の人とは距離を置く。
    正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  30. 心が大きいから、寄付をするのではない。
    寄付をするから、心が大きくなる。

同じカテゴリーの作品