金銭感覚

お金に強くなる
30の哲学

  • 「お金がない」と言うだけでは、
    何も解決しない。
お金に強くなる30の哲学

もくじ
  1. 「お金がない」と言うだけでは、何も解決しない。

    生きているかぎり必要なのが、お金。
    お金は、多くの悩みを解決してくれる便利な道具です。
    将来のことを考えると、お金の悩みは尽きません。

  2. 年収が高くなるのは、譲られるより譲る人。

    狭い道で、向こう側から相手がやってきたとします。
    すれ違いができるスペースがない場合、どちらかが道を譲らなければいけません。
    このとき、年収の高い人は、いつも決まった行動パターンがあります。

  3. 「お金に執着すること」と「お金を大切にすること」は別。

    「とにかくお金が欲しい」
    「少しでも稼ぎたい」
    「お金、お金、お金」

  4. 多くの人は、金利や利息に注目するが、手数料には無頓着。

    多くの人は、金利や利息に注目します。
    「金利は何パーセントだろうか」
    「利息はいくらになるだろうか」

  5. 相続税は高いほうが、自分・子供・社会のためになる。

    「相続税が高くて大変」
    「なぜこの国は、これほど相続税が高いのだろう」
    「相続税なんてなければいいのに」

  6. 時間が節約できる商品は、どれも素晴らしい。

    往々にして、時間はお金より軽視されがちです。
    時間は最初から誰もが持っています。
    時間は、触ることも見ることもできません。

  7. 本業が軌道に乗る前のリスク分散は、かえってリスクを高める。

    リスク分散とは、収入源を複数作り、万が一に備えることをいいます。
    世の中は、変化の連続です。
    今はよくても、将来はどうなるか分かりません。

  8. 人の心をつかめなければ、お金は稼げない。

    「質は高いのに、なぜか売れない」
    その原因は、人の心をつかむ要素が不足しているからではないでしょうか。
    質がいいだけで売れる時代は終わりました。

  9. 節税対策ばかり考えるより、本業に集中したほうが、よほど稼げる。

    自営業者にとっては、節税対策が欠かせません。
    節税対策とは、法の許す範囲内で、納税の負担を軽くする工夫のことを指します。
    所得控除や非課税制度を活用すれば、税の負担がずいぶん軽くなる場合があります。

  10. 引き落とせなかった記録は、原則として、永遠に残り続ける。

    クレジットカードの引き落とし日を正確に覚えていますか。
    「だいたい月初め」
    「たしか月末だった気がする」

  11. 酒・タバコ・ギャンブル・色恋。
    人生をダメにする、5つ目とは。

    人生をダメにするものとは何でしょうか。
    有名なのが、4つあります。
    「酒」「タバコ」「ギャンブル」「色恋」です。

  12. ぼったくりバーを確実に避ける方法とは。

    ぼったくりバーで、ぼったくられたことはありますか。
    ぼったくりバーとは、商品やサービスを相場より大幅に上回る価格で提供して、客を騙す店のことを指します。
    支払いを拒否すると、怖いお兄さんが登場して、支払うように強く脅されます。

  13. お年玉は、子供たちへの投資。

    日本の新年には、子供たちが大金を手に入れるイベントがあります。
    お正月のお年玉です。
    新年を祝って贈るお金。

  14. 年賀状の抽選番号は、しっかり確認しよう。

    年賀状の抽選番号をきちんと確認していますか。
    「面倒で、確認していない」
    「どうせ当たるはずがない。当たったとしても、どうせ切手シートだろう」

  15. お金は、トラブルの原因になりやすい。

    お金は、人の生活を豊かにしてくれる存在です。
    その一方で、トラブルの原因になりやすいのも、お金です。
    お金は刃物ではありませんが、使い方を誤れば、刃物より怖い存在になりえます。

