人生の教科書



読み上げ動画・音声
人生論
「量」
勉強法
目的地にたどり着くためには、2つの把握が必要。
恋愛トラブル
好きな人の夢を見る頻度で、あなたの恋愛の本気度が分かる。
自分磨き
運がいい人は、とにかく量をこなしている。

のんびり気楽きる
30習慣

お気に入り59 読んだ
21

成功するためには3つの必要

なたの目はいくつありますか。

もちろん「2つ」と答える人がほとんどでしょう。

 

たしかにそのとおりですが、それだけではいけません。

失敗を避けて成功につなげるためには、3つの目を持ちましょう。

  1. 鳥の目
  1. 虫の目
  1. 魚の目

まずは1番目の「鳥の目」です。

勉強でも仕事でも、いきなり細かいところから着手するのは、賢い方法ではありません。

自分の現在地が把握できないのでは、頭の整理がしにくくなり、大きなストレスの原因になります。

だからこそ「鳥の目」です。

「高いところから全体像を把握する」ということです。

鳥になり、高い位置から下を見て、全体像を把握することから始めます。

勉強なら「目次」を見ます。

建築なら「設計書」を見ます。

仕事なら「目的」や「段階」などを知ります。

難しく思えることも、全体の大まかな成り立ちや仕組みが分かると、いくぶん取り組みやすくなります。

次に「虫の目」で見ます。

虫は、小さい生き物です。

地に面した低い位置にいるからこそ、上からは見えなかったことが見えてくるようになります。

ターゲットを絞れば、虫のように「狭く深く」を心がけ、徹底します。

最後に「魚の目」です。

魚は、目には見えない川の流れを体全体で感じ取っています。

あなたは魚の目を持ち、どの方向へ流れていくのかを読み取ります。

勉強にも仕事にも流れがあります。

歴史の勉強も流れを理解すれば、覚えやすく忘れにくくなります。

仕事でも流れを理解すれば、取り組みやすく忘れにくくなります。

この3つの目を持っている人は、勉強でも仕事でも失敗しません。

全体の把握は、鳥の目。

部分の把握は、虫の目。

流れの把握は、魚の目。

勉強でも仕事でも使える3つの目を持ちましょう。

のんびり気楽に生きる心の習慣 その21

  • 3つの
仕事の予定が入る前に、休暇の予定を先に入れる。

もくじ
(のんびり気楽に生きる30の心の習慣)

同じカテゴリーの作品