人生の教科書



読み上げ動画・音声
睡眠
太陽は、地球共通の目覚まし時計。
生き方
目覚まし時計は本来、人間にとって不自然なもの。
心の健康
早起きすると、1日が長く感じられる。
同棲
同棲で朝起きられないときの3つの対策。

のんびり気楽きる
30習慣

お気に入り3 読んだ
14

ほのかな朝日で、
自然目覚める

なたは朝起きるとき、どのような手段に頼っていますか。

忙しい現在社会では、ほとんどが目覚まし時計に頼っていることでしょう。

学生も社会人も、なくてはならない道具です。

  • 「仕事は人間に必要だ。だから人は目覚まし時計を発明した」

『ゲルニカ』で有名な画家ピカソの言葉です。

事実、目覚まし時計は大変便利です。

分単位で正確に起こしてくれる、便利で優秀な道具です。

どんなに気持ちよく眠っているときでも、容赦なく叩き起こしてくれます。

便利さのため、かえってストレスになることがあります。

たまにはストレスなく起きたいです。

単純な方法があります。

朝日に起こしてもらえればいい。

朝日を感じて目覚めるのが、人間にとって一番気持ちのいい目覚め方です。

たまには目覚まし時計のスイッチをオフにして、朝の光で起きてみましょう。

ベッドを朝日が当たりやすい窓際に寄せるのがポイントです。

朝になれば、次第に明るくなる光を感じやすくなり、自然に任せて目覚めることができます。

もちろん平日は仕事があるため、時間に正確でなければならない事情もあることでしょう。

 

では、せめて週末や大型連休くらいは、ゆったりした起き方をしてもいいはずです。

ストレスなく起きると、気持ちよく1日をスタートできます。

のんびり気楽に生きる心の習慣 その14

  • たまには朝日で、
    きてみる
ウサギにはウサギのよさがある。
カメにはカメのよさがある。

もくじ
(のんびり気楽に生きる30の心の習慣)

同じカテゴリーの作品