人生の教科書



心の健康

のんびり気楽に生きる
30の心の習慣

お気に入り1 読んだ
28

どうしてもリラックスできないときには、
お酒の力を借りればいい。

どうしてもリラックスできないときには、お酒の力を借りればいい。 | のんびり気楽に生きる30の心の習慣

「リラックスしよう」と思ってすぐリラックスできるなら、苦労はしません。

なかなか思うようにできないから困ってしまいます。

特に真面目な人は「気を抜くことが悪いこと」という先入観があります。

本当に気を抜く時間がなくなれば、どこでストレスを発散させるのでしょうか。

ストレスをうまく管理できてこそ、本当の自己管理です。

 

しかし、性格の問題で、なかなかストレスが発散できないと言う人がいるのも確かです。

そんなときこそ、いいアイテムがあります。

お酒です。

たまにはアルコールの力を借りましょう。

言い方は悪いかもしれませんが、お酒は強制的にリラックスできる飲み物です。

飲みすぎはもちろん悪影響ですが、適量さえ守れば、これほど有効な飲み物はありません。

どんなに真面目な人も、お酒を飲めばほのかに酔うことができ、ストレス発散ができます。

リラックス効果もあるので、人との会話も打ち解けて話しやすくなります。

緊張感が和らぎ、自然と気持ちを緩めることができます。

日本では「飲みニケーション」という言葉があるほど、お酒は一般的に認められています。

「お酒を飲むなんて不健康だ」と先入観を持たず、時と場合に応じて活用すればいい。

肩肘を張って生きている人ほど、たまにはお酒も必要なのです。

まとめ

のんびり気楽に生きる心の習慣 その28
  • たまにはお酒の力を借りて、
    リラックスする。
服からくるストレスは、大きい。

もくじ
(のんびり気楽に生きる30の心の習慣)

同じカテゴリーの作品