  16. 時間をかけた調べ物でも、税理士に相談すると、一瞬で解決する。

    税金の相談があるとき、あなたなら、どうやって解決しますか。
    税理士への相談には、お金がかかる場合が少なくありません。
    そのため「お金が必要なら自分で調べる」と考える人が多いのではないでしょうか。

  17. 生活水準を上げるより、満足の基準を下げるほうが、お金は貯まる。

    人の欲望は、底なしです。
    生活水準を上げようとすると、切りがありません。
    「高級ブランドの服が欲しい」

  18. 自分の経済状況について書かれた本とは。

    世の中には、さまざまなジャンルの本があります。
    その中には、あなたの経済状況について書かれた本があります。
    銀行の通帳です。

  19. 交際するなら、相手が貧乏神でないことを見極めておく。

    他人の金銭感覚は、自分に関係しないと思われます。
    自分のお金は、自分のもの。
    自分の金銭感覚さえしっかりしていれば、お金はきちんと貯まっていくはずです。

  20. お金とは、肥料のようなもの。
    集めるだけではくさいが、まくと役立つ。

    自分のお金を「肥料」と言い換えてみてください。
    これだけで、お金に対する見方が研ぎ澄まされるでしょう。
    お金とは、肥料のようなものです。

  21. 勉強すればお金持ちになれるとは限らないが、お金持ちは必ず勉強している。

    お金持ちになるには、知識が必要です。
    情報であり、知識であり、知恵です。
    少しでも賢くなって、先手を打つ必要があります。

  22. 無知による損失に比べれば、勉強にかかるお金なんて小さなもの。

    節約のために勉強を控えるのは、愚かです。
    勉強を控えて、そのときに節約できても、後から大変なことになるでしょう。
    知識がないと、お金の賢い使い方が分からず、多くの損をするでしょう。

  23. 「減税」という言葉を聞いたとき、2種類の人に別れる。
    喜ぶ人と疑問に思う人。

    「減税」という言葉を聞いたとき、2種類の人に別れます。
    喜ぶ人と疑問に思う人です。
    減税されると聞いて「やった。嬉しい」と喜んでいませんか。

  24. 請求の意味をすべて把握することは、お金を貯める習慣の1つ。

    意味の分からない請求があったとき、どうするか。
    ここで、2種類の人に別れます。
    (1)「なんだろう」と思うが、そのままにする人

  25. お札が破損したときの対処法。

    何かの拍子で、お札が破損してしまうことがあります。
     
    たとえば、2つに破れてしまったり、一部が欠けてしまったりなどです。

  26. 貯金を成功させるために決めたい4つのポイント。
    目的・目標金額・期限・節約方法。

    貯金したいと思うだけでは、なかなか貯金ができません。
    無計画では失敗するのが目に見えています。
    受験やダイエットでは、目標や期限の設定が重要ですが、それは貯金でも同じこと。

  27. 健康維持につながるお金は、立派な自己投資。

    お金を貯めたければ、健康であることが大切です。
    健康は、お金が貯まりやすい条件の1つ。
    エネルギッシュに仕事をできるのも、健康があってのことです。

  28. 無駄遣いをしても、ストレス発散になったなら、無駄遣いではない。

    誰でも一度は経験するのが、無駄遣い。
    消費のつもりで使ったお金が、手違いのため、浪費に変わってしまうことがあります。
    「もったいないなあ」

  29. 「忙しい」と言っていると、お金が逃げていく。

    「忙しい」という言葉は、金運を下げる言葉です。
    「忙しい」という口癖になると、どんどんお金が逃げていきます。
    本人は「自分はこんなに頑張っている」というアピールのつもりかもしれませんが、現実は逆です。

  30. レバレッジ効果という点で言えば、勉強は、1日でも早いほうがいい。

    レバレッジ効果とは何か。
    レバレッジ効果とは、少ない投資で大きな利益を上げる効果のことをいいます。
    もともと金融業界の用語であり、資産運用を考えるときによく使われる言葉です。

同じカテゴリーの作品